【森翔太】ワッショイ豚祭り! 料理研究家の奏でるプロ直伝の豚料理!!

f:id:Meshi2_IB:20150512171053j:plain

映像監督や俳優として活躍し、「仕込みiPhone」で文化庁メディア芸術祭の受賞歴も持つ森翔太が、読者の夫婦のお宅へおじゃまして、夫婦の普段通りの食事をご馳走になります。リアルに将来や結婚のことを考え始めた32歳に、夫婦の在り方を教えてください……!

今回は、おいしみ研究家とその旦那さんご夫婦のお宅へおじゃまします!

 

森翔太の「お宅の夫婦茶碗、お借りします。」
ワッショイ豚祭り! 料理研究家の奏でるプロ直伝の豚料理!!

f:id:Meshi2_IB:20160623201056j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「こんにちは! 森です! 神奈川横浜市の根岸駅にやってまいりました!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623201237j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「今回のご夫婦、お会いするのは初めてなんですよねえ。人見知りにとってこの時間は緊張ですよ」

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160705174119j:plain「早く行きましょう……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624152122j:plain

▲ドキドキでドアホンを押す押す32歳

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205511j:plain

▲ガチャ

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「こんにちは! 訪問販売などではありません!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205730j:plain

夫:変太郎

エンジニア。趣味は舌つづみ。

 

妻:みもっと公式サイトInstagramFacebook

おいしみ研究家。タイ料理の教室を開いている。好きな食べ物は鮭の皮。

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「いらっしゃーい」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「どうぞどうぞ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「お会いするのは、初めてですよね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「そうですね。はじめまして」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「存じ上げてはいたんですが、いざお会いすると緊張しますね!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623211525j:plain

▲ど緊張の森にサルのぬいぐるみが手渡され、場が和む

 

さっそくお家を拝見

f:id:Meshi2_IB:20160623211129j:plain

▲インテリアがとてもかわいい!

 

f:id:Meshi2_IB:20160623210931j:plain

▲ウッド調のすてきなリビング

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「壁にタツノオトシゴがいる!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「これ、点灯するんですよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「えっ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623211745j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160623211803j:plain

▲なぜかキメ顔

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「どうして根岸に?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「ぼくの実家が近いので」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「窓からの景色がまたいいですね……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「晴れた日はもっときれいなんですよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623211628j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160623211656j:plain

▲ベランダからは工場地帯が……。工場萌えにはたまらん!

 

お手伝い

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「お部屋を楽しませていただいたところで、さっそく恒例のお手伝いを!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「ふ~む、どうしようかな……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623211909j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「私たち、ウインタースポーツが好きでスキーとスノーボードを持ってるんですよ。シーズンが終わって、片付けたいのでワックスがけをしていただけませんか?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「え! したことない……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「ベランダで僕が教えますよ。その前に、ベランダを掃除してもらえると……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「おやすいごようです!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160628134116g:plain

▲というわけで、慣れた手つきでベランダ掃除を済ませたの巻(この連載はベランダ掃除が多いなぁ)

 

スノーボードのワックスがけ

f:id:Meshi2_IB:20160623212615j:plain

▲きれいになったベランダに、スキー板を移動

 

f:id:Meshi2_IB:20160623212716j:plain

▲まずが旦那さんがお手本を。固形のワックスを、専用のアイロンで溶かしながらかけていく

 

f:id:Meshi2_IB:20160623212754j:plain

▲ぼくも挑戦!

 

f:id:Meshi2_IB:20160623212829j:plain

▲直接アイロンをかけて均等にワックスがけする

 

f:id:Meshi2_IB:20160623212908g:plain

f:id:Meshi2_IB:20160623213033j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「無事に終了しました!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「いや~、完璧ですね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「ああ……。部屋の中からなんだかいい匂いがしてきてますよ」

 

料理制作

f:id:Meshi2_IB:20160623213202j:plain

▲肉がどかーん!

 

f:id:Meshi2_IB:20160623213233j:plain

▲料理研究家のみもっとさん。さすがの手さばきで調理が進んでいく

 

f:id:Meshi2_IB:20160624131842j:plain

▲肉のオンパレード! 肉祭や! 一体なにが……!?

 

f:id:Meshi2_IB:20160624131959j:plain

▲揚げられていく肉。肉がダンスを踊っている

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132049j:plain

▲ああああ、おいしそうだーー!!!

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132140j:plain

▲次に登場したのは笹。一体これは?

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132213j:plain

▲にゃあああ! ひょっとすると……ひょっとするんじゃない!?

