読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食欲と知識欲をシゲキする食メディア

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

お正月でおつかれ気味なお腹に! 本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「ほぐし蟹のかきたまにゅうめん」

f:id:sakanaya-sandaime:20161228143214j:plain

ふんわり、かきたまのコツもね!

お正月も明けて平常モードになりつつ……。だけど、お腹はお正月モード全開だったり(滝汗)美味しい料理やお酒、スイーツもモリモリ食べちゃう時季、お腹もお疲れかな? だったり。

 

今回はお腹に優しいレシピ、ふんわりと仕上げたかきたま、そして新年だけにチョイとぜいたくに蟹ほぐし身を使ってにゅうめんを作りました。ツユは市販の麺つゆ、白だしなどお好みでどうぞ~。

 

魚屋三代目の「ほぐし蟹のかきたまにゅう麺」

【材料】(2人分)

  • そうめん(乾麺) 2人前分
  • カニのほぐし身 100g~お好みで(蟹の缶詰でもOK)
  • かまぼこ 適量
  • キクラゲ 適量(ゆでて切っておく)
  • しいたけ 2枚(切っておく)
  • しらがねぎ 適量
  • 万能ネギ 適量
  • 春菊 適量
  • 溶き卵 卵1個分
  • 水(お湯) 600ml
  • 麺つゆ(市販品/3倍濃縮タイプ) 100ml
  • 酒(日本酒) 大さじ1
  • 水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2:水大さじ1
  • 水 大さじ1

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20161228143310j:plain

1. 鍋に水、またはお湯を入れて火にかけ、沸騰したら酒と麺つゆを加えてよく混ぜます。しいたけ、蟹のほぐし身を入れ、水溶き片栗粉を加えて一煮立ちしたら弱火にします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20161228143312j:plain

f:id:sakanaya-sandaime:20161228143315j:plain

2. 1に溶き卵を箸を伝わせるように細く流し込み、かきたまを作ります。箸で一方向にかき回して流れを作ってから卵を入れるのがキレイに仕上げるコツ!

 

f:id:sakanaya-sandaime:20161228143318j:plain

3. そうめんを固めにゆで(1~1分半)、流水でもみ洗いをして水気を切っておきます。

 

4. 器に3のそうめんを盛り付け、2のかきたま汁をかけたら、かまぼこ、春菊、キクラゲ、しらがねぎを添え、万能ネギを散らします。

 

お好みで柚子皮をのせてもGood!

f:id:sakanaya-sandaime:20161228143325j:plain

このにゅうめん、基本、冷蔵庫や冷凍庫の正月に残った食材でOK! すき焼きで残った春菊や長ネギ、鍋の残りのしいたけなど、お好み野菜を使ってみてください。蟹でなくてもタラなどの魚でも大丈夫! お好みでゴマ油を仕上げに数滴入れても美味しいですし、「お腹疲れてるって!? イヤイヤ、全然元気!!!」そんな方にはしらがネギにラー油や唐辛子を混ぜて、ピリ辛バージョンもオススメです。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年1月の情報です。

トップに戻る