混ぜたらレンジ2分「サバ缶辛みそ煮」という、お酒もご飯もすすんじゃうやつ【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20211209112930j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

うま味がギュギュッと凝縮されていて、和洋中さまざまなアレンジができるサバ水煮缶。わが家でもストックしていて、とっても役立っています。

今回は、そんなサバ水煮缶と調味料を合わせたら、電子レンジ2分でできる超簡単おつまみ。砂糖としょうゆの甘じょっぱさに、コチュジャンで辛みとコクをプラスして、お酒ばかりかご飯もすすむこと間違いなしですよ。すぐにできるので、ご飯のおかずにもう一品ほしいときにも重宝します。

それでは早速レシピです。

 

山本リコピンの「サバ缶辛みそ煮」

【材料】1人分

  • サバ水煮缶 1缶(180g程度)
  • 小ねぎ(小口切り) お好みの量

(A)

  • コチュジャン 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • すりおろしにんにく 小さじ1
  • ごま油 小さじ1

 

作り方

f:id:y-ricopin:20211209112951j:plain

1.耐熱ボウルに(A)を入れてよく混ぜる。

 

f:id:y-ricopin:20211209112944j:plain

2. 1にサバ水煮缶を汁ごと入れ、写真のようにサバの身を崩してよく混ぜたら、ラップをして電子レンジ(600w)で2分加熱する。

 

f:id:y-ricopin:20211209112937j:plain

3. お皿に盛り、小ねぎをまぶす。

 

調味料の分量がわかりやすい! 丼アレンジもおすすめ

f:id:y-ricopin:20211209112958j:plain

サバのうま味と、ピリッとした辛さの中にも甘みのあるコチュジャンが合わさると絶品! ガツンと効いたにんにくと、ごま油の風味もたまりません。濃いめの味で、これを少~しずつつまみながら日本酒をいただくと至福の時間がやってきます。食べてみてもっと辛くしたければ、ラー油や花椒をかけてもいいですね。

しっかりとした味つけなので、サバの生臭さも気になりません。コチュジャン、砂糖、しょうゆはどれも大さじ1、残りのすりおろしにんにくとごま油は小さじ1と、調味料の分量がわかりやすいところも気に入っています。

 

f:id:y-ricopin:20211209112923j:plain

そして、おすすめのアレンジが、この辛みそ煮を温かいご飯の上にたっぷりのせて、卵黄、小ねぎをトッピングした「サバ缶辛みそ煮丼」。卵黄でまろやかになり、ひと味違った美味しさです。白いりごまや、ちぎった海苔などをまぶして風味をプラスしてもまたいい感じですよ。

丼アレンジ以外にも、スライスオニオンやちぎったサニーレタスの上にのせてサラダ仕立てにしても美味しいです。

飲みながらでも作れてしまう手軽さ、忙しい年末にぜひお試しください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る