あさりとネギ、お酒を入れて火をつけるだけ。魚屋さんの「あさりラーメン」のうま味がスゴっ!【今週はあったかい麺】

f:id:sakanaya-sandaime:20180206180325j:plain

パパッと手軽に出来る市販の生ラーメン。沸騰したお湯で麺を2~3分ゆでて付属のスープをお湯で溶かして丼へ! はい完成! 最近はいろいろな味や有名店とのコラボなどおいしい商品が増えましたよね。私も忙しい時や時間がない時に作るのですが、これがなかなかイケる!

でもね、やっぱりね、時間がなくてもチョイとアレンジしたくなっちゃう時があるんです。普通の市販ラーメンをすごく簡単にグレードアップ出来るレシピを紹介。

といってもほんのひと手間、水を入れた鍋にあさりとネギ、お酒を入れたら火をつけるだけ。あとは袋の表示通りに作れば出来上がり。これで、スープまで飲み干したくなるあさりラーメンが出来ますよ。

 

魚屋三代目の「あっさり! あさりラーメン」

【材料】1人前(市販のラーメン1食分)

  • 市販の生ラーメン(もしくはインスタントラーメン) 1食分
  • あさり(殻付き、砂出し済み) 10個(200g前後)
  • 酒(日本酒または白ワイン) 大さじ1
  • 長ネギの青い部分 適量(もしくは白い部分、なければ抜きで)
  • お好みのトッピング 適量(今回はゆでたキクラゲと春菊)

 

作り方

f:id:hotpepper-gourmet:20180208173155j:plain

1. 水の中であさりの殻をこすり合わせるようにして汚れを落としていきます。

※あさりを洗う時、力を入れすぎると貝殻が強くぶつかって欠けてしまうことがあります。これが口に入るとガリッ、ジャリッとするので砂を食べたと勘違いすることに。スーパーや魚屋さんで売られているあさりやしじみ、砂抜きを済ませているものがほとんどですよ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180206180407j:plain

2. 鍋に洗ったあさりと市販のラーメンに書いてある水の分量を入れ、長ネギの青い部分と酒を加えて点火。中弱火くらいであさりの殻が開くまで熱します。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180206180545j:plain

3. あさりの殻が開いたら取り出し、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180206180417j:plain

煮汁を少し煮立たせてアクと長ネギの青い部分をすくい取ります。付属の液体スープや調味油を、味を見ながら少しずつ加え、鍋に加えてスープの完成です。

あさりからも塩分が出ます。あさりの量が多いと気持ち塩分が強くなるので、付属のスープの量は味見をしながら調節してください。あさり10個くらいでしたら私は気にならないです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180206180422j:plain

4. 別の鍋で記載された時間で麺をゆで、湯切りをしてからスープ、3のあさりと丼に入れます。トッピングはお好みで。(今回は生の春菊とキクラゲを添えました)

 

塩! 醤油! 味噌! 好きなお味でどうぞ~

f:id:sakanaya-sandaime:20180206180353j:plain

あっさりながら、あさりのうま味がギュッと詰まったぜいたくな一杯です。今回は生タイプの塩ラーメンを使いましたが、醤油でも味噌味でも大丈夫!(あさり感を一番味わえるのは塩スープ、かなあ) 最近のインスタント麺もクオリティーが高いので、いろいろ試してみる価値あり!

トッピングには春菊を使いましたが、小松菜や水菜なども合いますし、のり、あおさなどもおすすめ。焼いた鶏肉(チャーシューを作るのが面倒なので)や味玉、メンマなどをトッピングしたらもっと豪華になりますよ。

スープにニンニクや胡椒、ごま油などを加えてもおいしいのでお試しください。ご飯を入れてシメの雑炊風も…… ゴクリ。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。新刊『今すぐ作れる! 10分レシピBEST200』(エイ出版社)に厳選レシピが掲載中!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る