簡単に作れる「麻辣牡蠣鍋」のスープの味が深すぎる【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155249j:plain

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。

寒い日、冷え込む夜は手間いらずの鍋がいい。というわけで今回の鍋は、旬の牡蠣の風味を活かしたウマ辛な牡蠣鍋。豆板醤と花椒を使ったHOTな中華鍋「麻辣牡蠣鍋」の美味しい作り方を紹介しますね。

ニンニクとショウガで香味豊かに仕上げ、辛さも加えたスープで体の中から温まりましょう。辛さアップ、痺れをプラスはお好みで!

 

魚屋三代目の「麻辣牡蠣鍋」

【材料】約2人前

  • 加熱用むき牡蠣 8個
  • 大根(皮をむいて5mmのイチョウ切り) 真ん中~葉に近い部分を3cm
  • 白菜(食べやすい大きさに切る) 2枚
  • 長ネギ(ななめ切り) 1/4本
  • ニラ(みじん切り) 適量
  • 白いりごま 適量
  • ごま油 少々
  • 花椒(パウダータイプ)、ラー油 お好みで
  • ニンニク(みじん切り) 1片(10g程度)
  • ショウガ(みじん切り) 10g
  • 豆板醤 小さじ1~お好みの量
  • 輪切り赤唐辛子 お好みの量
  • 鶏ガラスープ(顆粒タイプ、中華スープでもOK) 小さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1
  • サラダ油 大さじ1
  • お湯 300ml

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155357j:plain

1. まずは牡蠣の下処理から。牡蠣は流水でサッと水洗いをしてボウルなどに入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155819j:plain

塩と片栗粉(いずれも分量外)をふり、優しくもむようにかき混ぜます。(牡蠣100~150gに対し塩小さじ1、片栗粉大さじ1が目安)しばらくすると灰色の汚れが出てきますので、流水で水が濁らなくなるまで牡蠣を洗います。

このひと手間で嫌な臭みが取れ、おいしい牡蠣が食べられます。鍋に限らず、牡蠣を料理する際は試してみてください。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155326j:plain

2. フライパンにサラダ油を入れ、ニンニクとショウガを加えたら弱火で炒めます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155330j:plain

ニンニクとショウガが色付きはじめ、香りが出てきたら赤唐辛子と豆板醤を入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155336j:plain

炒め合わせましょう。

豆板醤は油で加熱すると香りと風味が上がるので、ひと手間ですがこの作業は大事になりますよ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155341j:plain

3. お湯に鶏ガラスープを加えて溶かし、フライパンに入れたら、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155346j:plain

しょうゆと砂糖を加えてスープを作ります。

味を見て塩気が足りなければ、塩、もしくはしょうゆを足して下さい。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155353j:plain

4. 鍋に大根、白菜、長ネギを入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155403j:plain

3のスープを加えて中火で加熱します。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155417j:plain

5. 野菜に火が通りやわらかくなったら、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155425j:plain

1の牡蠣を加え、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155434j:plain

ニラを散らし、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155441j:plain

蓋をします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155310j:plain

6. 3分ほど煮て蓋を取り、牡蠣に火が通ってふっくらとしていたら、最後にごま油と白いりごまを加えて完成です。お好みでラー油、花椒を足してください。

 

豆板醤は油で炒めて風味と香りをアップ

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155459j:plain

豆板醤、ニンニク、ショウガなどを油で炒めておくことで、スープに深みが出ます。ぷりぷりの牡蠣をその絶品スープでいただくのは、まさしく冬のご馳走です。

鍋に入れる野菜は冷蔵庫にあるもので大丈夫。キャベツ、チンゲン菜、小松菜などの葉物や、キノコ類、あとは豆腐を入れても美味しいです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200129155320j:plain

辛さ調節は豆板醤を増やすか(入れ過ぎると塩辛くなるので注意)、ラー油、もしくは粉唐辛子などを加えてみて下さい。お酢を少々加えても美味しいですよ。牡蠣の旨味が染み渡ったスープは感動モノなので、麺類、ご飯を加えてシメまで楽しんでくださいね。

 

ちなみに、生食用の牡蠣と加熱用の牡蠣の違いって?

以前お店で、「生食用の牡蠣は鮮度がいいもので、加熱用は生食できなくなったものなの?」とお客さまに聞かれたことがあります。じつはそんなことはなく、生食用も加熱用も鮮度に関しては一緒。生食用は、滅菌洗浄プールなどで2~3日ほど絶食させてから出荷したものなんです。

ただし、鮮度は同じとはいえ加熱用は絶対に生で食べないでくださいね。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る