【魚屋さん推奨】牡蠣は家で「牡蠣しゃぶ」にするとぷりっぷりになって二度ウマい

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172436j:plain

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。

今が旬の真牡蠣は、11~3月くらいまでが美味しい時期(一般的に食べられている牡蠣が真牡蠣。もう1つ、夏に旬を迎える岩牡蠣もあります)といわれています。身が成熟し、ぷりっぷり。その旬の中でも1月と2月、そして3月と寒い時期が最もウマいんです。

というわけで、前回の「麻辣牡蠣鍋」に引き続き、

www.hotpepper.jp

今回も牡蠣の美味しい食べ方を紹介します。牡蠣をシンプル且つ美味しく食べる「しゃぶしゃぶ」です。

使うのは、生食用の牡蠣のむき身。そのまま食べて美味しいのはもちろんですが、少し火を入れることで牡蠣の身にプリプリと張りが出て、口に入れると生とは違った歯切れが楽しめます。そして、しゃぶしゃぶにすることで旨味も凝縮します。旬の美味しさが詰まった牡蠣を、家でじっくり堪能してください。

 

魚屋三代目の「牡蠣しゃぶ」

【材料】2人前

  • 生食用のむき牡蠣 10~12個
  • 水 500ml
  • 出汁昆布 5g
  • 酒(日本酒) 大さじ1
  • 長ネギ 1/2本(ななめ切り)
  • ポン酢しょうゆ(市販品)、ゴマだれ(市販品) お好みで
  • 薬味ネギ、七味or一味 お好みで

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172453j:plain

※牡蠣は、加熱用を生食すると食中毒を引き起こすなど危険です。今回のしゃぶしゃぶも「生食用」とあるものを購入してください。

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172442j:plain

1. 出汁昆布を濡れ布巾などで拭いて鍋に入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172446j:plain

水を注いで30分置いてから、弱めの中火でゆっくり10~15分かけて煮出します。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172456j:plain

この時、沸騰する前に昆布を取り出しましょう。

沸騰させながら煮出してしまうと、えぐみや海藻臭さが出てしまいます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172502j:plain

2. 鍋に日本酒、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172510j:plain

長ネギを加えます。煮立たったら弱火にします。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172507j:plain

3. 生食用の牡蠣を流水で洗い、水を切ったら準備OK。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172525j:plain

4. 鍋に牡蠣を入れたら、お好みの火の入れ加減で、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172551j:plain

ポン酢しょうゆや、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172557j:plain

ゴマだれ(ポン酢しょうゆとゴマだれを混ぜたゴマだれポン酢も◎)につけて、お好みで薬味ネギや七味、一味とともにお召し上がりください。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172543j:plain

しゃぶしゃぶする時間は、生食のように食べたい場合は湯通し程度で。生の風味を残しつつプリッとした食感を味わいたいなら30~40秒。しっかりと火入れをした牡蠣の身を食べたい方は、90秒くらいが目安です。

 

牡蠣のエキスたっぷりのスープも味わい尽くして

f:id:sakanaya-sandaime:20200212172532j:plain

ほどよく火が入ってぷりっぷりの牡蠣の身は、レモンやスダチのしぼり汁だけで食べても絶品です。

そして、しゃぶしゃぶしたスープには牡蠣のエキスが一杯詰まっているので、シメにはうどんを入れて、ポン酢しょうゆやゴマだれをつけて「牡蠣汁うどん」もたまりません。しょうゆで味を付けたら、ご飯を入れて「牡蠣汁雑炊」にしたり、みそを溶いて「牡蠣だしのみそ汁」にしてもいいですね。

牡蠣が一番美味しいこの時期、ぜひ食べてみて下さい。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る