さば缶を一滴残らず入れる「1人麻辣鍋」の真っ赤なスープで、ほとばしる激辛欲を満たせそう【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101831j:plain

朝晩と冷え込んでくるこれからの季節には、食べて身体の中から温まるお鍋が最高です。

辛い鍋、激辛な鍋が好きな私がオススメするのが「簡単1人麻辣鍋」。お肉を使わず、さば缶で辛くて痺れる鍋を、パパッと作っちゃいますよ。1人鍋ですから、好きなだけ激辛に仕上げてください。

さば缶は、以前「1人酸辣湯鍋」にも使いましたが、

www.hotpepper.jp

“1缶丸ごと”が1人鍋にぴったり。分量を量る手間もなく、火の通りも気にしないでいいので使いやすいです。

 

魚屋三代目の「さば缶で1人麻辣鍋」

【材料】たっぷり1人前

  • さばの水煮缶 1缶(内容量200gくらい)
  • 白菜 適量
  • キクラゲ 適量
  • ニラ 適量
  • たけのこ 適量
  • 長ネギ(みじん切り) 1/3本分
  • ごま油 大さじ1
  • 赤唐辛子 1本(種を取り除く)
  • 粉唐辛子、豆板醤 各小さじ1
  • 花椒(ホールタイプ) 小さじ2(パウダータイプなら小さじ1)
  • おろしニンニク、おろししょうが チューブで各1cm

(スープ)

  • お湯 300ml
  • 鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ2
  • オイスターソース(あれば) 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ2(オイスターソースがなければ大さじ1)
  • 酒 大さじ1(紹興酒がオススメ)
  • 旨味調味料 少々(あれば)

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101856j:plain

1. 熱した鍋にごま油を加え、長ネギのみじん切り、赤唐辛子を入れて中火で炒めます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101901j:plain

さらに豆板醤、粉唐辛子、花椒、おろしニンニク、おろししょうがを加え、香りが出るまで炒め合わせ、鍋の火を止めます。

今回のレシピでは本当に激辛に仕上がるので、粉唐辛子、豆板醤、花椒はお好みで半分にしてもOK。それでも十分に辛いです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101909j:plain

2. 鶏ガラスープをお湯で溶き、オイスターソース、しょうゆ、酒、旨味調味料を加えてよく混ぜ合わせておきます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101915j:plain

3. 1の鍋に混ぜ合わせたスープを注ぎ入れたら(油はねに注意)再び火を点け、中火で一煮立ちさせます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101921j:plain

4. 鍋にさばの水煮缶を汁ごと入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101930j:plain

食べやすい大きさに切った白菜、キクラゲ、たけのこ、ニラを加え、野菜に火が通れば完成。

 

締めはそうめんがウマい

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101944j:plain

たっぷり1人前のさば缶麻辣鍋。飲みながらつつくなら2人で食べても満足です。体の芯からポッカポカになりますよ~。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017102601j:plain

辛さの中に、さばや野菜の旨味をじんわり感じます。激辛好きなら、食べる時にラー油や花椒パウダーを追加して激辛欲を満たしてください。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017101954j:plain

締めは中華麺も良いのですが、茹でて水気を切っておいたそうめんもオススメ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20191017102004j:plain

さらに本格的に作りたい方は、八角、クコの実、五香粉を加えると薬膳風になります。入れるタイミングは、スープを加える時でOK。どのスパイスも、小袋の使い切りサイズもスーパーで売られていて便利ですよ。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る