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「森さん! シウマイ作りを手伝ってください」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「はいっ!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132306j:plain

▲みんなで楽しくシウマイむにむに

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「皮にこうやって餡をいれて包んで……。最後に逆さにして頭に片栗粉をつけてください

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「シウマイ作りなんて初めてだ~!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「シウマイは餡をたっぷり入れてウエストをきゅっと絞るのがコツです!(※成形するときに、真ん中を鼓のように細くします)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160628130403g:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「意外と簡単にできるんだね!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「お子さんと一緒にやっても楽しいと思いますよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132526j:plain

▲わいわいしながらみんなでシウマイを作る。とっても楽しいひととき

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132602j:plain

▲シウマイかわいいね

 

料理完成

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「お待たせしました。料理完成!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「ぎゃーー!!!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132707j:plain

▲酢豚。中華ちまき。中華風のお漬物が並ぶ

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「めっちゃおいしそう! 一品一品が力強いぞ! 笹がいい匂い!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「どうぞどうぞ、召し上がってください!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132801j:plain

▲かんぱーーーい

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132906j:plain

▲まずはちまきから……。ああ、笹のいい香りだよ……

 

f:id:Meshi2_IB:20160624132950j:plain

▲おこわの中にゴロゴロ転がる豚肉。テンションマックス

 

f:id:Meshi2_IB:20160624133023g:plain

▲パクっ

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「食べた瞬間に広がるおこわと肉汁……。うまーーい!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「餅米だからむちむち感がありますよね。この間、通っている料理教室で習ったばかりのちまきなのですが……。今回初めて復習しました!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「竹の葉は、一緒に中華街に買いに行ったんです。お店のおばちゃんも、『自分で作った方が美味しいよね~』って言ってたな」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「ちまきは、タイ料理に似た調理法のご飯があります。蓮の葉でご飯を包むのですが、うるち米で作り、蓮の実や腸詰が入るんです。私の料理教室でも大人気なんですよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624133240j:plain

▲そうこうしているうちにシウマイも蒸し上がりました

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「シウマイもおいしいねえ。これ、売れるね!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「おっ、自分で作ったから言うねえ(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「シウマイも酢豚も全部がおいしい……。さすがプロです!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「本日は、全部に豚が入った『豚祭り』がテーマでした」

 

料理教室にはどういう人が来るの?

f:id:Meshi2_IB:20160624134435j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「みもっとさんは料理研究家ですが、どういう流れで?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「そうですね。元々、広告系の仕事をしてたのですが辞めちゃって『何しよう?』って……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「料理をしたいから辞めたとかじゃないんだ。見切り発車(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「料理は好きでしたよ。ただ明確なビジョンはあまりなかったかな……。何ができるかなと思ったときに、あ、タイに行ったときに習ったお料理だ! と。料理家でやっていくぞ~って(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「僕も脱サラしてるんで、境遇は似てますが……。みもっとさんの場合、好きこそものの上手なれがめちゃんこ上手くいったんですよね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「ほぼイチから勉強でした。炒め方、揚げ物の温度、スープのとり方、調理のプロセスとその意味。正式にお料理を学んだのが初めてでしたので……」

 

脱サラ・モラトリアム

f:id:Meshi2_IB:20160624134838j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「話は戻りますが、広告系の仕事で多忙を極めていたあるとき、夫のタイ赴任についていく形で休職してタイに移り住んだんです。1年ちょっと休んでいたのですが、もう二度とサラリーマンには戻れないかもしれない……って」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「でも、そのときの経験が今につながったんですよね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「タイにいるときは、午前中に家事、午後は友達と遊ぶ、みたいな自由気ままな生活でしたよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「僕も脱サラ後は、生活費をゴミ拾いで稼いでましたよ。結構いい家具が道に捨てられていたりするので。今じゃ信じられないですけど。捨ててある家具とかを、リサイクルショップに売るんです。当時のぼくは、ひもが一本あればなんでもできました」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「ひもは便利ですよね。いろんなことに使えるからね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「えっつ!? なにに使うんだ……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624135210j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「森さんは、前向きなニートだったんだと思いますよ。私もそうだけど、とりあえずなんとかなるはずっていう、変な思い込みがあってここまでやれたから」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「もし当時の自分に会いにいけたら、『大丈夫。これから人生楽しくなるよ』って伝えたいです」

 

どんな日常生活を送ってるの?

