叩いて粘りが出たアジが納豆とすこぶる絡む「アジ納豆丼」の作り方【ツジメシの付箋レシピ】

f:id:tsujimeshi:20190925102607j:plain

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。

今回は、僕が以前からよくやっている、アジと納豆を合わせた丼です。

マグロと納豆を合わせたものはよくありますが、アジと納豆の組み合わせも美味しいです。叩いて粘りが出たアジが納豆とよく絡み、ご飯がすすみますよ。

ひきわり納豆を使ったお手軽バージョンと、豆の味がしっかりした大粒の納豆を叩き、アジも漬けにする濃厚バージョンの2つのレシピをご紹介します。

 

今回のレシピメモはこんな感じ。

 

f:id:tsujimeshi:20190925102617j:plain

まずは、ひきわり納豆を使ったお手軽バージョンです。

 

ツジメシの「アジ納豆丼」

【材料】(1人分)

  • アジ(刺身用) 70~80g
  • ひきわり納豆 1パック(40~50g)
  • ご飯 1膳分
  • ガリ(生姜甘酢漬け)、またはたくあん 適量
  • 白いりごま 適量
  • 卵黄 1個
  • しょうゆ 適量

 

アジは刺身になっているものを使うと手軽です。

 

f:id:tsujimeshi:20190925102638j:plain

 

作り方

f:id:tsujimeshi:20190925111121j:plain

1. アジは3mmほどの幅に細切りにしてからさらに細かく切り、粘りが出るよう包丁で軽く叩く。

 

2. 叩いたアジをひきわり納豆と混ぜ合わせる

 

3. ご飯を器に盛り、汁気を切って粗く刻んだガリ(またはたくあん)、白いりごまを混ぜ込む

 

f:id:tsujimeshi:20190925111248j:plain

4. ご飯に2をのせ、卵黄ものせる。しょうゆをかけていただく。

 

食感のアクセントがうれしい

f:id:tsujimeshi:20190925102612j:plain

ねっとりしたアジと納豆に対し、ご飯にはガリ、ごまなどを混ぜ込んで食感のアクセントにしています。汁物があれば言うことなしです。

おろしショウガやわさび、刻みネギを添えるのも美味しいですよ。

それから、“残った白身どうする問題”ですが、僕は「白身を泡立ててご飯の下に忍ばせる」ことが多いです。詳しくはこちらで紹介しています。

www.hotpepper.jp

 

次は、叩いた粒納豆に、漬けにしたアジを合わせる濃厚バージョンです。

 

より食べ応えあり「アジ納豆丼(漬けバージョン)」

f:id:tsujimeshi:20190925102641j:plain

【材料】(1人分)

  • アジ(刺身用) 70~80g
  • 粒納豆(大粒タイプ) 1パック(40~50g)
  • ごはん 1膳分
  • ガリ(生姜甘酢漬け)、またはたくあん 適量
  • 卵黄 1個
  • 大葉 2~3枚

(A)

  • しょうゆ 小さじ2
  • みりん 小さじ1
  • 白すりごま 小さじ1/2

 

作り方

1. アジは5mmほどの幅に細切りにしてからさらに細かく切り、粘りが出るよう包丁で軽く叩く。

漬けにするため、やや大きめにします。

 

2. ボウルなどに叩いたアジ、(A)の材料を入れて混ぜ、ラップをして冷蔵庫に10分ほど入れておく。

お好みで、ごま油(分量外)を適量入れるとさらにコクと香りがアップします。

 

f:id:tsujimeshi:20190925102643j:plain

3. 納豆を包丁で叩く。

オーブンシートの上でやるとまな板が汚れず、後始末が便利です。

 

4. ご飯を器に盛り、汁気を切って刻んだガリ(またはたくあん)を混ぜ込む。

 

5. ご飯に、2、3、卵黄を盛り、刻んだ大葉を飾る。

 

f:id:tsujimeshi:20190925111425j:plain

口の中でご飯とアジ納豆を一緒に噛みしめると、漬けダレでさらに引き出されたアジの旨味と、納豆の豆っぽさやつぶつぶ感がたまりません。

なお、アジ納豆はご飯にのせず、そのまま、もしくは海苔で巻いて食べるとおつまみにも対応してくれます。秋の家飲みにぜひ。

 

作った人:ツジメシ

ツジメシ

本名は辻村哲也、ツジムラの飯でツジメシです。本業は各種製品を手がけるプロダクトデザイナーながら、料理好きが高じて間借り飲食店でも料理中。手抜き日常食からマニアックな料理まで図解したレシピが人気。著書に『付箋レシピ デザイナーときどき料理人のスケッチごはん』(アース・スターエンターテイメント)。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る