【気づき】安い「マグロのぶつ」は「串焼き」にすればいいのか【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20180911154803j:plain

マグロのぶつ、ちょうどいい大きさに切ってあってすぐ食べられるし、お財布にもやさしいですよね~。たまに筋がない赤身やトロなどが混じっていることもあって、いろんな意味で本当にお得です。

私はこのマグロのぶつをよく「ヅケ」にして酒の肴にするのですが、漬けたものをさらに焼けば、これが新たなおいしさ! 今日は即席「マグロの串焼き」の作り方を、オススメの食べ方と一緒に紹介します。

 

魚屋三代目の「マグロの串焼き」

【材料】2人前

  • マグロのぶつ切り 2人前(200gくらい)
  • 大葉、青海苔、わさび 適量
  • 長芋(すりおろす) 適量
  • すだちなどの柑橘類 お好みで

(A)

  • 醤油 大さじ4
  • みりん 大さじ2
  • 酒(日本酒) 大さじ2

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20180911154820j:plain

1. 漬けだれのみりんと酒を耐熱の器に入れ、混ぜたらラップをせず電子レンジ(600w)で40秒加熱しアルコールを飛ばします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911154857j:plain

醤油を加えて粗熱をとっておきましょう。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911154925j:plain

2. ボウルなどにマグロのぶつ切り(刺身用)を入れ、1の漬けダレを加えてもみ込み、ラップをして冷蔵庫で1時以上漬け込みます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911154938j:plain

※私はひと晩漬け込みました。(しっかり漬け込むのがオススメ)

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911154954j:plain

3. 漬け込んだマグロに串を打ち、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911155104j:plain

持つ部分の竹串が焦げないようにアルミホイルで包んで魚焼きグリルで焼きます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911155116j:plain

今回は中火で6分前後焼きました。

※焼き加減はお好みでどうぞ。刺身用なので「強火で焼いて中はレア」でも大丈夫です。

※魚焼きグリルは外側のほうが火力があるので、持ち手を内側に並べています。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180911155147j:plain

4. 器に大葉を敷き、焼きあがった漬けマグロの串焼きをのせ、ワサビとスダチを添えます。すった長芋に青海苔を散らした器を添えれば完成。

 

とろろに青海苔、焼いたマグロに絡めて食べるとこれまたウマし!

f:id:sakanaya-sandaime:20180911155158j:plain

しっかりと味付けをして焼いたマグロを、焼き鳥感覚でワサビをつけたり、スダチをしぼったりしてパクッ。刺身とはまた違ったうま味がたまりませんよ。それから私がオススメするのは、すった長芋に青海苔。これを焼いたマグロに絡めて食べるともう最高!(とろろにワサビを加えても良いですし、スダチだって合いますよ)

マグロは焼きたてが一番おいしいのですが、冷めて身が締まっても大丈夫。お弁当のおかずにもイケるくらいです。

安いけどちょっと量が多いな、なんてマグロのぶつのパックに出合ったら、これからは迷わず買うべし。半分は刺身のままでその日のうちに、もう半分は漬けにして次の日おいしく食べればいいんです!

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。紹介する魚300種以上、切り身から缶詰までプロならではのウマイ魚料理がいっぱいの最新刊『魚屋三代目のうまい!魚定番レシピ』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る