秋はさんまもいいけど脂ののった「かつお」もね。ハワイ飯「かつおのポキ」でおいしさ倍増【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20180926082238j:plain

秋とくればさんまもいいけど、かつおもウマい! 秋のかつおは「戻り鰹」なんていって、脂のりも最高。今回はそのかつおを「ポキ」にしてみました。ポキ(ポケ)とはハワイの料理。日本でいう「漬け」と同じ料理、マグロで作ればアヒ・ポキ、今回のかつおの場合はアク・ポキというみたい。酒の肴によし、ご飯によし、お刺身やタタキに飽きたらぜひ、ポキにしてみてくださいね。

 

魚屋三代目の「かつおのポキ」

【材料】2人前

  • 刺身用かつおのさく(または刺身) 2人前
  • 塩 少々
  • かいわれ菜、オニオンスライス お好みで
  • 炒りごま、大葉の千切り、万能ネギ(小口切り) お好みで

(A)

  • ポン酢(市販品) 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • ごま油、しょうがみじん切り 小さじ1
  • すりおろしにんにく(チューブなど) 少々

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20180926082308j:plain

1. (A)の材料をよく混ぜてタレを作ります。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180926082947j:plain

2. かつおを小さめのひと口大に切り、塩を少々ふっておきます。水気が出たらキッチンペーパーで軽くおさえます。

※こうして軽く「塩締め」して余分な水分やクセを出し、身を引き締めうま味も強くします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180926083000j:plain

3. タレにかつおを入れ、5分以上味をなじませます。

 

4. 器にオニオンスライスを敷き、3のかつお、かいわれ菜、大葉を添えて炒りごま、ネギをふります。

 

ご飯にのせればかつおのポキ丼! ポキボウル!

f:id:sakanaya-sandaime:20180926083225j:plain

切って漬けるだけ、超簡単なポキ。甘辛、ちょい酸っぱのタレがかつおのうま味をじわ~っと引きだしてくれます。オニオンスライスのシャキシャキ感もアクセントに。海藻サラダやアボカド、うずらの卵をトッピングしても最高です。お好みでマヨネーズをかけてもおいしいですし、ポキのタレに輪切り赤唐辛子や、刻んだ生の青唐辛子を加えると、辛いもの好きにはたまらない1品になります。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20180926083208j:plain

そして、このポキをタレごとご飯にのっければポキ丼、ポキボウル! 大盛りご飯もモリモリ食べられちゃいますよ。タレは市販のポン酢で簡単に作れるので、試してみてくださいね。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。紹介する魚300種以上、切り身から缶詰までプロならではのウマイ魚料理がいっぱいの最新刊『魚屋三代目のうまい!魚定番レシピ』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る