ほろにが「わた入りさんまご飯」が、簡単ですさまじく美味しい【ツジメシの付箋レシピ】

f:id:tsujimeshi:20191120131846j:plain

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。

僕はよく「魚を焼いて米にのせて炊く」というのをやります。鍋の蓋を開けると、焼いた鯛がどーんとのっている「鯛めし」なんかがおなじみですが、いろいろな魚で美味しくできます。たとえば、この時期に一度は作りたくなるのが「さんまご飯」。今回は、さんまの内臓(わた)を一緒に炊き込んだ、さんまご飯の作り方をご紹介します。

わたを入れることで、さんまならではのほんのりした苦さが加わり、味にぐんと深みが増します。味付けは塩と少しのしょうゆ、しょうがだけ。これで十分な美味しさですよ。

今回のレシピメモはこちら。土鍋でも、炊飯器でも簡単に美味しく炊けます。

 

f:id:tsujimeshi:20191120131919j:plain

 

ツジメシの「わた入りさんまご飯」

【材料】(1人分)

  • 米 120g
  • さんま 1尾
  • しょうが 皮ごと細切りで大さじ1程度
  • 水 160ml
  • 塩 小さじ1/3
  • しょうゆ 小さじ1/2

 

作り方

f:id:tsujimeshi:20191120132044j:plain

1. 米は洗って15分浸水してからザルにあげ、15分ほど水切りしたら鍋(炊飯器で炊く場合は内釜)に入れる。

 

f:id:tsujimeshi:20191120131933j:plain

2. さんまは腹に切れ目を入れてわたを取り出す。

さんまのわたは、腹に包丁を入れて簡単に取り出せます。

 

3. さんまの身は水洗いして水気をよく拭き取り(腹の中も)、炊く鍋(炊飯器)に合わせて半分に切り、両面に塩2、3つまみ(分量外)をふっておく。

 

f:id:tsujimeshi:20191120131943j:plain

4. 2で取ったわたをフライパンに入れて中火にかけ、油が出てふつふつしてから少し炒め、しょうゆを2、3滴(分量外)ふって火を止める。

 

f:id:tsujimeshi:20191120131951j:plain

さんまが飲んだうろこがわたに入っていることもあるため、炒めたわたをザルなどで一度濾すと安心です。

 

f:id:tsujimeshi:20191120132037j:plain

5. 魚焼きグリルや焼き網で、強めの中火でさんまの身を焼く。

後で米と炊く時に火が入るので、表面が香ばしく焼けていればOKです。

 

f:id:tsujimeshi:20191120132050j:plain

6. 米を入れた1の鍋に4を散らし、5をのせ、しょうがを散らす。水に塩としょうゆを入れてよく溶かし、さんまをのせた米に回しかける。

 

7. 炊飯器の場合はそのまま炊飯する。

鍋で炊く場合は、蓋をして弱めの中火にかけ(できれば10分ほど。時間をかけて沸騰させると美味しく炊けます)、軽く沸いてきたら一旦火を強めしっかり沸騰させる。そこから弱火にして12分、火を止めて10分蒸らす。

火を止める直前、パチパチという音がするまで10秒ほど強火にすると美味しいおこげができます。

 

8. 炊き上がったら、さんまの頭と中骨、ヒレをはずし、ざっくり混ぜていただく。

 

わたは炒めてから入れると香ばしさアップ

f:id:tsujimeshi:20191120132122j:plain

味付けは控えめですが、さんまとしょうがの風味でしみじみと美味しい秋の炊き込みご飯です。

 

f:id:tsujimeshi:20191120132107j:plain

お好きな汁物と、漬物代わりに以前ご紹介した「大根の鬼おろし」を添えても美味しいですよ。

www.hotpepper.jp

さんまを焼くのは生臭さ防止と香ばしさを足すため。焼きすぎない方がしっとり美味しくできあがります。また、わたを取り出して炒めるのも生臭さ防止と香ばしさのため。炒めてから入れるほうが美味しいです。

ちなみに土鍋は鋳物などの鍋に比べて鍋と蓋の機密性が低いです(そもそも蓋に穴もあいています)。そこで僕は、土鍋でご飯を炊くときは、蓋に裏からこんな風にアルミホイルをかぶせて使っています。

 

f:id:tsujimeshi:20191120132058j:plain

こうすると鍋と蓋が密着し圧力がかかって美味しく炊けるような気がしています。(お試しになる際は、吹きこぼれには注意してください)

 

作った人:ツジメシ

ツジメシ

本名は辻村哲也、ツジムラの飯でツジメシです。本業は各種製品を手がけるプロダクトデザイナーながら、料理好きが高じて間借り飲食店でも料理中。手抜き日常食からマニアックな料理まで図解したレシピが人気。著書に『付箋レシピ デザイナーときどき料理人のスケッチごはん』(アース・スターエンターテイメント)。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る