餅をホワイトソースにしてみた結果→軽い口当たりで米に合いすぎて驚いた

ホワイトソースって、実は餅から作ることができるんです。作り方は至って簡単。細かくした餅に牛乳とコンソメを混ぜて、火にかけて出来上がり。できたホワイトソースは、グラタンやシチュー、パスタソースなどに利用しましょう!

f:id:kyan__tama:20211229134112j:plain

余った餅を有効活用したい

クイズです。正月を過ぎた頃、その使い道に困ってしまう食材ナンバーワンといえば?

ヒントは、毎年のように余ってしまうのに、必ずといっていいほど余分に購入してしまう……白くてねばって伸びるアイツ。

ここまで言ったらわかりますよね?

 

そう、「餅」です!!!!

f:id:kyan__tama:20211229134302j:plain

いや、大前提として、餅はとってもおいしいんですよ。

お雑煮にしたり、普通に焼いたり、からみ餅にしたり。味も幅広く楽しめます。

でもやっぱりほら、飽きるじゃないですか。1個食べただけでもお腹に溜まりますし……。

三が日を過ぎたあたりから、餅のバリエーション難民になってしまう方は非常に多いのではないでしょうか。

 

そんな貴方に朗報です。

 

なんと、餅を材料にホワイトソースが作れちゃうんですよ!

和の炭水化物の代表格とも言える餅が、洋のメインストリートを歩くホワイトソースに変化するだなんて、ちょっと信じられないかもしれませんが、想像を遥かに超えて簡単かつおいしいので、これは絶対のオススメなのです。

 

餅ホワイトソースの作り方

【材料】(2人前)

  • 切り餅 1個
  • 牛乳 300ml
  • コンソメスープの素(顆粒タイプ) 小さじ1
  • 塩 1つまみ

 

【作り方】

f:id:kyan__tama:20211229135248j:plain

まずは餅を細かく切ります。

焼いていない餅はちょっと固くて切りにくいかもしれませんが、細かく刻めば刻むほど調理の時短が見込まれるので、ここは頑張って切るべし切るべし切るべし!

 

f:id:kyan__tama:20211229140720j:plain

餅と牛乳を鍋に入れて、沸騰するまで中火にかけます。

 

f:id:kyan__tama:20211229140829j:plain

f:id:kyan__tama:20211229141445j:plain

沸騰したら弱火にして、混ぜ合わせながら5~6分ほど煮込みます。

 

f:id:kyan__tama:20211229140950j:plain

餅がだいたい牛乳に溶けてきたのを確認したら、火を止めてコンソメを入れます。

泡立て器でよく混ぜ合わせたら、塩1つまみで味を調えて出来上がり!

ね、簡単でしょう?

 

f:id:kyan__tama:20211229141215j:plain

餅で作ったホワイトソースは、小麦粉から作るよりも見るからにトロトロした感じ。せっかくなのでここで味見なぞ。はたして、どんな仕上がりになっているのでしょう。

 

ややっ? 普通のホワイトソースに比べるとかなりアッサリした味わいです。

食べてみるとコッテリしたしつこさは一切なく、食感もトロ~リなめらか。

それでいて、しっかりと牛乳のコクが際立つ濃厚上質なホワイトソースに仕上がっています。

餅ホワイトソースは時間が経っても固まることはないので、清潔な容器に入れて冷蔵で3日くらいは保存ができます。作り置きしておけば、お手軽に本格洋食メニューも味わえます。

というわけで、今回は餅ホワイトソースを使ったドリアのレシピを紹介しますね。

 

餅ホワイトソースでドリアを作る

【材料】(2人前)

  • 餅ホワイトソース 100ml
  • ライス 150g
  • エリンギ 50g
  • とろけるチーズ お好みの量で
  • 刻みパセリ 少々

 

【作り方】

f:id:kyan__tama:20211229142803j:plain

耐熱皿にライスを盛り、その上に餅ホワイトソースと手で裂いたエリンギをのせる。

 

f:id:kyan__tama:20211229142858j:plain

チーズをお好みの量のせたら、オーブントースター(1000w)で15分ほど焼きます。

表面に焦げ目がついたら出来上がり。

 

f:id:kyan__tama:20211229143010j:plain

仕上げに彩りとして刻みパセリを散らして完成です!

餅ホワイトソースで作ったドリア、はたしてどんな出来栄えになったのでしょうか。

アツアツのうちに餅ホワイトソースとライスを一緒にスプーンですくって頬張ります。

すると……。

 

f:id:kyan__tama:20211229143258j:plain

ちょっと何これ! ちゃんとドリアになってますよ。

むしろ、普通のホワイトソースよりも餅ホワイトソースの方がライスとの一体感があるかも。

トロトロ食感のソースだけに、焼いている間にお米にソースが浸み込んだのかもしれません。もちろん、焦げ目がついたチーズとのマリアージュもバッチリです。

餅ホワイトソース、想像以上に軽い口当たりで延々と食べ続けてしまいそう。

蒸し野菜のディップソースにしたり、お肉にかけたりと可能性は無限大。

思い立ったらあっという間に作れてしまうので、正月の餅のアレンジにお困りの方はぜひとも挑戦してみてください。

 

書いた人:西たまお

西たまお

大学在学中より映像ディレクターを志し、映像制作会社で宣伝を務めた後に、広告代理店に社内ライターとして勤務。2016年より独立し、フリーに。主にWEBサイトで健康や食、お笑いに関するさまざまな記事を執筆中。

過去記事も読む

トップに戻る