新宿駅激近の大衆酒場「千酉足」では全国のカップ酒が飲めるぞ、歌舞伎町の眺望付きで

2018年末、東京のド真ん中にオープンした大衆酒場「千酉足(ちどりあし)」。ここ、なんと全国のカップ酒が飲める貴重なお店なんだとか。酒場ライター・パリッコさんによるホロ酔いレポート!

エリア新宿

f:id:sakabaz:20190213152945j:plain

メシ通読者のみなさま、突然ですが「酒場クイズ」です。

 

f:id:hotpepper-gourmet:20190214180705j:plain

問題:こちらの渋い酒場の場所と店名を答えてください

 

どうでしょう?
各地の老舗酒場を知り尽くした酒場通の中にも「あれ? どこだっけ?」と思ってしまった方がいるんじゃないでしょうか?
(まぁ、タイトルでネタバレしてますけどね……)

そう、実はこの貫禄ある酒場、2018年の末にオープンしたばかりの超〜新しいお店!
しかも、新宿駅から徒歩2分というものすご〜く便利な場所にあります。

すごいのはそれだけじゃない。
先ほどのカウンターとは反対側の景色を見てみましょう。
なんとこの空間……

 

f:id:hotpepper-gourmet:20190214180624j:plain

ビルの8階にあるんです!!

 

f:id:sakabaz:20190208120111j:plain

だからして、このナイスビュー。

 

f:id:Meshi2_IB:20190214155106j:plain

眼下に見える歌舞伎町の眺めと、思い切り大衆酒場な店内のギャップが笑える。

 

ベロベロに酔っ払って千鳥足になってもなんとか帰れそうな良好なアクセスと、都会ならではの面白い立地、そして、これからご紹介しますが、そんな話題性だけで勝負しているわけではない、大衆酒場としての確かな実力。

今回は、新宿に誕生した新たな名店、その名も「千酉足(ちどりあし)」をほろ酔い調査いたします〜。

 

珍しいカップ酒が勢ぞろい

さて、まずは店内をぐるりと見回してみましょう。

f:id:sakabaz:20190208120120j:plain

景気のいい熊手が新宿っぽい。

 

f:id:sakabaz:20190208120128j:plain

こちらは飲み物メニュー。

 

個人的な基準になりますが、ホッピーセットが450円、ナカ(追加焼酎)が200円。
はい、もういいお店〜!

 

他にも、興味深いサワーがいろいろと用意されているエンターテイメント性も素敵。

さらに、店内でひときわ存在感を放っているのが、カウンター奥の、

f:id:sakabaz:20190208120151j:plain

冷蔵ケース。

 

中には、全国各地から集められたカップ酒がぎっしり!

こちらのお店では、手軽にさまざまなタイプのお酒を味わえ、ひとりで飲むにも、グラスをもらってふたりでシェアするにも量がちょうどよく、何より見た目が楽しく、お酒の席での会話が盛り上がるという理由から、こんなにもたくさんのカップ酒を取りそろえているんだそう。
仕入れや在庫の管理には相当な苦労があるそうで、大変ありがたいことでございます。

f:id:sakabaz:20190208120137j:plain

どれもこれも飲んでみたいな〜。

 

f:id:sakabaz:20190208120207j:plain

ご当地キャラのかわいらしいカップや、

 

f:id:sakabaz:20190208120256j:plain

お、僕の好きな「宮の雪」がある〜!

キンミヤ焼酎でおなじみ、「宮崎本店」が作る日本酒ですね。

 

f:id:sakabaz:20190208120233j:plain

ひれ酒なんてのもあるんだ。

 

うんうん、カップ酒、あとでどれか飲んでみることにしよう。

 

ビール × バーボン、KO必須な1杯

乾杯ドリンクは、先ほどのドリンクメニューの中から、どうしても見過ごすことができなかったオリジナルメニュー「生ビール + 千鳥足」(790円)を選んでみました。

これ、かな〜り強烈です……。

 

f:id:sakabaz:20190208120307j:plain

まずはビールにショットグラスを浮かべ……

 

f:id:sakabaz:20190208120317j:plain

バーボン(メーカーズマーク)をトポトポトポ〜と注いでいきます。

 

f:id:sakabaz:20190208120324j:plain

やがてコトリとグラスが沈んだら、

 

f:id:sakabaz:20190208120332j:plain

ビール × バーボンのインパクト絶大ドリンク「千鳥足」の完成〜!

 

お酒の強さに自信のある酒豪の方や、今日はもうどうなってもいい! っていう酔いたいモードの方には最適のお酒。
僕は、お酒好きであっても酒豪ではないので、おそるおそるという感じでちびちびいただいてみます。

 

f:id:sakabaz:20190208120341j:plain

飲むとこんな顔になる。

 

っっっくぅう〜〜〜、効く、効きすぎる!


