材料をフライパンにのせてから火をつけるだけ「れんこんのカリカリ粉チーズ焼き」【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20190308134850j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

ぽかぽかと暖かな春が今年もやってきました。それと同時に、花粉症の私にとってはツライ季節の到来です。よく晴れていれば晴れているほど、目はかゆく、気温が高くお出かけ日和の陽気であればあるほど、くしゃみが止まらない悲しさ……。そんな時は開き直って、家に閉じこもって家飲み! というわけで、早速おつまみレシピです。

本日は、粉チーズと根菜を使った簡単おつまみ。

粉チーズといえば、パスタやスープにかけたりと振りかけるイメージが強いですが、焼いてみるとおつまみにぴったりなんです。冷蔵庫に残った粉チーズの消費にもぜひ!

 

山本リコピンの「れんこんのカリカリ粉チーズ焼き」

【材料】1人分

  • れんこん 100g
  • 粉チーズ 大さじ3
  • 七味唐辛子 お好みで適量

 

作り方

f:id:y-ricopin:20190308134921j:plain

1. れんこんは5mmの薄切りにし、水にさらす。

※変色を防ぐために水にさらします。気にならない方は省いてしまってもOK。ちなみに、筑前煮やきんぴらなど色濃く仕上げるレシピの場合も不要です。

 

f:id:y-ricopin:20190308135016j:plain

2. テフロン加工のフライパンに、粉チーズをれんこんと同じ大きさ程度に広げ、その上に七味唐辛子を振る。

※テフロン加工ではないフライパンの場合には、油を薄くひいてください。

 

f:id:y-ricopin:20190308135040j:plain

3. 2の粉チーズの上に、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ったれんこんをのせて中火にかけ、粉チーズがこんがりと焼けたら、ひっくり返して反対側もさっと焼く。

 

れんこんをさつまいもに、七味を黒ごまやカレー粉に変えてもおいしい!

f:id:y-ricopin:20190308135152j:plain

カリッと焼けた粉チーズと、れんこんのシャキシャキ感が絶妙な一品。れんこんは加熱し過ぎず、シャキッと食感に仕上げるのがポイントです。

また、れんこんをさつまいもに変えたものもおすすめ!

 

f:id:y-ricopin:20190308135249j:plain

さつまいもは、1㎝幅の輪切りにして電子レンジでやわらかくなるまで加熱し、あとはれんこんと同じ要領で、七味唐辛子を黒ごまに変えて作ります。七味唐辛子のままでも、ピリッと辛いチーズさつまいもがいい感じです。

粉チーズと合わせるのは、しらすや干しえび、粗びき胡椒、カレー粉、ドライハーブなど、お好みでいろいろ試してみると楽しいですよ。

 

f:id:y-ricopin:20190308135325j:plain

ぜひぜひ家飲みのおともに!

 

作った人:山本リコピン

山元リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る