「ブリの照り焼き」を5分ちょっとで照りっ照りに焼いてみた【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20190206154949j:plain

ブリがおいしい季節。この時期は「寒ブリ」と呼ばれ、身に脂がのって最高!

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155011j:plain

刺身やしゃぶしゃぶもおいしいのですが、なんといっても「照り焼き」、これがウマい! というわけで、今回はその照り焼きを紹介しようと思うのですが、「時短でおいしく焼く方法はないの?」なんて、お店でもお客さまに時々聞かれることがあるんです。答えは「あり」です!

時短といえば、ブリの切り身に小麦粉や片栗粉をまぶしてフライパンで焼く方法もあるのですが、それよりもさらに手軽なやつでいきましょう。小麦粉などを使わずとも、後片付けが簡単なフライパンで、照りっ照りで香ばしく仕上がるブリ照りレシピを紹介しますね。調味料も、家にあるもので大丈夫です!

 

魚屋三代目の「ブリの照り焼き」

【材料】2人前

  • ブリの切り身 2切れ
  • 油 少々
  • 水 大さじ2
  • 付け合せに菜の花 お好みで(塩を加えたお湯でサッとゆでて冷水で冷やしました)

(A)

  • しょうゆ、みりん、酒 各大さじ2
  • 砂糖 大さじ1

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155041j:plain

1. 最初に行うのが、ブリの切り身に塩を振ること。切り身全体に軽く塩(分量外)を振り、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155201j:plain

10分置いておきます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155212j:plain

すると、切り身の表面から水分が浮いてくるのでキッチンペーパーなどでおさえて吸い取りましょう。

※塩を振ることで青魚特有のクセ、生臭さなどを和らげます。これは浸透圧の働きによって、身の内部からクセや臭いなどが水分と一緒に外へ出るためです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155227j:plain

2. 次に照り焼きのタレを作ります。(A)をよく混ぜ合わせてください。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155342j:plain

フライパンに油を熱してなじませ、余分な油はキッチンペーパーなどで拭き取ります。そこにブリの切り身を加え、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155503j:plain

中強火くらいで表面に焼き色をつけて取り出しましょう。火は一度、止めておきます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155610j:plain

3. ブリを取り出したフライパンに、合わせておいた(A)のタレを加えます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155718j:plain

フライパンを回しタレを伸ばすと余熱でグツグツと煮立つので、そこに切り身を戻します。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155742j:plain

ふたをして中弱火~弱火で2分、焦げつかないよう、タレの様子を見ながら火の調節をしましょう。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155758j:plain

フライパンのふたを開け切り身を返したら、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155826j:plain

大さじ2の水を足し、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155838j:plain

ふたをしてさらに2分蒸し焼きにしたら、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155857j:plain

完成! 器に盛り付けタレはお好みでかけ、あれば付け合わせの野菜を添えます。

※最後、ふたをしてからの火加減、タレの焦げに注意です! フライパンから離れず、もしタレが煮詰まったり、焦げそうになったりしたら、水を少しずつ足して調節して下さい。

 

ふんわり、照り照りの秘密は……

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155934j:plain

小麦粉などをまぶさなくても、しっかりとタレが絡んだ、照りっ照りの「ブリの照り焼き」!

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190206155950j:plain

切り身に焼き色をつけ、ふたをして蒸し焼きにする工程が入るので、身がふわりと仕上がります。蒸し焼きにすることでタレの蒸発を緩やかにし、切り身に付いたタレが蒸されることで照りが強く、味もしっかり付きます。

さらに、タレが焦げる一歩手前で水を加えるので、切り身に香ばしさも加わります。照り焼きは香ばしさも大事ですからね!

とにかく注意をしてほしいのは、最後のふたをして蒸し焼きにする時です。焦げる一歩手前と書いた通り、火加減、水加減に注意しないと本当に焦げます……。とはいえほんの2分ほどなので、フライパンの前に立ってしっかり見てさえおけば大丈夫。ふっくら照り照りのブリ照りが待ってますよ!

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。紹介する魚300種以上、切り身から缶詰までプロならではのウマイ魚料理がいっぱいの最新刊『魚屋三代目のうまい!魚定番レシピ』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る