魚屋さんが夏バテ対策に食べている「酒の肴」って?【今週は徹底的にきゅうり】

f:id:sakanaya-sandaime:20180807170959j:plain

こう毎日暑いと食欲もわかず、何を食べていいのかわからなくなりますよね。どうにか食べられるもの、といえば、酸っぱい系とかヒンヤリ系。というわけで、酸っぱくてヒンヤリなもの、今回は私も大好きな「酢の物」を作ります。キャベツも入れて、コールスロー風にアレンジ。これで冷酒や焼酎ロック、たまりません!

そして、魚屋が夏の酢の物におすすめしたいのが「タコ」。タコにはタウリンが豊富に含まれていて、夏バテによる疲労回復や肝機能を改善する効果が期待できます(亜鉛も多く含まれているので血行促進、味覚の正常化も期待できるんです~)。

火を使わないのでキッチンに立つのも苦ではないですし、めちゃくちゃ簡単にできます。わが家では夏の作り置きにおなじみの一品です。

 

魚屋三代目の「きゅうりとタコの和風コールスロー」

【材料】2人前

  • ゆでだこの足 1本(100gくらい)
  • きゅうり 2本
  • キャベツ 2枚
  • 塩 小さじ1弱
  • 寿司酢(市販品) 大さじ3
  • 輪切り唐辛子、黒胡椒 お好みで

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171051j:plain

1. きゅうりは輪切りにし、キャベツは粗めの千切りにして、ボウルに入れて塩をふる。よく混ぜたら5~6分おき、手でよくしぼる。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171127j:plain

2. タコの足をスライスし、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180808175922j:plain

1と一緒にボウルに入れる

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171141j:plain

※タコの足はそのままだとスライスしにくいので、縦半分に切るとスライスしやすくなります。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171156j:plain

※スライスするときは、包丁を立てたり寝かせたりをウネウネと動かしながら切っていくと、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171215j:plain

写真のように切った面が波立ち、調味料やドレッシングなどが絡みやすくなります。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171248j:plain

3. 寿司酢をまわしかけ、よく混ぜ合わせて冷蔵庫で30分ほど味をなじませる。

※寿司酢使わない場合は、家にある酢50mlに砂糖大さじ1、塩小さじ1をよく混ぜて、味見をしてお好みの味に調節してください。

 

アクセントで輪切り唐辛子や胡椒をふってもおいしいよ!

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171312j:plain

我が家では、ご近所の農家さんからきゅうりをたくさんいただいたときに一気に作るこの「和風コールスロー」。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180807171409j:plain

ちょっぴり刺激が欲しい方は、唐辛子や黒胡椒を仕上げにふってみてください。ミョウガや大葉を加えてもおいしいですし、お子さまウケにはコーンもおすすめですよ。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。紹介する魚300種以上、切り身から缶詰までプロならではのウマイ魚料理がいっぱいの最新刊『魚屋三代目のうまい!魚定番レシピ』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る