日本最南端で近大マグロを食べる。これが生マグロの威力か!潮岬観光タワー

f:id:okuradesu:20180129163755j:plain

まいど憶良(おくら)です。

 

和歌山県は東牟婁郡串本町にやって来ました。

串本町は、本州の中では、日本最南端の町なんです。

お目当ては近大マグロ。

これを丼でいただきます。

 

並んでも食べたいっ。そんな近大マグロが、並ばずに食べられる!

養殖施設で人工ふ化した完全養殖マグロで、1970年から近畿大学水産研究所が研究し、ついに2002年に完全養殖に成功したというもの。

もはやブランドマグロとして、並んででも食べたいマグロという地位を確立しました。

 

東京・銀座、グランフロント大阪でも食べられるのですが、ここ潮岬観光タワーではよりリーズナブルに、より新鮮な状態で食べられるといううわさを聞きつけ、たまらず取材に向かいました。

f:id:okuradesu:20180129171637j:plain

「近大本マグロ」の文字に、心躍ります。

 

f:id:okuradesu:20180129171813j:plain

こちらの観光タワーの二階、大食堂で食べられるんですが、

 

f:id:okuradesu:20180129171957j:plain

ちょっと海側に歩くとそこはもう、本州最南端。

絶景が広がります。

 

f:id:okuradesu:20180129172250j:plain

一階のお土産コーナーを通って、中二階で食券を買います。

 

f:id:okuradesu:20180129172313j:plain

ありました、「近大マグロ丼」(1,600円)。

 

f:id:okuradesu:20180129172454j:plain

広い食堂は、観光バスなどで立ち寄るイメージ。

 

f:id:okuradesu:20180129172556j:plain

団体様でもOKですね。

 

「近大マグロ丼」が出来るまで

f:id:okuradesu:20180129172812j:plain

潮岬観光タワーの出す「近大マグロ丼」は、3つの部位が一度に味わえるんです。

 

f:id:okuradesu:20180129173638j:plain

赤身が2切れ、

 

f:id:okuradesu:20180129173734j:plain

中トロが2切れ、

 

f:id:okuradesu:20180129173859j:plain

そして大トロが1切れ。

 

f:id:okuradesu:20180129173901j:plain

ううっ、めちゃくちおいしそうじゃないですか。

 

f:id:okuradesu:20180129173920j:plain

切ったら即、

 

f:id:okuradesu:20180129173942j:plain

丼に盛りつけていきます。

 

f:id:okuradesu:20180129173949j:plain

色艶が、良いですねぇ。

 

f:id:okuradesu:20180129174011j:plain

美しいマグロがのったら、

 

f:id:okuradesu:20180129174125j:plain

大葉、わさびをのせ、

 

f:id:okuradesu:20180129174132j:plain

刻みのりが添えられ、

 

f:id:okuradesu:20180129174145j:plain

完成となります。

 

f:id:okuradesu:20180129174201j:plain

これでおしまいと思っていたのですが、

 

f:id:okuradesu:20180129174240j:plain

ご覧のようなセットとなっていました。

 

f:id:okuradesu:20180129174323j:plain

大トロは、さすがに良質な脂です。

トロの名にふさわしい、舌の上でトロっ、となくなってしまう至高のひと時を口の中にもたらします。

 

f:id:okuradesu:20180129174354j:plain

中トロも、きめの細かい舌触りとうま味が十分。

 

f:id:okuradesu:20180129174433j:plain

そしてマグロの魅力は、結局赤身で完結すると言われる、その赤身も、間違いのないうまさ。

 

f:id:okuradesu:20180129174457j:plain

小皿に入ったネギと、錦糸卵、

 

f:id:okuradesu:20180131032813j:plain

そしてゴマをお好みで振りかけて、

 

f:id:okuradesu:20180131032950j:plain

どんぶりを好みの状態にカスタマイズしたら、

 

f:id:okuradesu:20180131033032j:plain

ご当地醤油である、マグロ丼用に作られた藤野醬油のマグロ醬(まぐろじゃん)。

コイツを回しかけます。

 

f:id:okuradesu:20180131033119j:plain

さぁ、お口の中へ。

 

う~ん、幸せ至極です。

 

f:id:okuradesu:20180131033142j:plain

最初は5切れで満足できるかなと、ちょっと不安だったんですが、このレベルの本マグロが食べられるのであれば、むしろリーズナブル。

何せ、最初は丼だけの値段だと思っていましたので、これだけのセットなら十分かと思います。

 

近大マグロの養殖所から最も近くで食べられる!