f:id:Meshi2_IB:20160624135358j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「とはいえ、みもっとさんは料理のプロじゃないですか。ご主人がうらやましいです。普段はどんなものを?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「あるものでちゃちゃっと作る感じですよ。夫にも結構手伝ってもらってます。タイ料理で、小さい玉ねぎみたいなのがあって、料理教室用なんですけど、それを1キロ剥いてもらったり」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「エビの殻をむきまくったりね。そういう単純作業ならできます(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「あと、普段タイ料理を専門にしてるから、家でまで食べたい気持ちにならなくて。昼夜レッスンを入れてますからね。たとえば、ワインに合う料理とかも好きでよく作ります。昨日はカブ祭りでしたよ。ホワイトソースを作って、グラタンにカブをのっけたり、カブとホタテ焼いたり。よくテーマを設けるんです」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「基本的に何でもうまいからなー」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「おっ! ほめられたっ! あと実験の場っていうと語弊があるかもですが、普段作る料理は、色んなことに挑戦していってます。実験結果を食べてもらってる感じ」

 

 

みもっとさんの料理教室

f:id:Meshi2_IB:20160624135957j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「僕の今年の目標のひとつ、料理がうまくなることなんですよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「素敵。ぜひ教室に来てください。ほとんどが独身女性ですし(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「え! ちなみに……。レッスンに来られる方って、料理ができない人が多い?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「そうでもないかな。タイ料理って特殊なんで、元々料理が好きでタイ料理も作りたい! って人が多いです。1レッスン3時間ぐらいかかっちゃうんですけど、カレーも全部ペーストから作る感じなんですよ。カップルで来る人もいるし」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「ん? カップル?」

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160705174119j:plain「森さんは考えたこともないでしょうが、きっと料理教室で愛を育んでるんですよ……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「3組ぐらいで来て、わぁ~って騒ぐ人たちもいます。酒とか持ってきて宴会みたいになるから、結局私が全部作る(笑)。まあそれは極端な話ですが、お料理作るのはハードルがあるけど、一緒に食べたい、って人も歓迎してますよ。奥様が作って、できたころに旦那様が登場ってパターンもあります。森さんも恋人といらしてね(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「恋人……。がんばります……!」

 

f:id:Meshi2_IB:20160628131007j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160628131012j:plain

▲東横線、都立大学駅徒歩3分に構える「おいしみ研究所」では、ペーストから手作りのタイ料理教室を開催しています

 

今後の目標

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「私、中華を習いたくって、専門学校で習い始めたんですよ。そしたらまず鶏ガラを15kg用意します、みたいな感じで全部量が多いんですよ。仕上がりが60kgのスープとか。どういうことだ?ってなっちゃって」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「中国って大家族主体だから」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「いや、プロ向けだからでしょ(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「タイ料理が専門なのに、今は中華をお勉強中?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plainタイ料理の調理法って中華料理に通ずるものが多いんですよ。似たメニューもあるし。炒めたり揚げたりもっとうまくなりたい。中華を覚えることで、絶対タイ料理にも還元されるんです。色々模索しながら、何パターンか作って自分と相性のいいものを見つけ出したいです」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「たとえば、今後ヨーロッパ料理に進むことも?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「興味はつきないですからね。いつかやるかもしれないです」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「専門分野を広げていってるんですね。すごい……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624145057j:plain

 

馴れ初め

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「僕は横浜生まれで、高校までは横浜の学校に通って、大学が池袋の立教大学でした。そこで出会ったんです」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「私が大学4年生のとき、夫は院生だったんですよ。たまたま、そこの研究室の先生がどっか行っちゃったから、遊び放題だったんです。よく研究室で遊んだり、みんなで飲みに行ったりする中で仲良くなってました。そのころ一緒にスノーボードに行ったりとかも」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「そのときは付き合ってなかったんですよね?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「はい。卒業してお互い就職して、5年くらい会わなかったんです。あるとき、共通の友達が『合コンしよう!』って言うので行ったら、そこにいた(笑)。それでお付き合いするようになりました」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205837p:plain「あるときふと、母校にチャペルがあったから、そこに見に行ってみようってなったんだよね。別に、結婚しようって話はなかったんだけど。1年先まで予約がとれないって聞いていたから、試しに予約してみたらあっさりとれちゃって(笑)人気のある場所なのに予約できるなんて縁起がいいね~って。そして結婚。僕は愛媛に単身赴任してて、今は月イチぐらいで横浜に帰ってきてます」

 

f:id:Meshi2_IB:20160624145239j:plain

▲タイの簡易敷クッション。これ欲しい!

 

 

結婚生活のコツ

f:id:Meshi2_IB:20160628130734j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160628130724j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160628130650j:plain

海の写真は、しまなみ海道。駐車場でポーズをとっているのは、これからフジロックに行くときの写真。2人は毎年フジロックに行かれるらしい。僕も行きたいよ〜!

