脂がのったブリ刺身で毎日一人鍋。めんつゆに飽きたらトマトジュースの「ブリトマト鍋」もウマい【魚屋三代目】

f:id:recipeblog:20220119112911j:plain

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。

この時期、脂ののった美味しいブリの刺身やサクがスーパーなどでお安く手に入ります。寒い日は刺身で手軽にブリ鍋をするのがおすすめですよ。ブリ鍋はめんつゆで味付けしても美味しいですが、

www.hotpepper.jp

今回は、食べ飽きないようにちょっと洋風の味付けで。トマトジュースをベースに即席ながら濃厚なトマトスープを作り、ブリと合わせる「ブリトマト鍋」を紹介します。うま味のあるトマトスープでブリのうま味がさらに増して、お酒にもご飯にも合う洋風鍋になりますよ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144833j:plain

ブリは、養殖もののサクを切って使いました。脂ノリノリのお腹側です。ブリの切り身には背中側とお腹側があって、写真のように皮が白っぽいのがお腹側です。

 

魚屋三代目の「ブリトマト鍋」

【材料】1人前

  • ブリの刺身 7切れくらい(あれば厚切りで。サクを1.5cm~2cmの厚さの刺身にするのもおすすめ)
  • かぶ(葉と茎を切り落とす) 1個
  • オクラ(ヘタを切り落とす) 2本
  • トマトジュース(無塩タイプ) 300ml
  • 白ワイン(なければ日本酒) 大さじ1
  • コンソメスープの素(キューブ) 1個(顆粒なら小さじ2)
  • おろしにんにく 小さじ1/2
  • 塩 少々
  • 粗びき黒こしょう 適量

 

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144919j:plain

1. ブリは、今回はサクを1.5cmくらいの厚さの刺身にしました。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144910j:plain

時間があれば、片面に軽く塩をふって5分ほどおくのがおすすめです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144902j:plain

出てきた水分はキッチンペーパーなどで吸い取ります。

塩の浸透圧で青魚の特有の臭いが余分な水分と一緒に抜け、味が染み込みやすくなり、軽く塩気もつき、より美味しく食べられますよ。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144817j:plain

2. かぶは皮を剥き、4等分のくし切りにします。

かぶは厚めに皮を剥くことで、食べたときに筋が気にならなくなります。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144852j:plain

3. 鍋にトマトジュースを入れます。

今回は1人用の土鍋を使っています。保温性が高く、冷めにくい土鍋で作るのがおすすめです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118144844j:plain

白ワインとコンソメスープの素(指で砕いて入れると溶けやすいです)、おろしにんにくを加えて混ぜたら、中火でひと煮立ちさせ、塩で味を調えます。これでトマトスープは完成です。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118145148j:plain

4. 3にかぶ、オクラを入れて、フタをして弱火で3~4分煮ます。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118145159j:plain

5. フタをとり、ブリの刺身を2~3切れ入れ、仕上げに粗びき黒こしょうをふっていただきます。

ブリは刺身なので、火の通りを心配する必要はなし。お好きな加減で食べてください。

 

トマトスープが即席とは思えない美味しさ! ブリによく合います

f:id:recipeblog:20220119112944j:plain

うま味がギュッと凝縮された濃厚トマトスープは、ほどよい酸味もあって、ブリのうま味をいい感じに引き立ててくれます。寒くなって甘みが増したかぶもトマトスープによく合いますよ。粗びき黒こしょうが全体の味を引き締めてくれるので、たっぷりふるのがおすすめです。かぶのかわりに大根や長ねぎでもOKです。

 

f:id:sakanaya-sandaime:20220118145134j:plain

味変でピザ用チーズをちらすのもGOOD。コクが増してさらに美味しい鍋になりますよ。

ブリは、一度にすべて入れて煮てしまうと、最後の方で火が通りすぎてかたくなってしまいます。数切れずつ入れて食べていくのがおすすめです。土鍋ならなかなか冷めないので、テーブルに運んでもスープは食べ終えるまで熱いままいただけました。

鍋のシメは、ブリの脂が溶けたスープにご飯を入れたトマトリゾットで。追いチーズと追い黒こしょうをして、最後の最後まで楽しんでくださいね。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る