すりおろした野菜を1分煮て、1日寝かす「手作りウスターソース」で揚げ物が捗りすぎる【オトコ中村】

f:id:otokonakamura:20210910165717j:plain

ども、料理ブロガー&ユーチューバーのオトコ中村です。

今回は、揚げ物にかけたり、料理の隠し味に使ったりと美味しい「ウスターソース」を手作りしてみます。

ウスターソースは、砂糖と野菜などをこんがり炒めて焦がし、香辛料を加え、軽く煮込むのが作り方としては一般的です。とはいえ、ちょうど良い焦がし加減が難しく、焦げすぎたら台なしに……。なので、ちょっとショートカットして作りやすいレシピを考えてみました。

1分煮て、1日寝かせるだけで、香辛料と野菜の香りが効いたウスターソースができますよ。

 

オトコ中村の「手作りウスターソース」

材料

 

f:id:otokonakamura:20210910102835j:plain

  • 水 40ml
  • 玉ねぎ 小1/2個(80g程度)
  • にんじん 1/4本(50g程度)
  • しょうが 1かけ(10g程度)
  • トマトケチャップ 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1+1/2
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 和風だしの素(顆粒) 小さじ1/2
  • お好みの香辛料(今回はブラックペッパー、クローブ、コリアンダー、ナツメグ、シナモン) 少々

 

作り方

f:id:otokonakamura:20210910102843j:plain

1. 野菜をよく洗って適当な大きさに切り、すりおろします。まず、しょうがです。皮つきでOK。

お持ちならフードプロセッサーやミキサーを使うと早いです。

 

f:id:otokonakamura:20210910102850j:plain

にんじんも皮つきで、

 

f:id:otokonakamura:20210910102900j:plain

玉ねぎは皮をむいてすりおろします。

 

f:id:otokonakamura:20210910102909j:plain

玉ねぎは、すりおろす途中で崩れてボロボロになりますが、ボロボロになった部分もそのまま入れるので大丈夫です。

 

f:id:otokonakamura:20210910102920j:plain

2. すりおろした野菜と、調味料などすべての材料を鍋に入れます。

ボロボロの玉ねぎもそのまま放り込んでください。

 

f:id:otokonakamura:20210910102827j:plain

香辛料は、今回はブラックペッパー、クローブ、コリアンダー、ナツメグ、シナモンの5種類をブレンドしました。この組み合わせを基本に、家にあるもの、お好みのものでオリジナルの味わいを楽しんでください。深い味わいになるよう、4種類以上は入れるとよいと思います。

 

f:id:otokonakamura:20210910102931j:plain

3. 2を中火にかけ、1分くらい沸騰させます。

沸騰させると、何ともウマそうな匂いが広がりますよ。長時間沸騰させると香りが飛んでしまうので、1分程度でOKです。

スプーンでほんの少しすくって味見してみると、野菜と調味料、香辛料が口の中で激しくぶつかり合っていて、まだ味が完成していないように感じます。

 

f:id:otokonakamura:20210910102815j:plain

4. 氷水を用意して、鍋ごと一気に冷やします。

 

f:id:otokonakamura:20210910103010j:plain

5. 冷えたら、フタのできる清潔な容器に入れて、

 

f:id:otokonakamura:20210910103016j:plain

冷蔵庫で1日寝かせます。

1日寝かせることで、角が取れ、ぶつかり合っていた味が調和されます。

 

f:id:otokonakamura:20210910103015j:plain

6. 1日寝かせたソースを、ザルで濾します。

 

f:id:otokonakamura:20210910165724j:plain

スプーンなどで押して、絞るように濾します。

 

f:id:otokonakamura:20210910102959j:plain

7. 濾し取ると、ウスターソースの完成です。

このレシピで100ml強のウスターソースが出来ます。いろんな物にかけていると、すぐになくなってしまいますよ。

冷蔵庫で保存して、2~3日以内に使い切ってください。

 

f:id:otokonakamura:20210910102948j:plain

ちなみに、残った搾りかすは、ウスターソースの染み込んだ野菜の繊維質で栄養たっぷり。捨てるのはもったいない、と言ってもこのまま食べても美味しくないので、料理に混ぜて使うのがおすすめです。

わが家では、この搾りかすをハンバーグのタネに練り込んでみたのですが、焼き上がりの美味しさと香りがアップしましたよ。冷凍保存しておいて、カレーを作るときに混ぜて煮込むのもいいですね。

 

とんかつでウスターソースを実食です

f:id:otokonakamura:20210910103249j:plain

手作りのウスターソースを楽しむのに、とりあえず市販のとんかつ(せん切りキャベツ付き)を買ってきました。皿に盛りつけて、ソースは片口の小鉢に入れて添えます。

 

f:id:otokonakamura:20210910165730j:plain

とんかつにウスターソースをかけて、実食です。

 

f:id:otokonakamura:20210910103042j:plain

ソースの色が薄めなのでちょっと見にくいですが、食べてみると香辛料と野菜の香りが口に広がって存在感を発揮します! 口に広がる癒しのアロマという感じで本当に香りが良く、ソースを香炉で焚いて、部屋中をこの香りで満たしたいほど。これは満足、手作りした甲斐がありました。

 

f:id:otokonakamura:20210910103047j:plain

ちなみに、キャベツにも良く合います。もう何にでもかけて食べたい気分になりますよ。

多少の手間と時間はかかりますが、材料や工程自体はそうややこしくありません。香り高いウスターソース、ぜひともお試しください。

 

作った人:オトコ中村

オトコ中村

もの作りが大好きな京都生まれ、京都在住の40代。2児の父。小学生の頃、即席ラーメンのスープに豆板醤で辛味をプラスして料理の楽しみを知る。飲食業勤務を経て、現在は作った料理をコツコツとブログやYoutubeで発表中。未知なる料理への楽しい挑戦は続く。趣味は料理と野草観察。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る