レンチン「ふわパラ卵チャーハン」に、濃厚「厚揚げチリソース」をぶっかける至福の企み【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20190821180253j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

残暑厳しい毎日です。お盆休みも終わり、夏の疲れもどっと押し寄せてくる頃でしょうか。今回は、疲れている日でも電子レンジで作れるシンプル卵チャーハンに、ピリ辛の「厚揚げチリソース」をかけた、美味しくてボリュームもある、しかもコスパもいい至福のチャーハンです。

厚揚げチリソースは、えびのチリソースの厚揚げ版。えびチリというと少々ハードルが高いイメージもありますが、調味料さえ合わせておけば簡単に作れます。厚揚げでコスパもよし。ピリッと辛いチリソースが食欲をそそります。

 

山本リコピンの「厚揚げチリソースぶっかけチャーハン」

【材料】1人分

(卵チャーハン)

  • ごはん 1膳
  • 卵 1個
  • 中華だしの素 小さじ1/2
  • ごま油 小さじ1/2
  • 塩、こしょう 適量

(厚揚げチリソース)

  • 厚揚げ 150g
  • 長ネギ 10㎝分
  • 豆板醤 小さじ1/4
  • 片栗粉 小さじ1/2
  • サラダ油 小さじ1

(A)

  • すりおろししょうが 小さじ1/2
  • すりおろしにんにく 小さじ1/4
  • トマトケチャップ 大さじ1
  • 砂糖、中華だしの素 各小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ1
  • 水 100ml

 

作り方

f:id:y-ricopin:20190821180304j:plain

1. 耐熱ボウルにごはん、中華だしの素、ごま油を入れて混ぜたら、端に寄せて半分スペースを作り、そこで卵を溶き、ラップをして電子レンジ(600w)で1分30秒加熱する。

 

f:id:y-ricopin:20190821180321j:plain

2. 電子レンジから一旦取り出したら、卵の部分だけをスクランブルエッグになるようにスプーンで混ぜ、再度ラップをして、卵が固まるまで30秒加熱する。取り出し、最後はごはんとよく混ぜ、塩、こしょうで味をととのえる。これで「卵チャーハン」は完成。

お使いの電子レンジによって、卵の様子を見ながら加熱時間は加減して下さい。

 

f:id:y-ricopin:20190821180319j:plain

3.(A)を合わせておく。厚揚げは1㎝幅の食べやすい大きさに切り、長ネギは細かく刻む。

(A)の豆板醤がなければ、(A)をフライパンに入れるタイミングで一味唐辛子を少々振ってもOKです。

 

f:id:y-ricopin:20190821180315j:plain

4.フライパンにサラダ油を中火で熱し、長ネギと豆板醤を香りが出るまで炒めたら、厚揚げと(A)を加えてサッと煮て、倍量の水(小さじ1、分量外)で溶いた片栗粉を加えて、強火にしてとろみをつける。

水溶き片栗粉を加えたら、よくかき混ぜながら煮立たせることで、しっかりとしたとろみがつき、片栗粉特有の粉臭さも飛びます。

 

f:id:y-ricopin:20190821180256j:plain

5. 2のチャーハンを器によそい、4をかける。

 

チャーハン×厚揚げチリソースで味わう贅沢感

f:id:y-ricopin:20190821180300j:plain

ふわパラの卵チャーハンに、ごはんがすすむ厚揚げチリソースをぶっかけてしまう小さな贅沢。厚揚げの他にもから揚げやちくわ、なすやきのこ、白身魚などで作っても美味しいです。豆板醤や一味唐辛子を加えなければ、チリソースではなくなるものの、ケチャップ味でお子様でも食べられる味に仕上がります。

ごはんはササッとできて食がすすむものにして、残りの暑い日々も、無理せずお過ごし下さい。

 

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

  • レシピブログ:山本リコピンさんのmyレシピブック
  • 過去記事も読む

    企画協力:レシピブログ

    レシピブログ

    テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

    トップに戻る