燻し、燻され、沖縄ひとり酒。「燻製酒場 煙人」は五臓六腑が泣いて喜ぶお店でした【沖縄】

f:id:mesitsu_lc:20170315165941j:plain

ビールに合うツマミといえば、から揚げ・餃子・○○

日本酒に合うツマミといえば、刺身・塩辛・○○

ワインに合うツマミといえば、チーズ・生ハム・○○

泡盛に合うツマミといえば、スーチカ・スクガラス豆腐・○○

 

さて、「○○」に入るツマミは何でしょう。賢明な皆さんなら、すでに答えはお分かりのはず。

 

そう、答えはもちろん「燻製」ですよ! 

 

今回は酒好きを本気にさせる、うまい燻製が食べられるお店「燻製酒場 煙人(えんじん)」に行ってきました。

 

そのお店は県道47号線にあり

f:id:mesitsu_lc:20170315170706j:plain

「燻し銀のような人」

そう言われたいけど、人生まったく燻せていないメシ通レポーターのmochikingです。

 

人生を燻せないなら、せめて燻したものを食べよう。ということで、やって来ました沖縄那覇市・久米(くめ)。

 

国道58号線を曲がって、県道47号線を進むこと徒歩3分。赤い看板が見えたら「燻製酒場 煙人(以下:煙人)」に到着です! 

 

f:id:mesitsu_lc:20170315171104j:plain

煙人のメニューを紹介する前に、コレだけは言わせてください。

こんな包容力のあるお店って、なかなかないよ! 

 

ほら。お酒を飲むシチュエーションって、いろいろありますよね。

 

ひとりで。

友人と。

会社の同僚と。

ゆくゆくはあの子と。

 

特に沖縄では、気軽にひとり酒できるお店は貴重な存在です。

初めて入ったお店で、1人なのにでっかいテーブル席に通されるなんてコトもしばしば。あれほど肩身の狭い思いったらありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20170315171458j:plain

この日は、まったりひとり酒の気分。

煙人には1人でも落ち着いて飲めるカウンター席があるので安心です。

 

しかもテーブル席にはブラインド付きという細やかな配慮。

おまけに個室は最大18人の団体もOK。

 

ワイワイ飲む日も、しっぽり飲む日も使える。酒を楽しみたい全ての人を包み込む度量の大きさを、包容力と言わずになんと言いましょう。

 

f:id:mesitsu_lc:20170315171832j:plain

そんな煙人の包容力を象徴するのがコチラ。

 

オシャレな雑誌じゃないですよ! 

これメニュー表なんです! 

 

ページをめくれば胃袋に語りかける写真と、ちょっとしたウンチクが満載。

こういうメニュー表って、オーダーした後もついつい見ちゃうんですよね。形状上、開いて撮影できなかったのが悔しい。

 

ちなみに、ひっくり返すとドリンクメニューから見られます。

リバーシブル・メニューブックです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170315172207j:plain

これまた沖縄では貴重な酒メニューの多さに驚きますが、メニューに載っているのはほんの一部なのだとか。

 

「デートのとき高い酒がたくさん載っていたら困るでしょ。ウチは男性に優しいお店なんです」

 

と冗談ぽく教えてもらいましたが、実際かなり優しいなぁと感じるのは私だけではないはず。つまるところ、気軽に1杯も、ちょっとイイ酒を飲みたいときもOK。

 

もはや、シーンに合わせてお店を選ぶ時代はおわったのだ! 

そう叫びたくなる包容力が煙人にはあるのです。

 

“ジューシーな燻製”って、どういうことだってばよ!? 

f:id:mesitsu_lc:20170315172729j:plain

▲燻製5種 盛り合わせ(1,050円)

 

お待たせしました。

いよいよ待望のオーダータイムです。

 

煙人に足を踏み入れたときから、なんとも言えないスモーキーなイイ香りに刺激され、すでに我慢の限界です! 

 

まずオーダーしたのは燻製部門のNo1.メニュー「燻製5種 盛り合わせ」。その日オススメの燻製をお得に楽しめる1皿です。

 

ところで皆さん。

突然ですが「燻製」と聞くと、なんとなくパサッとした食感を思い浮かべませんか? 

 

その既成概念ガラリと変えてみせましょう! 

 

f:id:mesitsu_lc:20170315173325j:plain

見よ! 

このジューシーさを! 

 

全然パサッとしてない。柔らかい。

まさか燻製を前に「ジューシー」という単語を使う日が訪れようとは! 

 

そんな驚きの燻製ができるのは「熟燻法」と呼ばれる方法のおかげ。ツヤやかでジューシーなのは、食材の水分や脂が残っているから。

 

f:id:mesitsu_lc:20170315173818j:plain

だから、玉子の燻製だってプリップリッですよ! 

