【残暑に効く】サイダーをゼリーにしたらシュワシュワしてアリだった【オトコ中村の面倒で楽しい休日メシ】

ども、料理ブロガー&ユーチューバーのオトコ中村です。

毎日暑いですね~。私の住む京都はこの夏も連日の猛暑。残暑も厳しそうです……。暑いと言っても仕方ないですが、思わず口から「暑い」と出てしまいます。わが家では冗談で「暑いと言ったら罰金100円や」とか言ったりして、どうにか残暑を乗り越えようとしています。

ということで今回は、そんな暑い日に少しでも涼を感じられるデザート。市販のサイダーを使って、シュワっとさわやかな炭酸をゼリーの中に閉じ込めた「サイダーゼリー」を作ります。

 

オトコ中村の「サイダーゼリー」

材料(2人分)

  • サイダー(常温のもの) 300ml
  • 砂糖 大さじ2
  • 水 大さじ2+大さじ2
  • レモン汁 大さじ1/2
  • 粉ゼラチン 5g
  • 冷凍フルーツミックス(今回はいちご、ブルーベリー、パイナップル) 50g程度

 

作り方

1. 小さなボウルや器に砂糖、水大さじ2、レモン汁を混ぜて、砂糖を溶かしておきます。

 

2. 別のボウルや器に、粉ゼラチンを入れ、水大さじ2を加えてふやかしたら、

 

600wの電子レンジで20秒ほど加熱して、ゼラチンを溶かします。

 

3. 大きめのボウルにサイダーを、なるべく炭酸が抜けないように静かに注ぎ、

 

1、2を加え、静かに混ぜ合わせます。

サイダーは、冷蔵庫から出して常温にしておきましょう。サイダーが冷たいと、ゼラチンを入れたとき、混ざる前にゼラチンだけが固まりゼラチンの粒が残ることがあります。サイダーが常温だと、ゼラチンがちゃんと全体に混ざります。

また、サイダーを注いだり混ぜたりするときは、炭酸が抜けないようなるべくそっと扱うこと。炭酸が多く残っているほうが、ゼリーを食べたときによりシュワシュワ感を楽しめますよ。

 

4. 3にラップを被せて、冷蔵庫で冷やし固めます。

 

3時間程度で固まりました。

 

5.固まったゼリーをスプーンで軽くかき混ぜて崩します。

 

6. グラスに、ゼリー冷凍フルーツを交互に入れていきます。

冷凍フルーツは缶詰のフルーツでもOKです。

 

グラスがいっぱいになるまで入れます。

今回の分量では、200mlほど入るグラス2つ分になりました。

 

7. 6をもう一度冷蔵庫に入れ、1時間程度冷やし固めたら完成です。

仕上げにミントの葉(分量外)をあしらってみました。

 

舌に爽やかな刺激、まさにサイダーゼリーです

完成したサイダーゼリーは、見てみるとサイダーの泡がそのまま固まっているのがわかります。透明なグラスに盛りつけて正解でした。

食べてみると、味はサイダーそのまま! 微炭酸という感じですが、舌に爽やかな刺激があって、まさにサイダーゼリーです。

 

所々に酸味と甘みのあるフルーツが入っているので、味に変化が出てうれしいですね。最後まで食べ飽きません。

魔法のように炭酸を閉じ込めた、味も見た目も涼感あるサイダーゼリー。お休みの日に、ぜひとも挑戦してみてください。

 

作った人:オトコ中村

オトコ中村

もの作りが大好きな京都生まれ、京都在住の40代。2児の父。小学生の頃、即席ラーメンのスープに豆板醤で辛味をプラスして料理の楽しみを知る。飲食業勤務を経て、現在は作った料理をコツコツとブログやYoutubeで発表中。未知なる料理への楽しい挑戦は続く。趣味は料理と野草観察。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る