「アボカドをツマミに酒を飲む」アボカド専門の立ち飲み屋さんが良すぎた

f:id:jurilin:20190227174352j:plain

アボカド好きな飲兵衛のための天国があった

アボカド、おいしいですよね。

アボカドの評判は年々高まっているようですが、みなさまはどのような料理でアボカドを食べているのでしょうか。

サラダやディップにしたりでしょうか。

 

ところで、東京・下北沢、駅から5分ほど歩いたところに、気になるお店が出来ていました。

f:id:jurilin:20190227180230j:plain

立呑 あぼ太郎」と書いてあるちょうちんと、いかにも立ち飲み屋さんっぽいメニューが書かれた短冊。

 

f:id:jurilin:20190227180259j:plain

なんともそそる雰囲気です。

よく読むと「となりのアボカド屋マドッシュカフェとは違うメニューで運営してます」と書いてあります。

 

f:id:jurilin:20190227180328j:plain

こちらはとなり(同じビルの反対側が入り口)の「マドッシュカフェ」。昼間から営業しているアボカド料理専門店です。

 

f:id:jurilin:20190227180452j:plain

「立呑 あぼ太郎」の入り口はこちらの階段。ここを登りますと……

 

f:id:jurilin:20190228154336j:plain

こんなかわいらしいイラストが描かれたのれんが。

「立呑 あぼ太郎」は、2018年12月にオープン。夕方16時から飲める、なんとアボカド料理専門の立ち飲み屋さんなのです。

 

アボカドをツマミに酒を飲む

f:id:jurilin:20190227180903j:plain

そしてこちらがオーナー店主(株式会社アボカドパワーカンパニー・代表取締役)の佐藤俊介さんです。

 

──のれんのイラストは……もしや?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:そうです。私です。イラストも私が描いているんですよ。

 

f:id:jurilin:20190227180836j:plain

改めてよく見ると、アボカドと佐藤さんが融合したすてきなイラストですね。

さて、店内に入ってみましょう。

 

f:id:jurilin:20190227180621j:plain

一見オシャレ感のあるバー。しかしそこに居酒屋テイストな短冊が下がっており、独特な空間になっています。そして、奥の椅子をよく見ると……

f:id:jurilin:20190227180952j:plain

……パグ。

 

店長の大五郎くん7歳です。

とてもおとなしくて、いつも椅子の上でのんびりくつろいだり、ウトウトしたりしています。

アボカド料理専門の立ち飲み屋さん。かなり珍しいと思ったので、開店にいたった経緯を聞いてみました。

 

──まずは佐藤さんの学生時代からうかがわせてください。

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:学校は洋服の専門学校でした。そこで音楽に目覚めてDJになりたくて、DJを目指して飲食店で働いてました。ハウスが好きで、ウチの渋谷に行くとその頃の名残でレコードがたくさん置いてあります。

 

──90年代のクラブ文化全盛の頃ですね!

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:はい。そこからずっと飲食店に勤めてて、イタリア料理店とか、トンカツ屋さんとか。

 

f:id:jurilin:20190227181337j:plain

──そこからなぜアボカドへ?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:日本のアボカド料理店の歴史から説明しますね。2007年当時、私は飲食店のコンサルティングをしていまして、そこで神保町にカフェを開きたいという依頼を受けたんです。その店舗の壁の色が緑色だったことから、どこからともなくアボカドっぽいねーっとなって、アボカド専門でやってみることになりました。

 

──アボカド専門店、ってだけで珍しかったのでは。

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:それが神保町の「アボカフェ」で、僕はそこで料理長と広報をやっていました。おそらく日本で最初のアボカド専門店なんじゃないかな? 2008年に独立して、渋谷でアボカド料理専門店「マドッシュカフェ」を始めました。今年で10年です。

 

f:id:jurilin:20190227180653j:plain

実は、「立呑 あぼ太郎」の店舗の窓際の方は「マドッシュカフェ」下北沢店。

特に仕切りはなく、窓側と奥側で分かれています。

「マドッシュカフェ」下北沢店の開店は3年前です。

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:最初からふたつのお店がひとつになったお店というのを計画して、入口がふたつある物件を借りたんですよ。これが当時、僕が書いた設計図です。

