「納豆、豚ひき肉、春菊の手抜きフィデウア」という材料入れて火をかけるだけのお手軽パスタ料理【ツジメシの付箋レシピ】

f:id:tsujimeshi:20200205111737j:plain

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。

フライパンに材料を全部入れて火にかけるだけのお手軽パスタ調理システム「手抜きフィデウア」。

www.hotpepper.jp

このフィデウアに僕がよく使う「納豆と豚肉」のパターンから、最近とくによく作るものをご紹介します。

加熱に時間のかかる野菜はパスタと一緒に入れて蒸し煮のように火を通しますが、今回使う春菊のような葉物は仕上げに加えて、パスタの余熱で半生で食べるのも美味しいですよ。

今回のレシピメモはこちら。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111742j:plain

 

ツジメシの「納豆、豚ひき肉、春菊の手抜きフィデウア」

【材料】(1人分)

  • 春菊 大きめ1本
  • オリーブオイル 小さじ1
  • にんにく 1かけ
  • 唐辛子(1~2mmの輪切り) 4個
  • お好きなロングパスタ 100g
  • 納豆(粒でもひきわりでもOK) 1パック
  • 豚ひき肉(あれば粗びき) 60g
  • 水 150~200ml
  • 塩 2つまみ(2g)
  • 玉子 1個

作り方

1. にんにくは1mmほどの均一な厚さにスライスする。春菊は茎と葉に分け、茎は2~3cmに切り、葉は長いものは半分に切っておく。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111747j:plain

2. フライパン(1人分なら直径20cmものがちょうどいいです)にオリーブオイルをひき、にんにく、唐辛子を散らす。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111752j:plain

3. パスタを3つ折りにして平らに並べる。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111758j:plain

4. パスタの上に納豆と豚ひき肉を散らし、塩を溶かした水を注ぐ。

水の量は、パスタが浸るか浸らないかくらいがちょうどいいです。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111806j:plain

5. 蓋をして火にかけ、沸騰したら沸騰を保つ程度の火加減に落とす。

パスタが茹であがるのに標準茹で時間+1~2分かかります。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111811j:plain

6. パスタが茹で上がる時間から逆算して3~4分前に玉子を割り入れ、春菊の茎も入れ、すぐ蓋をする。

これで玉子は柔らかめの半熟になります。春菊の茎もここで入れると適度な歯ごたえに仕上がります。

 

f:id:tsujimeshi:20200205111815j:plain

7. 水分がほぼなくなり玉子が好みの半熟になったら火を止め、春菊の葉を散らし、オリーブオイルをひと回しかけ、黒こしょうを適量振る(どちらも分量外)。

 

ナンプラーを使うとより奥深い味わいに

f:id:tsujimeshi:20200205111821j:plain

加熱した納豆のねっとりとした食感がパスタに絡んで美味しいです。春菊好きの方はもちろん、納豆好きの方はぜひお試しください。納豆は、大粒ならより納豆らしい風味とねっとり感が、ひきわりならよりパスタになじむ感じになります。どちらも美味しいです。

この手抜きフィデウアシリーズ、味付けに塩の代わりにナンプラーを使うとより旨味が強く奥深い味わいになります。今回の組み合わせにも合うので、お持ちの方は試してみてください。(ナンプラーだけで味付けするなら、1人分小さじ2が目安です)

 

作った人:ツジメシ

ツジメシ

本名は辻村哲也、ツジムラの飯でツジメシです。本業は各種製品を手がけるプロダクトデザイナーながら、料理好きが高じて間借り飲食店でも料理中。手抜き日常食からマニアックな料理まで図解したレシピが人気。著書に『付箋レシピ デザイナーときどき料理人のスケッチごはん』(アース・スターエンターテイメント)。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る