10分ちょっとで刺身用タコはもっとウマくなる【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。

今頃になって夏の疲れが出てきますよね。今年はまだまだ暑い日もありますし……。そんなときにはタコ! タコを食べてください! うま味たっぷりのタコは栄養豊富で、昔から疲労回復によいといわれてきました。

今回は、そのタコの刺身をさらに美味しく食べるべく、うま辛のたれで漬けにして、ご飯にたっぷりのっけてみました。箸が止まらなくなるくらいウマいですよ。

ちなみに、今回使ったタコはマダコです。お店で買えるタコとしてはミズダコ、ヤナギダコなどもありますが、数的にはマダコが一番多いです。

 

魚屋三代目の「タコの刺身のうま辛漬け丼」

【材料】1人前

  • 茹でダコ(刺身用。ブツ切りでもOK) 100g程度
  • ご飯 1人前
  • すりおろしにんにく 5g
  • 卵黄、薬味ねぎ お好みで

(A)

  • しょうゆ 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • コチュジャン 大さじ1
  • ごま油 大さじ1

 

作り方

1. ボウルに(A)を入れ、

よく混ぜ合わせて漬けだれを作ります。

(A)の調味料はすべて同量なので覚えやすいですよ。

 

2. タコは、2cmくらいに切ります。ブツ切りならそのままでOKですが、大きければ2cmくらいに切ってください。

 

3. 1にタコを入れ、

 

よく混ぜ合わせたらラップをかけて、冷蔵庫に10分ほど入れて味をなじませます。

 

3. 丼にご飯をよそい、

漬けにしたタコを盛り付けて完成です。

 

今回は卵黄を落として、薬味ねぎを散らしました。

 

うま味たっぷりのタコに漬けだれが絡む!

プリプリとした食感のタコは、噛めば噛むほどうま味が口の中に広がります。今回は、そこにうま味と辛味、そして、ごま油とにんにくの風味が重なった漬けだれがこれでもかと絡みつきます! 

今回は卵黄を落としたので、さらにまろやかで濃厚な味わいに。10分漬けるだけで、刺身のまましょうゆで食べるよりさらに深い味わいを感じられますよ。

食べてみて辛さが足りなければ、一味唐辛子をふれば刺激たっぷりに。ご飯にのせずに、そのまま酒の肴にしても最高です。

ちなみに、このうま辛のたれは、タコのほかイカ、ホタテなどの貝類、マグロやカツオ、ブリなど青魚の刺身を漬けても美味しいですよ。

 

タコは、高タンパク、低糖質、そして低カロリーなばかりか、ビタミンやミネラルも含む優秀な食材。クセもなくて食べやすく、うま味たっぷりなので、いろいろな食べ方を試してみてください。以前ご紹介した炊き込みご飯もおすすめです。

www.hotpepper.jp

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る