一口で全身にふわりとした酔い心地が巡ります。
が、ビールもバーボンも原材料は麦。
相性が良くないわけがなく、麦芽の重厚感が深まり、ゆっくりゆっくりと味わいたい新しいお酒として、はっきり言ってうまい!

ちなみにこちら、おひとりさま3杯までとなっております。

取材当日、同行してくれた飲み友達で同じメシ通ライターでもあるスズキナオさんは、レモンの皮まで使ったというこだわりの「にごりレモンサワー」(500円)を注文し、

f:id:sakabaz:20190208120351j:plain

「爽やかな中にほんのりとした苦味があってうまいな〜」

と、涼しげな表情。

 

酒飲み心をくすぐるおつまみたち

f:id:sakabaz:20190208120400j:plain

この日のお通しは「マグロのレバーの味噌あえ」。渋い!

 

さてさて、壁にずらり並んだ短冊メニューにも興味深いものがたくさんあります。
何かおつまみも頼んでみましょう。

f:id:sakabaz:20190208120416j:plain

ちらほらと名前からは想像できないメニューがあるのも酒飲み心をくすぐる。

 

こちらのお店が初めてならば、まずは基本となる「白煮込みセット」(950円)を頼んでみるのもおすすめ。
名物の串煮込み5種類と煮込み豆腐が一皿に盛られ、千酉足の基本ともいえる煮込みの味を堪能することができます。

 

f:id:sakabaz:20190208120446j:plain

料理人さんがまた渋い。

 

f:id:sakabaz:20190208120458j:plain

「白煮込みセット」

 

ネギが入った容器と一緒に出てくるので、好きなだけのせていただきましょう。

一般的にイメージされる「酒場の煮込み」とは一線を画す、ダシの香りが華やかかつすっきりとした逸品で、だからこそ素材の味が引き立ちます。
たっぷりとうま味の染み込んだ豆腐もたまらない!

 

「涙」の正体とは

さぁ次はどうしよう。
壁のメニューを穴のあくほどじっくりと眺め、一番わからなかった、

f:id:sakabaz:20190208120536j:plain

「涙」(350円)

 

ってのにしてみますか。

 

f:id:sakabaz:20190208120546j:plain

なるほど〜!

 

ほんの少し箸先に付けてなめてみるだけで、ツーンと強烈な辛味が鼻を抜け、文字通り涙が止まらなくなる。
これ、「茎わさび漬け」ってやつですね。

 

f:id:sakabaz:20190208120554j:plain

っていうか、テーブルのメニューには書いてあった……。

 

カップ酒を「ジャケ飲み」

こいつはいけない。
早くあれを頼まなければ茎わさびに申し訳ない。

あれってのはもちろんあれですよ……。

f:id:sakabaz:20190208120606j:plain

カップ酒!

 

完全に「ジャケ飲み」で、カップに「ぶんぶくちゃがま」のタヌキがデザインされた群馬県の「分福正宗 本醸造」(980円)を選んでみました。

甘みと酸味のバランスが良く飲みやすいお酒で、「涙」を少し口に含み、慌てて一口流し込むと、不思議とワサビの辛味が溶けてしまって、お酒のうま味が広がる。
これぞマリアージュ!
そんなことを新宿駅前のビル8階でやっているという愉快さ!


ちなみにナオさんは、『メシ通』に掲載するのにこれ以上ないネーミングの、千葉県のお酒、

f:id:sakabaz:20190208120613j:plain

「通酒」(700円)

 

をチョイス。
糖類、酸味料無添加で、飲み応えのある味わいが、まさに通の酒!

 

f:id:sakabaz:20190208120629j:plain

「ニシンの親子煮」(350円)

 

もう少しおつまみが欲しいと、最後にこちらを追加。

これまた上品ながらもたまらなくお酒が進む味で、あらためて、自分がどこにいるのかわからなくなるような、不思議で楽しい飲み体験をさせてもらえました。

 

f:id:sakabaz:20190208120638j:plain

いい眺めだ……。

 

以上、新宿駅近くにオープンした「千酉足」のレポートでした。

興味深いメニューも豊富で、大人数でわいわいと盛り上がるのにはもちろん、ひとりでふらりと寄って1、2杯という飲み方もばっちりハマる、使い勝手抜群のお店。

何より、友達と新宿で飲もうとなった時、「ちょっとおもしろいお店を知ってるんだけど」と、ここを紹介したりすると、かなりポイントが高い気がするのですが、どうでしょうか〜!?

 

店舗情報

千酉足(ちどりあし)

住所:東京新宿新宿3-20-6 FSビル8F
電話:
03-6384-1881
営業時間:17:00~23:45
定休日:不定休

www.hotpepper.jp

 

書いた人:パリッコ

パリッコ

DJ/トラックメイカー/漫画家/居酒屋ライター/他。FUNKY DANCE MUSIC LABEL「LBT」代表。酒好きが高じ、雑誌、Webなどの媒体で居酒屋に関する記事を多数執筆中。

過去記事も読む

トップに戻る