超コンサバなお通しメニュー「スパサラ」をヨーグルト大さじ2で味変してみた

f:id:sakanaya-sandaime:20180216175753j:plain

マヨネーズベースの「スパゲティサラダ」、私の(みなさんも!?)幼い頃から大好きな味。ハムやキュウリにニンジン玉ねぎ、コーンも入っていたりするとテンション上がる~。居酒屋さんのお通しで出てくるのも、うれしい~。

で、オーソドックスなスパサラも良いけど、今回はツナ缶に青のり、と海のものを使った魚屋っぽい1品を紹介します。そして、マヨネーズと一緒に入れるのが「ヨーグルト」。あっさりして食べ飽きない味わいになるんです。そして、スパゲティは冷ます工程で下味をつけたり、油をまわしかけておくと仕上がりがボソボソしなくなりますよ! これ、スパサラをおいしく作るコツ。

市販のサラダ用スパゲティを使えば、ゆで時間は1分! パパッと簡単にできておいしいですよ!

 

魚屋三代目の「海苔ツナスパゲティサラダ」

【材料】作りやすい分量

  • サラダ用スパゲティ(細めのロングパスタでもOK) 100g
  • ツナ缶(油が入っているもの) 1缶(約70g)
  • 玉ネギスライス 1/4個分
  • 青のり粉 小さじ2
  • きざみのり 適量
  • マヨネーズ 大さじ3
  • ヨーグルト(無糖) 大さじ2
  • オリーブオイル(サラダ油でも大丈夫です) 適量
  • 塩 適量

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20180216161833j:plain

1. サラダ用スパゲティをパッケージに記載された方法でゆで、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180216161838j:plain

ゆで上がったら冷水にとってザルに上げておく。(さらにキッチンタオルなどで水気を取っておくと良いです)

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180216161851j:plain

ボウルなどにスパゲティを入れ、ツナ缶の油と少量のオリーブオイルを加えて混ぜ合わせておく。

※ふつうのロングパスタで作る場合は、半分に折ってゆで時間を少し長めにし、水気を切りながら冷ましてください。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180216161847j:plain

2. 1にマヨネーズとヨーグルトを加えてよく混ぜ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180216161843j:plain

次に玉ネギスライスと青のり粉を加えて混ぜ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180216161856j:plain

最後にツナを入れてざっくりとあえる。味見をして塩加減を調節する。

ツナの存在、食感を楽しみたいので最後に加えます。最初から入れてしまうと細かく散ってしまうので……。お好みで先に入れてください。

 

3. 器に盛り付け、お好みの量のきざみのりを天盛りにする。

 

マヨとヨーグルトの比率を変えれば「こってり」も「さっぱり」もお好みで!

f:id:sakanaya-sandaime:20180216175624j:plain

定番のスパサラ。こってりマヨネーズがお好きな方はマヨオンリーでもいいのですが、今回は「あっさり」に仕上げてみました。もっとあっさり味がお好きな方は、ヨーグルトの量を増やすか、少~し牛乳を加えてもおいしいです。(ヨーグルトを入れすぎると酸味が前に来ます)砂糖を加えて少し甘さをつけてもこれまたうまし!

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180216175628j:plain

ツナの代わりにホタテ水煮缶や鯖(サバ)水煮缶でもOK。その場合、缶詰に油が入っていないのでサラダ油やオリーブオイルをスパゲティに加えて混ぜ合わせてくださいね。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。新刊『今すぐ作れる! 10分レシピBEST200』(エイ出版社)に厳選レシピが掲載中!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る