 

燻製されて黄金色に輝いています、その名も「味付き黄金玉子」。

ゆでともとも違う。玉子新時代の幕開けを感じさせる1品です。

 

この日の「燻製5種 盛り合わせ」は、

カマンベール、玉子、レバー、ベーコン、ししゃもの5種。

 

なかでも個人的ナンバーワンだったのが……

 

f:id:mesitsu_lc:20170315174352j:plain

ししゃも! 

「これ1尾で酒が何杯飲めるんだ」というくらい、酒との相性がイイ。ほろ苦いうま味とスモークの香りが絶妙です。

 

ちなみに煙人では、燻製に使うチップが日替わりでローテーションします。

その数、全部で7種類

 

今回はタンパクな食材に合うという「りんご」のチップでした。個人的1位がししゃもになったのも妙に納得です。

 

同じ食材も違うチップで食べてみたくなる。

香りに合わせていつもと違う酒が飲みたくなる。

 

煙人さん、酒飲みの生態を良くご存知です。

 

飲みすぎ注意。煙人は燻製だけじゃないんだぜ! 

f:id:mesitsu_lc:20170315175142j:plain

▲マッシュルームのオーブン焼き(730円)

 

スモークされたうま味と香りを堪能しましたが、燻製以外のメニューも見逃せないのが煙人です。

 

「うまいツマミで、うまい酒が飲みたいです」と宣言したところ、燻製の次にオススメしてもらったのが「マッシュルームのオーブン焼き」。

 

テーブルに運ばれた瞬間から、食欲スイッチを連打する香り。

立ち上る湯気だけで酒が飲めるといっても過言ではない! 

 

f:id:mesitsu_lc:20170315175537j:plain

なにより衝撃的だったのは、マッシュルームのポテンシャルよ。

 

マッシュルームって多くの人にとってサブ的な存在だと思うんです。

少なくとも私は「今日はマッシュルーム食べようぜ」とメインに据えたコトはありません。

 

ごめんよ。でも、知らなかったんだ君の実力を。今日から主力選手に昇格だ! 

いやぁ、丸ごとアツアツのマッシュルームって本当にスゴイですよ。

 

かむとじゅわ~ってなるのよ。

おいしいエキスがじゅわ~ってなるのよ! 

 

補足ですが、上にまぶしてあるのはガーリックが効いたパン粉。

これ以上ない香りと食感をプラスしてくれる優秀な相棒です。

 

うまいだけでなく、見た目もオシャレな感じでイイじゃない。

と思ったら、さらに上をいくオシャレメニュー発見しましたよ。 

 

これをオーダーすれば絶対モテる(はず)! 

f:id:mesitsu_lc:20170315180444j:plain

▲カマンベールのパイ包み(880円)

 

気になるあの子と煙人にきたら

男性諸君はとりあえず「カマンベールのパイ包み」を注文しよう。

 

まぶしいくらいにオシャレで、しっかり酒がすすむ、モテ度3割増のメニューですよ! (※筆者比)

 

サクサクのパイ&とろ~りカマンベールは期待通りのうまさ。

そこにラズベリーソースとバルサミコソースの酸味・香りが加わります。

 

するとどうでしょう。

甘酸っぱいソースが、濃厚なカマンベールを全力で引き立てるではありませんか。

 

 上品に、でも抗えない力強さで「お酒飲も?」と誘ってくる、魅惑的な1皿。

 いつもとは違うツマミで飲みたいときは特にオススメです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170315181520j:plain

うまい酒とともに個性あふれるメニューを食べてきましたが、唐突に気付いてしまいました。煙人のツマミは一見シンプルなようでいて、実はとても計算されていると。

 

(香り×うま味×食感)+(驚き×安定感)=酒が無限にすすむツマミ

 

算数が苦手なのに、思わず式で表現したくなるほど完成度が高い。どれもが、酒をおいしく飲むために考え抜かれています。

 

「安く飲みたいときは安く。ぜいたくしたいときはぜいたくに。ウチがどういうお店かは、来てくれたお客さんによって変化するんです」

 

そう話してくれたオーナーさんの心意気を改めて感じます。

大満足。ごちそうさまでした! 

 

お店情報

燻製酒場 煙人(えんじん)

住所:沖縄那覇市久米1-4-26ジグラートビル 1F
電話番号:098-867-4609
営業時間:月曜日~木曜日 18:00~翌3:00(LO 翌2:00)、金曜日・土曜日 18:00~翌5:00(LO 翌4:00)
定休日:日曜日

www.hotpepper.jp

※本記事は2017年3月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:mochiking

mochiking

沖縄在住のライター。降って湧いた南国移住計画により人生プランを270°くらい変更した、自称:東海岸の“キング”。ラーメン・コロッケ・ピザが好き。

過去記事も読む

トップに戻る