調理するときも暑くない、爽やかすぎる「海老のレモンクリームうどん」の作り方【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20190802175507j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

全国的にどんどん気温が上がり、いよいよ夏本番。暑くて料理を作る気力がない時に便利な、冷凍うどんレシピのご紹介です。

今回は洋の味わいで、バターと牛乳、粉チーズで作るクリームソースにレモンを効かせました。とろ~り濃厚、それでいてレモンの爽やかさも感じられて、暑い日にもぴったりです。

もちろんパスタで作っても良いですが、今回は電子レンジでチンするだけの冷凍うどんを使って、より手軽に仕上げます。冷凍うどんレシピのバリエーションにぜひ。

 

山本リコピンの「海老のレモンクリームうどん」

【材料】1人分

  • 冷凍うどん 1人分
  • むきえび(冷凍) 60g
  • 枝豆(冷凍) 30g
  • レモンスライス 3枚
  • 塩、こしょう 適量

(A)

  • 牛乳 200ml(1カップ)
  • バター 10g
  • 粉チーズ 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1/4
  •  

 

作り方

f:id:y-ricopin:20190802175533j:plain

1.冷凍うどんは、パッケージの表示時間通り電子レンジで加熱しておく。むきえびは茹でて、竹串などを使って背ワタを取り除く。枝豆は茹でてさやから出す。

むきえびは、背から尾にかけて包丁で少し切れ目を入れると背ワタが取りやすくなります。

今回は彩りに旬の枝豆を選びましたが、茹でたアスパラガスやほうれん草などもおすすめです。

 

f:id:y-ricopin:20190802175541j:plain

2.フライパンに、(A)を入れて中火にかけ、粉チーズが溶けるまで加熱する。

今回は鶏がらスープの素を使いました。鶏がらスープの素は、コンソメほど風味が強くないので、クリームソースにもよく合います。もしなければコンソメ顆粒でもOKです。

 

f:id:y-ricopin:20190802175549j:plain

3. うどんとレモンスライス1枚を加えて、うどんにソースがよくからまるまで煮たら、1のむきえびと枝豆を加えてさっと混ぜ、塩、こしょうで味をととのえる。

レモンスライスの代わりに、市販のレモン汁(分量外、少々)を入れて風味を付けてもOKです。

 

f:id:y-ricopin:20190802175524j:plain

4. お皿に盛り、残りのレモンスライス2枚を添える。

見た目の夏らしさは少し減りますが、こちらもレモンスライスに代えて、食べる時に市販のレモン汁(分量外、少々)を少々かけてもOKです。

 

レモンを絞って爽やかさアップ

f:id:y-ricopin:20190802175516j:plain

レモンは、フライパンに入れて一緒に煮込むことで風味がクリームソースに移ります。残りはうどんに添えて、召し上がる際に絞ると爽やかさがアップします。

生のレモンを使う際はできれば国産のものが良いですが、外国産のものなら、皮をごしごしとよく洗ってから使用して下さい。

パスタにも使えるこのレモンクリーム。でも、暑い中、鍋でぐつぐつお湯を沸かすのもつらいものが……。もう少し涼しくなるまでは、冷凍うどんでいただくことにします。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

  • レシピブログ:山本リコピンさんのmyレシピブック
  • 過去記事も読む

    企画協力:レシピブログ

    レシピブログ

    テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

    トップに戻る