「たらこ」をオイル漬けにしてみたら、酒の肴にもご飯のおともにも最高だった【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183823j:plain

焼いてご飯のおともにしたり、酒の肴を作るのが面倒な時にはそのまま食べても文句なしの「たらこ」。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183847j:plain

塩気と旨味、プチプチした食感もたまらないですよね。

そんなたらこのおいしさを、最大限にアップさせてみませんか? 方法は簡単、「オイル漬け」すること。オイルに漬け込むことでコクと旨味が増し、塩気もマイルドになります。漬けたオイルにも塩気や風味が移るので、パスタソースやドレッシングなどに残さず使えます。

シンプルにオイルだけで漬けても良いのですが、今回は風味付けでたらこと一緒に大葉(青じそ)、赤唐辛子も漬け込みます。ハーブを加えたイタリアン風もご紹介しますね。

注意点
  • 冷蔵庫で長期保存せず、たらこ調理(完成)後は速やかに食べきりましょう。
  • リステリアによる食中毒に注意が必要です。予め以下ページをご覧いただいた上で、ご自身の判断で作成・保存するようにお願いいたします。

 

魚屋三代目の「たらこのオイル漬け」

【材料】作りやすい分量

  • たらこ 1腹(2本)
  • 大葉 5~6枚
  • サラダ油 適量
  • オリーブオイル(エキストラバージン推奨) 適量
  • 輪切り赤唐辛子 お好みで

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183835j:plain

1. 大葉を洗い、キッチンペーパーなどで水分を取り除いておきましょう。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183853j:plain

たらこは、つながっていたら包丁で切り分けておきます。

ちなみに、たらこはスケトウダラの卵巣で、左右の卵巣が1セットで「1腹(はら)」になります。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183839j:plain

2. よく洗って煮沸消毒、またはキッチン用のアルコール除菌スプレーなどで消毒をした保存容器に大葉を敷き入れます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183859j:plain

3. たらこを加え、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183907j:plain

たらこが半分ほどかぶるまでサラダ油、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183917j:plain

さらに全体がかぶるまでオリーブオイルを注ぎます。

オリーブオイルは香りと風味が強いので、オイル漬けでもすっきり仕上げたい時にはサラダ油を使うか、このようにサラダ油と半々にして使うのがおすすめです。今回は、大葉ですっきりと和風のオイル漬けにしたかったのでサラダ油も入れました。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183922j:plain

お好みで輪切り赤唐辛子を加えてください。

今の季節ならミョウガ(分量外)を適量加えるとさらに風味が増します。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183937j:plain

4. 一晩以上、冷蔵庫で味をなじませれば完成です。

 

ハーブを入れて「たらこのイタリアン風オイル漬け」

【材料】作りやすい分量

  • たらこ 1腹(2本)
  • ディル(生のもの) 5本
  • ニンニク 1片(芯を取ってスライス)
  • オリーブオイル(エキストラバージン推奨) 適量
  • 輪切り赤唐辛子 お好みで 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183944j:plain

1. 作り方は大葉バージョンと同じで、大葉の代わりにディルとニンニクを入れます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183950j:plain

2. こちらはイタリアン風にオリーブオイルのみで漬け込みます。 お好みで輪切り赤唐辛子もどうぞ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183959j:plain

3. 一晩以上、冷蔵庫で味をなじませれば完成です。

 

どうやって食べてもおいしい

f:id:sakanaya-sandaime:20190730183829j:plain

しっとりと漬かったたらこは、ちびちびと酒の肴につまむもよし、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730184009j:plain

冷奴のトッピングにしたり、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730184013j:plain

ご飯にのっけて食べてもよし。今の季節なら、そうめんや冷たいうどんのトッピングにもぜひ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20190730184021j:plain

ハーブを入れたイタリアン風は、バゲットや冷製パスタ、サラダのトッピングにぴったり。ハーブはローリエやローズマリーでもおいしいです。

じゃがいもとも相性が良いので、じゃがバタにプラスしたり、タラモサラダを作る時にも使ってみてくださいね。

 

※記事初出時、表記に不正確な箇所があったため加筆・修正いたしました。大変申し訳ございませんでした(2019/8/6)

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。紹介する魚300種以上、切り身から缶詰までプロならではのウマイ魚料理がいっぱいの最新刊『魚屋三代目のうまい!魚定番レシピ』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る