「鶏むねサイコロステーキ」を“花椒鬼まぶし”にしたらただの最高だった【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20200312131048j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

今回は、コスパ最高の鶏むね肉で一品。鶏むね肉のサイコロステーキを花椒まぶし、いえ、鬼まぶしにします。

鶏むね肉をサイコロ状に切り、大根おろしを添えてガーリックソースをたっぷりと。これで完成でもOKですが、そこにラー油をたらり、そして、花椒を鬼のようにどっさりとかけます。シビ辛でビールが止まりませんよ。

ではでは早速、レシピです。

 

山本リコピンの「鶏むねサイコロステーキ花椒鬼まぶし」

【材料】1~2人分

  • 鶏むね肉 1枚(300gくらい)
  • 大根 100g
  • 青ねぎ 大さじ2程度
  • ラー油 大さじ1/2程度
  • 花椒(パウダータイプ) お好み量
  • 塩 少々
  • サラダ油 大さじ1

(A)

  • 砂糖、酢 各大さじ1
  • しょうゆ 大さじ3
  • すりおろしにんにく 小さじ1

 

作り方

f:id:y-ricopin:20200312121404j:plain

1.鶏むね肉は皮を取り除き、分厚い部分に横から包丁を入れて開くように切り、厚さを均等にする。

 

f:id:y-ricopin:20200312121734j:plain

2.2㎝程度のサイコロ状に切り、塩をまんべんなくまぶす。

 

f:id:y-ricopin:20200312120913j:plain

3. 大根はすりおろして軽く水気を絞り、青ねぎは小口に切り、(A)の調味料は混ぜておく。

ステーキソースの甘みを抑えたい場合は、砂糖は大さじ1/2にして下さい。

 

f:id:y-ricopin:20200312123234j:plain

4. 小さ目のフライパン(あればスキレットがおすすめ)にサラダ油を熱し、中火で2を全面こんがりと焼き、中まで火を通す。

転がすようにして焼き色がまだついていない部分を焼いていくと、まんべんなく火が通り、こんがりと食欲のアップする見た目に焼き上がります。

 

f:id:y-ricopin:20200312124021j:plain

5. 鶏むね肉に火が通ったら、中央を空けて端に寄せ、空けた部分に大根おろし、青ねぎをまぶし、(A)のたれを回しかけて火を止める。

そのままテーブルに持っていけるスキレットで作るのがとってもおすすめです。ジュージューとしたシズル感が楽しめて、熱々をいただけます。スキレットがなければ、フライパンごとテーブルに出すのもありですね。どちらも鍋敷きをお忘れなく。

 

f:id:y-ricopin:20200312124623j:plain

6. ラー油を回しかけ、お好みの量の花椒をまぶす。

シビ辛具合が物足りなければ、“追いラー油”と“追い花椒”はお好みで。

 

冷めるとかたくなるので、出来立て、熱々のうちに

f:id:y-ricopin:20200312131114j:plain

濃いめのガーリックソースと、ラー油と花椒のしびれる辛さが絶妙です。

大根おろしが加わることでさっぱりとして、食感も面白いです。大根おろしは、白髪ねぎやコーン、茹でほうれん草に変えても美味しいですよ。

鶏むね肉は冷めるとかたくなってくるので、出来立てをジューシー、熱々のうちに食べるのがこのお料理のポイント。家飲みのおともに、ご飯のおかずに、最高のシビレシピです。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

  • レシピブログ:山本リコピンさんのmyレシピブック
  • 過去記事も読む

    企画協力:レシピブログ

    レシピブログ

    テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

    トップに戻る