 

f:id:jurilin:20190301121434j:plain

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:立ち飲みは完全にお酒を飲むお客様ばかりなんです。今は(あぼ太郎営業時間前、カフェ営業時間)まったくいらっしゃらないんですよ。そういうまったく違う客層を、ひとつの空間に入れるというのが目標だったんです。

 

f:id:jurilin:20190227181207j:plain

▲メニューには、いかにもお酒に合いそうなアボカドメニューがずらり

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:アボカドってすごく体にいいんで、お酒のツマミにした時に、昨日食べすぎちゃったなって罪悪感がわかないようなお店をやりたかったんです。

 

では、さっそくアボカド料理をいただいてみましょう!

 

「アボカドの天ぷら」がこんなにおいしいなんて

まずは、一番好評なメニューから出していただきました。 ありそうでなかなかないアボカドの天ぷらです。

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:火を通したアボカドというのが一般的には珍しいらしくて、人気ですね。日本では生で食べるのがメインなので。

 

f:id:jurilin:20190227181512j:plain

▲あぼ天ぷら(380円)

 

薄い衣をまとったアボカドとアボカドの皮に入った天つゆ。塩も添えてあります。

 

f:id:jurilin:20190227181527j:plain

サクッとした衣と温かいアボカドのねっとりした食感。これはうまい!

 

f:id:jurilin:20190227181605j:plain

塩でさっぱりいただくのも、おいしいです。

こんなにおいしいものが380円でいただけるなんて。思わずおかわりしてしまいました。

 

──練り梅をつけてもおいしいと聞きましたが。

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:練り梅は、何回も食べてる人だけ裏で出してるんです(笑)。

 

──裏メニューなんですね。お願いしたら出していただけますか?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:はい、もちろんお出ししますよ!

 

アボカドとモッツァレラチーズの串揚げ

二番目も揚げものでした。

アボカドを揚げると、本当においしいんですよ。このお店でそのおいしさに気づいたって人も多いんじゃないでしょうか?

f:id:jurilin:20190228134031j:plain

▲アボカドとモッツァレラチーズの串揚げ(280円)

 

アボカドとモッツァレラチーズをハムで巻いて揚げたもの。

このラインアップでおいしさが想像できます。

そして、これで280円という価格! ぜひ、ひとり一本は注文したいです。

 

f:id:jurilin:20190228134101j:plain

ねっとり、もっちり。

 

f:id:jurilin:20190228134123j:plain

火を通したアボカドは、生の時よりもトロトロ感が増しておいしいんですよ。

 

ほぼマグロ、ほぼあんキモ、ほぼレバ刺し、全部アボカドで!

三番目は、「ほぼマグロ」。

……ほぼ?

f:id:jurilin:20190228132401j:plain

「ほぼシリーズ」は全3種類。ほぼマグロ、ほぼあん肝、ほぼレバ刺し。

どういうことでしょう? ほぼって?

 

f:id:jurilin:20190228133116j:plain

▲ほぼマグロをクラフト醤油で(280円)

 

ギザギザにカットされたアボカドが盛ってあるだけ、というシンプルなもの。

 

f:id:jurilin:20190228133130j:plain

そして、こちらがクラフト醤油のラインアップ。

 

──ところで、「クラフト醤油」って何なのでしょう?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:全国のこだわりの醤油のなかから、アボカドに合う醤油を職人醤油さんという会社にお願いして選んでもらっています。

 

www.s-shoyu.com

 

f:id:jurilin:20190228133157j:plain

──お醤油のセレクトショップ的なお店なんでしょうか?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:そうですね。社長さんが全国の蔵を回って、地元で愛されている醤油を100mlずつで売っているんですよ。

 

f:id:jurilin:20190228133258j:plain

というわけで、ちょうどよく熟したふっくらしたアボカドを、クラフト醤油につけていただきます。

 

f:id:jurilin:20190228133331j:plain

今回使った醤油は右から2番目にある、「カネナしょうゆ」。宮崎県産の甘いけど、どろっとではなく、サラッとしたタイプです。

醤油とわさびをつけたアボカドを口に入れ、目を閉じて、アボカドを舌でつぶすようにして味わうと……

おお、これはまさにほぼマグロ! しかも、大トロです。

 

