新定番調味料になるかも!? 新感覚の「トマみそ」を試してみた

f:id:naruse_e:20170131193002j:plain

食べるラー油や塩レモンといった、トレンドの調味料たち。今、密かに注目しているのが「トマみそ」です。「『トマみそ』とはなんぞや?」と思うかもしれませんが、トマトケチャップと味噌を混ぜ合わせただけというそのままのネーミング。和の調味料と洋の調味料を掛け合わせるとどんな味になるのでしょうか。

 

早速チャレンジ!

f:id:naruse_e:20170131184944j:plain

分量は1:1の割合でOK。今回は大さじ2杯ずつ用意しました。

これをよく混ぜ合わせたら出来上がりです。

 

f:id:naruse_e:20170131192939j:plain

少し赤みがかった色になりますが、見た目は完全に味噌。

 

ペロリと味見をしてみると……思ったよりケチャップの味がする。ただ、これだけでおいしいとは言いがたい気が……(※個人の感想です)。

というわけで、「トマみそ」を使った料理を何品か作ってみました。

 

焼きおにぎり

f:id:naruse_e:20170131192701j:plain

  1. 塩にぎりの表面に「トマみそ」を塗る
  2. トースターなどでうっすら焦げ目がつく程度、2~3分焼く
  3. 海苔や大葉などを巻く

 

トマトケチャップも味噌もごはんに合うのだから、おいしくないわけがない! ブラックペッパーや七味などを振りかければ単調な味に変化が出ます。

 

トマみそ炒め

f:id:naruse_e:20170131193002j:plain

  1. 豚肉と、冷蔵庫にある適当な野菜を用意(今回はナスと長ネギ)
  2. 食べやすいサイズにカットした野菜と豚肉をごま油で炒めて、仕上げに「トマみそ」(小さじ1程度)で味付けをする

 

これは白飯のおかずに最適。ネギとの相性が抜群です。焼いただけのネギの上に「トマみそ」をつけて食べるのもよさそう。豚肉以外に鶏肉でも作ってみたい。

 

トマみそ雑炊

f:id:naruse_e:20170131193159j:plain

  1. 鍋にお茶碗1杯程度のお湯を沸かす
  2. ごはんを鍋に入れて、弱火で1~2分煮る
  3. 最後に「トマみそ」を溶かし入れて出来上がり

 

水分量のせいか、味が濃い目の「トマみそ」もグッとまろやかになりました。もし味が薄いと感じる場合は、少し塩を入れて調整すればOKです。今回は雑炊の中に長ネギを入れてみましたが、水菜も合いそう。

 

最後に

塩コショウやマヨネーズではちょっと物足りず、味に変化が欲しいときにあると便利な「トマみそ」。単体ではあまりおいしいものではないですが、料理に取り入れると意外といろいろなものに合いました。おつまみとして、のりにつけてみたり、チーズや豆腐にのせて食べるのもいいかもしれないですね。簡単にできる「トマみそ」、ぜひ一度試してみては?

 

書いた人:ふくだりょうこ

ふくだりょうこ

ライター。1982年大阪府生まれ、東海大学文学部文芸創作学科卒。2006年よりフリーライターとして活動、現在は女性向け恋愛シミュレーションゲームのシナリオなどを主に執筆。締切前のドーナツと、1人焼き鶏、そしてビールとハイボールが日々の楽しみ。日替わり定食っぽい料理を作るのが好きです。

過去記事も読む

トップに戻る