家庭でも無理なく作れ美味しい「豚バラバインミー」のレシピ【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20211021112632j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

ベトナムのファストフード「バインミー」。

なます、レバーペースト、パクチーなどを基本に、お店によってはさむ具材や味付けは様々で、作る人の個性が出る、奥の深いサンドイッチです。

最近では日本でも専門店があるようですが、わが家の近所ではなかなか手に入らない……ので、身近な材料で作ってみました。

大根とにんじんのなますは、砂糖と酢、塩で簡単に。お肉はボリュームたっぷりの豚バラをササッと炒めて、甘じょっぱく仕上げたものでいきましょう。あとはフランスパンに挟むだけ。

それでは早速レシピです。

 

山本リコピンの「豚バラバインミー」

【材料】1人分

  • 豚バラ肉(食べやすく切る) 100g
  • 大根 70g
  • にんじん 30g
  • フランスパン 15㎝くらい
  • パクチー 適量
  • カットレモン(ライムでもOK) お好みで
  • 塩 適量
  • サラダ油 小さじ1
  • マーガリン(バターでもOK) お好みで

(A)

  • 砂糖 大さじ1
  • 酢 大さじ2
  • 塩 2つまみ

(B)

  • 砂糖、しょうゆ 各小さじ1
  • ナンプラー 小さじ2(しょうゆ大さじ1でもOK)

 

作り方

f:id:y-ricopin:20211021112552j:plain

1. まずは、なます作りから。大根とにんじんはせん切りにして、塩を振っておく。

大根は、薄い半月切りにしておくとせん切りしやすいです。

 

f:id:y-ricopin:20211021112559j:plain

2. 1がしんなりしたら水気をよく絞り、ボウルに(A)を入れてよく混ぜたものに浸けて、冷蔵庫に入れておく。

時間があれば、冷蔵庫で半日くらいおくとよく味がなじんだなますになります。

 

f:id:y-ricopin:20211021112606j:plain

3.フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚バラ肉を入れて炒める。火が通り色が変わったら、(B)を加えて全体になじむように炒める。

(B)は一味唐辛子をお好みの量追加して、ピリ辛に仕上げても美味しいです。ナンプラーがなければ、しょうゆ大さじ1でも良いです。

 

f:id:y-ricopin:20211021112613j:plain

4.フランスパンは横から切って軽くトーストし、マーガリンを塗る。

マーガリンはバターでもOKですし、マヨネーズやクリームチーズに代えても美味しいです。

 

f:id:y-ricopin:20211021112620j:plain

これでパン、具材とそろいました。

 

f:id:y-ricopin:20211021112639j:plain

5.フランスパンに、冷蔵庫から出して水気を絞ったなます、パクチー、豚バラ肉の順に重ね、もう1枚のフランスパンではさむ。お好みでカットレモンを添える。

 

よく冷えた白ワインを合わせてみました

f:id:y-ricopin:20211021112632j:plain

日本ではお正月のお料理としてなじみ深いなますと、甘じょっぱい豚バラ炒めの意外な組み合わせに、ほわんと漂ってくるパクチーの香り。それらを、香ばしいフランスパンが絶妙にまとめてくれます。

途中でレモンを絞って味変すると、とっても爽やかになりおすすめ。パクチーもお好みで“追いパク”して、エスニックな味を楽しむのもいいですね。そして、そこによく冷えた白ワインを合わせるともう最高です。

お酒も飲めちゃうサンドイッチ、バインミー。特別な材料なしで作れるので、ぜひお試しください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る