家でキャンプ飯「焼きサバ炊き込みご飯」を弱火15分で炊くレシピ【魚屋三代目】


f:id:sakanaya-sandaime:20200713165654j:plain

バーベキューやアウトドア飯好きの私が、ここ数年愛用している取っ手付きのアルミ製飯ごう。

飯ごうとしてご飯を炊くのはもちろん、焼いたり、蒸したりと、万能のアウトドアクッカーです。軽くてガンガン使え、汚れたらタワシでゴシゴシ……。使い続けるほどに味が出るこの飯ごうでご飯を炊くと、雰囲気といい味といい、何ともいえぬ満足感が得られるんです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200714095149j:plain

今回は、その取っ手付き飯ごうを使った“家キャン”レシピ。コンビニでも手に入る「サバの塩焼き」を使って、家のガスコンロで香ばしい炊き込みご飯を作っちゃいます。

初めは強火→途中でかき回して弱火、などご飯の炊き方はいろいろありますが、今回は火加減の調節は必要なし、最初から最後まで弱火で15分の簡単バージョンです。

なお、仕上げでご飯を蒸らすのに専用の保温バッグがあると便利ですが、なければ家にあるタオル(溶ける可能性があるため、化学繊維の入っていないもの)でぐるっと包めば大丈夫です。

 

魚屋三代目の「焼きサバ炊き込みご飯」

【材料】1~2人前

  • サバの塩焼き(市販品) 1パック(半身程度)
  • 米 1合
  • しょうがのみじん切り 小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ2
  • みりん 小さじ1
  • 水 200ml

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20200713165758j:plain

1. 米を研いで飯ごうに入れ、水を入れたら、30分~1時間、浸しておきます。

とにかく美味しくてあっという間に食べ終わってしまうので、今回は2台同時に炊いています。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200714095049j:plain

2. 浸水が済んだら、調味料の分、小さじ3ほどの水を捨て、しょうゆとみりんを加えて軽く混ぜます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200713165817j:plain

3. さばの塩焼きをのせ、しょうがのみじん切りを散らしたら、フタをしっかり閉めます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200713165831j:plain

炊いている途中でフタがずれないよう、重石をしておくのもおすすめです。私は金属製のトリベット(鍋敷き)をのせ、取手をフタ側に折り曲げて炊いています。陶器の皿などもよいと思います。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200713165825j:plain

4. 弱火で15~20分炊きます。火加減の目安はこれくらい。

まずは、水分がフタから少し漏れ始め、次に湯気が上がります。

音がグズグズという低音から、

パチパチという高音に変化したら、香りをチェック。

香ばしい匂いがしていたら炊き上がり。火を止めましょう。

おこげを作りたければ、さらにもう少し火を入れます。少し焦げるような匂いがしたら、美味しいおこげができた合図です。

 

f:id:recipeblog:20200915135309j:plain

5. 炊けたら蒸らして仕上げます。今回はタオルで飯ごうをしっかり包んで10分蒸らしました。

飯ごうは熱くなっているので火傷に注意。軍手は必須です。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200713165853j:plain

6. フタを開けると、こんな感じに炊きあがっています

 

しょうゆとみりんだけでも、取っ手付き飯ごうで炊くと何倍にも美味しく感じる

f:id:sakanaya-sandaime:20200713165845j:plain

サバの身をほぐしながら、ご飯をざっくりと混ぜ合わせていただきます。1人で食べるなら、飯ごうを丼がわりにしてそのまま味わってみてください。香ばしく焼かれたサバの旨味と脂が米に染み込み、しょうがの風味が全体をピシッとまとめ上げています。

調味料はしょうゆとみりんだけなのですが、飯ごうで炊くと何倍にも美味しく感じられるのは家キャンの醍醐味ですね。お好みで刻んだ青ねぎ、白いりごまを散らしても美味しいですよ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200714095128j:plain

今回使った取っ手付き飯ごうは、17×6cm、深さ10cmほどの1.8合炊き(私は1.5合くらいまでで使っています)のもの。たくさん炊く時には、3.5合炊き(写真左、実際は3合くらいが炊きやすい印象です)のラージサイズを使っています。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20200713170630j:plain

ホットケーキやソーセージから、ラーメンやパスタなど麺類までおまかせの取っ手付き飯ごう。新調した際は、焦げつき防止に米のとぎ汁で煮て表面に膜を張る「シーズニング」などのひと手間が必要ですが、でも、そんな苦労はあっという間に忘れるほど、美味しく炊きあがったご飯は感動モノですよ。

取っ手付きアルミ飯ごうで家キャン、もちろんアウトドアにも、超おすすめです。

ところで、前回はチャーハンに使いましたが、パック入りの焼き魚は骨が取り除かれているものもあるので本当に食べやすいんです。

www.hotpepper.jp

サバ以外にも鮭、ホッケなどお好みの焼き魚で炊き込みご飯ができますよ。

※記事初出時、表記に不正確な箇所があったため加筆・修正いたしました。大変申し訳ございませんでした(2020/9/18)

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る