ケチャップとしょうゆで「鶏むね肉のポークチャップ風」が洋食屋さんの香りでしかなかった【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20200529160134j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

本日は、サクッと作れてご飯がすすむポークチャップをご紹介します。 ポークチャップといえば、炒めた豚肉にケチャップベースのソースが一般的ですが、今回は豚肉ではなく、コスパ抜群の鶏むね肉を使って作ります。“鶏むねチャップ”という感じでしょうか。

ソースは、ケチャップとしょうゆを合わせて、ご飯にばっちり合うしっかり味に仕上げます。では、さっそくレシピです。

 

山本リコピンの「鶏むね肉のポークチャップ風」

【材料】作りやすい分量

  • 鶏むね肉 1枚
  • 玉ねぎ 160g(小なら1個、大なら1/2個程度)
  • 片栗粉 大さじ2
  • 塩 少々
  • サラダ油 大さじ1
  • パセリのみじん切り(ドライパセリでもOK) 適量
  • レタス、ミニトマトなど付けあわせの野菜 お好みで

(A)

  • トマトケチャップ 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2

 

作り方

f:id:y-ricopin:20200529160141j:plain

1. 玉ねぎは1㎝幅に切る。鶏むね肉は皮を取り除き、食べやすい大きさに切る。

鶏むね肉は厚い部分があれば、包丁を横に入れて厚みが均等になるように切っておきます。

 

f:id:y-ricopin:20200529160144j:plain

2. 鶏むね肉に塩を振り、片栗粉をまんべんなくまぶす。

片栗粉をまぶすことで、こんがりとした焼き色が付き、ソースもからみやすくなります。

 

f:id:y-ricopin:20200529160149j:plain

3. フライパンに中火でサラダ油を熱し、2を片面ずつ写真のような色にこんがりと焼く。

 

f:id:y-ricopin:20200529160152j:plain

4. 玉ねぎを入れてさっと炒めたら、(A)を加えてなじむまで炒める。

 

f:id:y-ricopin:20200529160159j:plain

5. 皿に盛りパセリをちらし、お好みの野菜を添える。

 

タバスコを垂らして味変するのもおすすめ

f:id:y-ricopin:20200529160204j:plain

ケチャップとしょうゆの織りなす洋食屋さんのような香りに食欲もMAX、山盛り白飯は必須です。 それから、今の季節は、きんきんに冷えたビールと合わせるのも最高かと。途中、タバスコをちょっと垂らして味変するとお酒もすすみますよ。

 

f:id:y-ricopin:20200529160225j:plain

そして、噛むごとにおいしさが広がるこの“鶏むねチャップ”は、もっちり、プチプチ食感の麦ご飯と一緒に噛みしめるのもおすすめです。

 

f:id:y-ricopin:20200529160208j:plain

こちらは、白米に少量の押し麦を混ぜた麦ご飯です。

白米と比べ、食後の血糖値の上昇がゆるやかになり、栄養価も抜群。いつものお米に一袋入れるだけで炊ける小分けタイプも売られているので、お好きなおかずとあわせてみてください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

  • レシピブログ:山本リコピンさんのmyレシピブック
  • 過去記事も読む

    企画協力:レシピブログ

    レシピブログ

    テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

    トップに戻る