夏のタンパク質と野菜の摂取に「豚セロリ丼」!材料2品で手軽に満足【ツジメシ の日常メシ】

こんにちは。プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。「ツジメシの日常メシと週末メシ」シリーズ、今回は日常メシ。

ちょっとピリ辛で食が進み、セロリと生姜、ゆずの香りでさっぱり食べられて、タンパク質も摂れる、夏にぴったりのお手軽丼をご紹介します。
主材料は2つだけ、栄養豊富なのに余らせがちなセロリの葉の部分もしっかり使います。小ぶりのセロリなら1人分1本ちょうど使い切れるくらいの分量ですよ。

 

 

ツジメシの「豚セロリ丼」

材料(1人分)

  • 豚ひき肉 80g
  • セロリの茎 60g
  • セロリの葉 15-20g
  • 生姜 みじん切りで大さじ1+1/2
  • しょうゆ 小さじ1+1/2
  • 酢 小さじ1
  • ゆずこしょう 小さじ1/2
  • サラダ油 小さじ2
  • ご飯 適量

 

作り方

セロリの茎は6-7mmほどの角切り、葉は5mm幅に切り、生姜はみじん切りにしておきます。

 

調味料のしょうゆ、酢、ゆずこしょうも、味が偏らないよう混ぜておきます。

 

フライパンを中火にかけ、サラダ油を引き、温まったらひき肉とセロリの茎を入れます。

 

ざっくり混ぜたらあまり触らず、2分ほど焼きます。

 

下から肉の色が変わってきて、肉とセロリにうっすら焼き色がついたところで生姜も加え、混ぜながら、さらに2分ほど肉の色がしっかり変わるまで炒め合わせます。

肉に火が通ったら合わせておいた調味料を加えて全体をさっと混ぜ、

 

セロリの葉も加えてさらに炒めます。

 

セロリの葉がしんなりしてきたら火を止め、ご飯の上に盛り付けます。

 

しょうゆ、酢、ゆずこしょうというシンプルながら満足感のある味付けです。
肉の旨味に、セロリ、生姜、ゆずこしょうの爽やかさでごはんが進みますよ。
野菜のスープなんかを添えると、さらにバランスよい食事になるのでおすすめです。

まだ暑い日が続きます。この夏にぜひお試しください。

 

作った人:ツジメシ

ツジメシ

本名は辻村哲也、ツジムラの飯でツジメシです。本業は各種製品を手がけるプロダクトデザイナーながら、料理好きが高じて間借り飲食店でも料理中。手抜き日常食からマニアックな料理まで図解したレシピが人気。著書に『付箋レシピ デザイナーときどき料理人のスケッチごはん』(アース・スターエンターテイメント)。

過去記事も読む

トップに戻る