この切り方や醤油も良いと思うのですが、なんというかアボカド自体がすごくおいしいのです。普段スーパーで買うアボカドとは全然違います。

ちょうどよく熟していて、ねっとりとしたとても良い状態です。

 

──アボカド自体がとてもおいしいのですが、どのように選んでいるんでしょう?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:水面下で、汚れているアボカドはすべて廃棄してるんですよ。開けてみるまでわからないので。アボカドは商社さんからうち用に選別してもらって直接送ってもらってるんです。信頼関係ですね。

 

そうなんです。アボカドって切ってみたら固すぎたり、逆に古くなってて黒かったりして、家で状態の良いアボカドを食べるのってけっこう大変なんですよ。

お店ではすべて良い状態のものだけ食べられるからうれしいですね。

ちなみ、ほぼあん肝、ほぼレバ刺し、もタレの力で、本当に「ほぼ」になるのです。

 

ハッピータイムの「39ハイボール」はなんと39円

さて、「立呑 あぼ太郎」は立ち飲み屋さんなので、もちろんお酒もあるのです。

メニューを見てみると各種そろってます。ビールなどは冷蔵庫から自分で出すセルフ形式、そして「あぼ太郎開店記念サンキューハイボール」は19時までなんと、39円!

 

f:id:jurilin:20190228131211j:plain

サンキューハイボールは、こちらのコーナーでセルフで作ります。

 

f:id:jurilin:20190228131132j:plain

カラフルな楊枝はカウント用。ハイボール一杯につき一本取ってお会計の時に数えてもらいます。

 

f:id:jurilin:20190228131326j:plain

ウイスキーを2プッシュ(30m)入れて……

 

f:id:jurilin:20190228131344j:plain

炭酸水を注ぎます。

 

f:id:jurilin:20190228133018j:plain

サービスのポップコーンもセルフです。

 

f:id:jurilin:20190228133706j:plain

アボカド料理にハイボール(19時まで39円)。もちろん相性は最高です。

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:一番合うのは本当は日本酒なんですよ。日本酒とアボカドってすごく相性が良くて。口に入れた時にアボカドってうま味が口に広がるでしょう? 日本酒も広がるので。うちでは日本酒は千葉腰古井(こしごい)というのを置いています。

 

店主さんは本も出しているアボカド料理第一人者

ところで、佐藤さんはアボカド料理の第一人者とも知られていて、アボカド料理のレシピ本も出されているのです。

 

f:id:jurilin:20190228134313j:plain

▲『キレイをつくるアボカドレシピ(現在、電子版のみ)』『365日アボカドの本』(共にPHP研究所刊)

 

奥様がスタイリングされたというこの本は、写真もとても美しく、おいしそうなアボカドレシピが満載です。

 

f:id:jurilin:20190228134342j:plain

▲『365日アボカドの本』より

 

──この本の中でお店で出しているメニューはあるんでしょうか?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:ほとんど出していると思います。まず基本でこの本に載っているものは出してます。けっこう本を読まれている方が、これが食べたいって言ってくるんで(マドッシュカフェを含めて)。

 

f:id:jurilin:20190228134501j:plain

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:あぼ太郎と語るには、まずマドッシュカフェを語らないと、なんで急にアボカドの立ち飲み屋さんなの? って感じになっちゃうんです。アボカド料理のカフェをやっているうちに、「アボカドで飲みたい」っていう需要を発見したんです。

 

f:id:jurilin:20190228134558j:plain

▲マドッシュカフェでは、飲むアボカド「アボペチーノ」を始め、アボカド尽くしのお食事がいただけます

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:渋谷と原宿のマドッシュカフェが大人気になった後に、4年間だけ渋谷の道玄坂にアボカドバルっていう立ち飲みのお店もやってたんです。そのお店は、区画整理でなくなっちゃったんですが。あぼ太郎の原点ですね。渋谷富士屋本店みたいなコの字のカウンターでやってたんだけど、あんまり立ち飲みのお客さんが来ない。椅子はないんですか? ってお客さんが多かったんです(笑)。

 

──立ち飲み屋さんをやりたいという希望は最初からあったんですか?