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「月イチで、ということは、あまり会えてないですよね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「基本的にバラバラの期間が長くて、結婚生活の半分以上は別々かもしれないですね……」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「そういう生活をうまくやるコツってありますか?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205759p:plain「あんまり気にしないことかな。悶々としててもしょうがない。自分を楽しむっていうか。私もあんまり人といすぎると、緊張してすぐに便秘になるから(笑)。相手が、自立してるって大切なことかも。……なんて言ってるけど、一人のときに普通の日常生活が送れてるか自信ありませんよ。クリーニング取りに行けないとか。旦那さんが帰って来たときにすべて進む感じです」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623205035p:plain「お互いが個々の生活を楽しみながら、でもちゃんと相手をフォローしていく。お互いが自立し合っているからこそのことですよね」

 

f:id:Meshi2_IB:20160623201016j:plain

と、いうわけで。このたびも最高のご飯をいただいてしまったわけです。

そして、なんだかすっごくほっこりする空間だったんですよ。おふたりの人柄なんだなと思いました。

相変わらず、「結婚ってなんだろうなぁ」と答えを探しながら生きている僕ですが、いやはや、次回もナイスカップルを求めてゆきますよ!

 

※余談ですが、先日後輩に会ったとき、「森さん、『メシ通』の連載やってるじゃないですか。あれ、いつ森さんが辛くなって辞めるか、いつもドキドキしてますよ」って言われました。僕はこう言ってやりましたよ……。

「きみは若い。結婚とは何かをわかってないな」と。

すると彼は僕にこう言いました。

「僕、今度結婚するんですよ……

「え……」

 

 

撮影:石川真魚

 

ご夫婦がお気に入りのお店

シシリヤ

住所:神奈川横浜市中区相生町1-7和同ビル1F
電話:045-671-0465
営業時間:17:00~翌1:00 ※ランチ営業なし
定休日:日曜日

「ものすごく美味しいナポリピッツァが食べられます。石窯で焼きたてのマルゲリータは、たまらないおいしさ! 1人1枚なんて、当然ぺろりと行けちゃいます。隣の3人(お父さんと娘さん2人)は、「お母さんには内緒!」と言いながら、12枚ペロッと食べて、持ち帰りもしてました。 (怖)」

 

奇珍楼

住所:神奈川横浜市中区麦田町2-44
電話:045-641-4994
営業時間:11:30~15:00、17:00~21:00
定休日:木曜日(祝日は営業、前日または後日休み)

「オレンジのドアが目印の昔懐かしい中華そばがおいしいお店。レトロな店内を裏切らない懐かしい味。中華にうるさいハマっ子も、大好きな有名店です。それぞれの中華そばごとにスープの味が違います。チャーハンのビジュアルも世界一かわいい。焼売も一口サイズながら大変秀逸で、とにかくハズレが無い。夫婦がそろったら必ずうかがうお店です。」

 

三郎寿司

住所:神奈川横浜市中区元町1-51
電話:045-681-0123
営業時間:月曜日〜金曜日 12:00〜14:00 土曜日・日曜日・祝日 12:00〜15:00 月曜日〜日曜日 17:30〜22:30
定休日:不定休

「旬の美味しいネタが食べられる江戸前寿司。築地・横浜で仕入れた新鮮な魚を、丁寧な仕事で仕上げます。 大将とおかみさんの絶妙な掛け合いや2代目のおしゃべりも魅力。元町界隈では、おしゃべり寿司と呼ばれているとかいないとか。」


森翔太に食事を作っていただけるご夫婦を大募集!

森翔太の「お宅の夫婦茶碗、お借りします。」では、読者のみなさまから、森翔太をご自宅に招き、食事を作ってご馳走していただけるご夫婦を大募集しております! メシ通Twitterアカウント(@mesitsu)宛に「森翔太の企画へ応募したい」とツイート or DMしてください。その後は、メシ通スタッフがDMを送らせていただきます!
※フォロー外からDMを受信できる設定にしておくか、メシ通アカウントをフォローしておいてください。

自慢の手料理やご自宅がある、森翔太に頼みたい家事や面倒事がある、森翔太に記念ムービーを作ってほしい、などなど、素敵なご夫婦のみなさまからの応募をお待ちしております!
※顔出し出演OKな方を優先させていただきます。

 

書いた人:森翔太

森翔太

映像監督/俳優。1983年生まれ。映画「タクシードライバー」にインスパイアされて制作したガジェット「仕込みiPhone」の動画が、YouTubeにて通算約400万再生、国内外のテレビメディアで取り上げられた。第17回 文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品、Ars Electronica2014入賞。「映像作家100人」(BNN社)などの書籍掲載。サントリー"C.C.Lemon"「仕込み筋肉 3号機」、NISSAN"リーフ"「充電ラブストーリー(エレキングバンド&篠崎愛)」などの監督する。なんにせよ、将来は見えない。

過去記事も読む

トップに戻る