店長さん : 近大マグロは、同じ串本にある養殖所の船の上で内臓やエラなどの処理をされて、そこから大阪東京に運ばれていきます。

憶良 : そう考えると、近大マグロをもっとも新鮮な状態で食べられるお店と言えますね。冷凍せずに食べる生マグロだからこそ、移動時間が気になるところです。

店長さん : ウチは同じ町内にある、近大の養殖所にマグロを直接取りに行って、そのままここで解体しますから、そういう意味でも鮮度は良いかと思います。自分で取りに行くことで、よりリーズナブルに提供出来るようになりました。

 

ここで解体してるの?

憶良 : ここで解体って、そんなスタッフがいるんですか。

店長さん : 私が、さばきます。

憶良 : すごい! 店長さん自ら!

ここでさばいていると、いうことは、脳天とかの希少部位も食べられるんですか。

店長さん : さすがに常時はありませんし、量が取れないのが希少部位ですから、いつ来られても食べられるものではないですが、もしタイミングが合えば特別料理として提供も可能かと思います。

憶良 : 事前に問い合わせをして、本当にラッキーだったら、という感じですね。

店長さん : ですので、過度な期待をされても困りますが、できる時もあるというご理解をいただければと思います。

 

ごちそうさまでした。景色が良いと、一層おいしく感じます

憶良 : おいしかったぁ。和歌山に来た時には、是非また食べたいです。

でも、和歌山市からも距離がありますし、来たはいいが、売り切れなんて事があったらつらいですね。予約してからうかがうべきでしょうか。

店長さん : 十分な量を確保していますので、営業時間内であれば大丈夫かと思いますが、確実に食べられれるか、もしも心配であればご確認いただくと安心かと思います。

 

隠れた名作「マグロバーガー」

ごちそうさまでした。

で、終わっても良いのですが、もう一つ、とても気になるメニューが。

f:id:okuradesu:20180201021802j:plain

それが、この「マグロバーガー」(380円)。

 

f:id:okuradesu:20180201021832j:plain

こちらは勝浦で捕れたキハダマグロを使ったものです。

 

カツはミンチでなく、マグロの切り身を使ってます。

オリジナルのタルタルソースにも、カツにもある風味付けがされてあって、これがとってもおいしいんです。

 

それが何かは、食べてのお楽しみに。 としても良いかと思ったのですが、

黙ってはいられないので言ってしまいます。

 

実は、ほのかにカレーの風味が加えられているんです。

これがまた、絶妙にして絶品。

是非、これも食べていただきたいおすすめメニューです。

f:id:okuradesu:20180201021841j:plain

その断面がこれです。

パンも、地元のパン屋さんに「マグロバーガー」に合うように作ってもらった特製パン。

ちょっと甘みがあるところもポイントで、マグロの味を引き立ててくれます。

 

他にもマグロの魅力をさまざまな調理法で堪能できますので、和歌山に行かれた時は是非その旅行のコースに入れてもらいたい。

いや、おいしい物を食べに、このお店を組み込んだ和歌山ツアーに行かれるのも良いかと思いました。

 

お店情報

潮岬観光タワー

住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706-26
電話番号:0735-62-0810
営業時間:10:00~15:00(LO)、土曜日・日曜日・祝日 9:30~15:00(LO)※レストランの営業時間となります。
定休日:無休
ウェブサイト:http://www.kumakou.co.jp/tower/

www.hotpepper.jp

 

書いた人:憶良(おくら)

憶良(おくら)

ゲームプランナー、プロデューサー、CMディレクター、ゲーム企画講師や駄菓子屋店長などを経て現在に至る。日本で一番古いハンドルネーム、OKURAです。休日はよく温泉に行き、その道中では積極的に食べ歩いたり、行先の地元スーパーで珍しい食材を買い込んで料理したりと、食に対してはかなり貪欲。「美味しいものを食べている時、美味しいものについて話している時に、悪いことを考える人はいない」という持論を持つ。

過去記事も読む

トップに戻る