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:ずっと立ち飲み屋さんをやりたかったんですね。いろいろなお店、高級店とかもひととおり経験して、お客さんと顔を合わせる回数が多い商売がいいなと思いました。客席にゆったり座るイタリアンとかでも働いたし、食べにも行ったんですが、ちょっと僕の性には合わないなと思ったんです。

 

とろ〜り。アボカドと温玉の生春巻き

さて、アボカド料理をもっといただいてみましょう。

f:id:jurilin:20190228135905j:plain

▲アボカドと温玉の生春巻き(480円)

 

お酒に合うオードブル、といった佇まい。

 

f:id:jurilin:20190228135928j:plain

温玉ぱかっ! とろ〜り。

 

f:id:jurilin:20190228135946j:plain

アボカドと温玉と生ハムをすべて絡めていただきます。口の中でとろけまくるファンタジー。

白ワインもいただきましょう。立ち飲みだけど、料理には高級感もあります。

 

トリュフネギトロとアボカドのタルタル

お次は、白ワインにぴったりなものが出てきました。

f:id:jurilin:20190228140157j:plain

▲トリュフネギトロとアボカドのタルタル(580円)

 

ふんわりトリュフが香っています。

 

f:id:jurilin:20190228140216j:plain

鶴醬」という、特に深いコクとまろやかさがある醤油をかけていただきます。

 

f:id:jurilin:20190228140233j:plain

混ぜると下から丸くカットされたアボカドがこんにちは。

 

f:id:jurilin:20190228140251j:plain

トリュフネギトロとアボカドの他には角切りのたくあんと紫キャベツが入っています。

 

f:id:jurilin:20190228140336j:plain

クラッカーにのせていただきます。ワインにも日本酒にも合いますね。ハイボールにも。酒が進み過ぎてしまって困るつまみです。

 

アボカドには味噌も合う!

そこに、さらに酒が進むものがやってきました。

f:id:jurilin:20190228145706j:plain

▲アボマスターディップ(480円)

 

アボマスター、は佐藤さんのことですね。

コロコロ丸くなったアボカドと、味噌とマヨネーズ。

 

f:id:jurilin:20190228145731j:plain

まずは、アボカドをつぶさない状態で、味噌とマヨネーズを添えていただいてみましょう。

 

……味噌、いい! 

醤油もそうなんですが、アボカドは発酵ものと相性が良いのでしょうか。

まったりとした果肉が味噌の塩気を包み込んで、味噌の味がしっかりと感じられます。

 

f:id:jurilin:20190228145751j:plain

今度はしっかりと混ぜてみましょう。

 

f:id:jurilin:20190228145804j:plain

これも、まったりとした中に深いコクがあって最高ですよ。

 

──アボカドで飲む、ってすごく良いと思います!

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:おいしい刺身のお店もあるし、おいしい鶏肉のお店もある。世の中にそういうお店、もう十分にあると思うんですよ。それを僕らの世代がいまさら焼き直ししてもしょうがないので、新しい立ち飲みを作り出したいな、と。
アボカドをツマミに飲む、っていうカルチャーがこれから生まれるんじゃないかと思って、潜在的な需要があるんじゃないかと思って、それで始めたんです。

 

f:id:jurilin:20190228145945j:plain

 

f:id:jurilin:20190228132830j:plain佐藤さん:ここは、いずれ独立して「あぼ太郎」っていう独立した店舗を出すためのテストマーケティングとしてやってるんです、実験として。39ハイボールもそうだし。まだ2カ月だから、なにが起こるかわからないんですが。

 

これからも、「立呑 あぼ太郎」は新しいメニューや営業形態など、いろいろと進化していくそうです。ますます楽しみですね。

ごちそうさまでした!

 

お店情報

立呑 あぼ太郎

住所:東京都世田谷区 北沢2-34-1 クリスタルベスルビル2F
電話番号:03-6804-9636
営業時間:16:00〜22:00(LO 21:00)
定休日:無休(ただし、12月30日〜1月2日は休み)

mado.in

 

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい人が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ写真。雑誌、WEBなど各メディアで活動中。趣味は美味しい料理を作って食べること。子供写真スタジオ「アトリーチェ」の経営もしております。

過去記事も読む

トップに戻る