「ごまだれ×ラー油」の簡単「坦々たらちり鍋」が酒飲みにはたまらない件【今週は一人鍋】

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163129j:plain

寒い夜には熱かん、もいいけど、やっぱり鍋。食事にも、もちろんつまみにもなりますしね。(結局、熱かんは欲しくなる……)

魚屋の一人鍋、私の定番は甘塩タラの切り身を使った「たらちり鍋」。これがたまらない! 寄せ鍋も良いがシンプルな具材の「たらちり」も大好きな鍋です。で、今回はちょいとアレンジ! さっぱりポン酢しょうゆ、が定番の「たらちり鍋」を真逆のピリ辛胡麻風味、坦々風に仕上げてみました。市販のごまだれをベースにパパッとできます。しゃぶしゃぶで使ったごまだれ、余ったもの、消費期限が近いものが冷蔵庫で眠っていませんか?

一人鍋のレパートリーも増え、それでいてメッチャ簡単なのでオススメですよ~。

 

魚屋三代目の「坦々たらちり鍋」

【材料】1人前

  • 塩タラの切り身(甘塩) 1切れ
  • 豆腐 1/2丁
  • もやし 1/2袋
  • 長ネギ 1/3本
  • 青菜 お好みのもの(チンゲン菜や小松菜など、入れなくてもOK)
  • ごまだれ(市販品/しゃぶしゃぶ用など)100ml
  • 鶏ガラスープの素(顆粒など) 小さじ1
  • 酒(日本酒) 小さじ1(入れなくてもOK)
  • 味噌、醤油 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 水 200ml
  • ラー油 お好みで

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163452j:plain

1. 甘塩タラの切り身は3等分くらいに切っておきます。長ネギは斜め切り、豆腐も食べやすい大きさに切っておきます。青菜はあれば、でOK。お好きな量を用意してください。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163109j:plain

2. 一人用の鍋(片手鍋やフライパンでもOK)に水を入れ、沸騰したら鶏ガラスープを加えて溶かします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163112j:plain

酒、醤油、味噌とごまだれを加えてよく混ぜ合わせ、砂糖を加えて味を調えます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163121j:plain

3. 次に甘塩タラ、豆腐、長ネギを入れ、甘塩タラに火が通ったら青菜と洗ったもやしを加えて一煮立ちさせます。仕上げにラー油をお好みでかけて下さい。

 

お鍋の〆はうどん or ラーメンでどうでしょう!

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163130j:plain

市販のごまだれで作ったこのピリ辛鍋、酒飲みにはたまらないっ! 気軽に出来ておいしいのですが、魚屋はちょっとぜいたくして、マダラの白子を追加トッピング! はい豪華版!! 酒飲みにはさらにたまらないっす!!!

鍋に入れるごまだれはお好きなもので構わないのですが、メーカーによって甘さや塩気、濃さが違うと思うので、砂糖の量など味見をして加減をしてください。

 

それから、辛いのがお好きな方はラー油を多く入れるか、

f:id:sakanaya-sandaime:20171205163135j:plain

食べる時に粉唐辛子をプラスしてくださいね。豆板醤があれば辛さ増し増し! ごまだれを入れるタイミングで加えてみてください。(豆板醤には塩気があるので、醤油の量を減らすとGood!)

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年12月の情報です。

トップに戻る