高タンパク低カロリーの冷凍ロールいかを「いかのしょうが焼き丼」にしたらやわらかくて甘くてウマい【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140559j:plain

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。

今回は、いかを使ってご飯がすすみまくる丼レシピを紹介します。

使うのは、スーパーなどの冷凍コーナーで売られている冷凍ロールいか。これが肉厚で安くて、高タンパク低カロリー、使い勝手がメチャ良いのです。

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140614j:plain

やわらかくて甘いこのいかをしょうが焼きにして、ご飯の上にのっけちゃいます。

そしてこの丼、意外なトッピングで味変するのがまた楽しいんですよ。

 

魚屋三代目の「いかのしょうが焼き丼」

【材料】2人前

  • ロールいか(冷凍) 200g
  • 玉ねぎ 1/2個(繊維に沿って5mm厚くらいに切る)
  • サラダ油 大さじ1
  • ご飯 2膳分
  • 水 1Lくらい
  • 薬味ねぎ お好みで

(しょうが焼きのタレ)

  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒(日本酒) 大さじ2
  • おろししょうが 小さじ2(チューブで4cmくらい)
  • おろしにんにく 小さじ1(チューブで2 cmくらい)

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140618j:plain

1. ロールいかは流水にさらして解凍し、キッチンペーパーなどで水気をとったら、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140621j:plain

5mm間隔で2/3くらいの深さまで縦に包丁を入れていきます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140626j:plain

5cmくらいの長さで切り離し、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140631j:plain

90度回転させ、包丁で斜めに一度切り込みを入れてから、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140635j:plain

1cmくらい空けて二度目で切り離します。切り込みを入れては切り離し、これを繰り返します。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140640j:plain

一口大に切っただけでも良いのですが、こうして包丁を入れておくとタレが絡みやすくなります。「花切り」といわれる切り方で、食べたときの歯切れもよく、薄皮も気になりません。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140507j:plain

2. 鍋に水を入れて沸かし、日本酒(分量外、大さじ1)を加え、切ったいかを1分ほど茹でたら、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140511j:plain

ザルにあげておきます。切り込みを入れたところがキレイに開いていますね。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140515j:plain

3. しょうが焼きのタレの材料はよく混ぜ合わせておきます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140519j:plain

4. フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、玉ねぎを入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140525j:plain

焼き色がつくまで炒めてから、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140530j:plain

いかを加えます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140534j:plain

5. しょうが焼きのタレを入れ、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140540j:plain

強火にして炒め、

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140549j:plain

タレが煮詰まってきたら火を止めます。

 

5. 丼にご飯をよそい、いかのしょうが焼きをのせたら、お好みで薬味ねぎを散らして完成。

 

マヨネーズと七味でコッテリピリ辛に!

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140604j:plain

おろしにんにくを少し入れたしょうが焼きのタレは絶品。しっかり味でやわらかいいかによく絡んで、ご飯がすすんじゃいます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140554j:plain

これだけでも間違いなく美味しいのですが、おすすめの味変がとろろのせ。牛丼にもあるこのトッピング、とろろが甘辛いいかとご飯をつつんでもう最高です。市販のとろろで十分、美味しいですよ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20210513140610j:plain

それから、するめやいか焼きに定番のマヨネーズと七味唐辛子、この組み合わせもGood! マヨネーズのこってり感と七味のピリ辛が、やっぱりいかに合うんです。

途中から味変するもよし、最初からかけてしまうもよし、トッピングありバージョンもぜひためしてみてくださいね。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る