250種類以上の缶詰と本格カクテルが楽しめるバーを発見……これは楽しい!

f:id:uralatokyo:20171009171941j:plain

だし巻き卵、たこ焼き、激辛カレーなど、個性的なオリジナル缶詰を販売しているmr.kanso。缶詰のクオリティの高さはすでに記事でご紹介済みですが、その缶詰が食べられるmr.kansoのバーにもぜひ行ってみたいと思っていました。

www.hotpepper.jp

 

f:id:uralatokyo:20171009171958j:plain

今回は門前仲町店を訪問してきました。

店は四つ角にあるのですぐわかります。小さいけど目立つ外観。

 

f:id:uralatokyo:20171009172014j:plain

門前仲町って、さりげなく店主の思い入れやこだわりが詰まったいいお店が多いと思います。そんな街で2012年からつまみは缶詰のみというスタイルを貫いている「mr.kanso」。100種類以上のドリンク、約250種類の缶詰という豊富なメニューが最大の特徴です。

入り口から見て左側がバーカウンター、右手が缶詰の棚。カクテルだけでも60種類というドリンクは、さすがバーです。

 

f:id:uralatokyo:20171009173843j:plain

オーナーの藤田圭一さんは、「この店で初めて見た」というような缶詰を楽しんでもらいたいそうです。そのため、品ぞろえはコンビニやスーパーマーケットでよく目にする缶詰よりも、「mr.kanso」のオリジナル缶詰や全国々浦々の名産が詰まった缶詰が中心。

250種類もの缶詰が壁一面を埋め尽くしている光景は、まさに缶詰バーならでは。訪問するたびに新しい味に出会える楽しさがあります。

 

会計は缶詰を選んでドリンクと一緒にオーダーするというキャッシュ&デリバリーなので、ラベルを見つつじっくり缶詰選びができます。オードブルからメインディッシュ、締めの食事にデザートまで、すべて缶詰で完結できるってすごい。

寒い季節になるとスープ缶詰もよく出るそうで、キャンベルのラインアップが増えるとのこと。スープなど必要なものは温めてくれます。

ちなみに最も支持されている缶詰は「mr.kanso」オリジナルのだし巻き卵ですって。納得納得。缶詰の中に入った汁も1敵残らず飲み干したいおいしさだもの。

 

お店を訪れる客層は幅広く、平日は30~40代の男性が、週末はカップルや若い人が多いそう。

 

f:id:uralatokyo:20171009172039j:plain

こちらは2次会の場として使われることも多いというテーブル席。

 

f:id:uralatokyo:20171009173822j:plain

女性客にはこんなお得な日もあります。

 

f:id:uralatokyo:20171009173912j:plain

缶詰の値段は貼ってあるシールの色でわかるようにしてあります。

 

f:id:uralatokyo:20171009173935j:plain

「mr.kanso」のオリジナル缶詰はランキングの常連。

 

f:id:uralatokyo:20171009173954j:plain

オリーブやナッツ系のつまみもずらり。むしろ食べ過ぎてしまいそうな。

 

f:id:uralatokyo:20171009174032j:plain

蜂の子の缶詰!「なつかしい、ふるさとの味」と思える方もいらっしゃるでしょうが、それ以外の方は、酔っぱらった勢いや何らかの罰ゲーム的な目的で頼む可能性も。

 

f:id:uralatokyo:20171009174053j:plain

威圧感のあるフルーツ缶詰。和紙のようなラベルで、ただものでない高級感があります。

 

f:id:uralatokyo:20171009174112j:plain

ちょっとパンまであるんですけど! 非常食じゃないですよこれ! おしゃれパンです。

 

f:id:uralatokyo:20171009174132j:plain

たらの子550円、「mr.kanso」オリジナル缶詰の海南鶏 550円、くじらのうま煮 650円。

 

f:id:uralatokyo:20171009174150j:plain

ふたを開けばこんな感じ。みんなお酒が進む味です。

 

f:id:uralatokyo:20171009174209j:plain

もちろんドリンクも豊富です。最近は「最強! 生レモンサワー」500円がよく売れているそう。氷の代わりに凍ったレモンがどっさり入っていて、凍ってよし、溶けてよしのナイステイスト。400円でレモンはそのまま、サワーのみの追加ができるのもお得です。

 

ビールは国産の生ビールもありますが、おすすめはハーブのような香りとまったりとした味わいが特徴の、イギリスのバスペールエール。1/2パイント 450円、1パイント 750円(写真は1パイント)。

 

筆者のおすすめ缶詰&ドリンクは、「mr.kanso」のオリジナル缶詰であり、バーでも一番売れているだし巻き卵 550円&焼酎(各種400円)の組み合わせ。「うわあこの組み合わせのおいしさがわかる日本人でよかった!」と思える、染みるおいしさです。さばの味噌煮 800円&シークァーサーサワー 400円の組み合わせも、さばの濃い味をシークァーサーの酸味が緩和する見事なチームワークを見せてくれます。

 

f:id:uralatokyo:20171009174228j:plain

藤田さんいわく、「クラッカーも販売しているので、お好みに応じて缶詰に合わせてお楽しみください。『mr.kanso』でだからこそ味わえる缶詰とドリンクの組み合わせは無限大です。何度来ていただいても、そのつど新しい味との出合いがあります」。

 

「もうこれ食べた」「このメニュー飽きた」という言葉とは無縁の缶詰バー。

知っててうれしいお店がまた1つ増えました!

 

お店情報

mr.kanso 門前仲町店

住所:東京都江東区門前仲町1-11-7 門仲塚本ビル 1F
電話番号:03-3643-1185
営業時間:18:00~24:00 
※土曜日・日曜日・祝日は17:00〜24:00
定休日:不定休
ウェブサイト:http://www.cleanbrothers.net/kanso.html

www.hotpepper.jp

 

「mr.kanso」WEBショップ

cbshop.jp

※この記事は2017年10月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

書いた人:椿あきら

椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました。著書に『オリンピックと自衛隊 1964-2020』(並木書房)。

過去記事も読む

トップに戻る