パリパリ鶏肉の焼き方。油は大さじ1「油淋鶏風鶏もも焼き シビ辛だれ」のレシピ【山本リコピン】

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

揚げた鶏肉に、ねぎの入った甘酢だれがたっぷりとかかった油淋鶏。今やスーパーのお惣菜売り場でも見かけるようになりました。

今回は、その油淋鶏気分を味わえる鶏もも焼きレシピをご紹介します。

鶏もも肉は、小麦粉をまぶして焼いてパリっとジューシーに。大さじ1の油で美味しくできます!

そして、油淋鶏といえばあと引く甘酢だれもかかせません。ここでは混ぜるだけの即席だれで、さらに花椒とラー油でシビ辛に仕上げます。これはお酒がすすみますよ。

それでは早速レシピです。

 

山本リコピンの「油淋鶏風鶏もも焼き シビ辛だれ」

【材料】1~2人分

  • 鶏もも肉 1枚
  • 長ねぎ 10cm分
  • 小麦粉 大さじ1
  • 塩 少々
  • サラダ油 大さじ1

(A)

  • 砂糖 大さじ1
  • 酢、しょうゆ 各大さじ2
  • ラー油、ごま油 各小さじ1
  • 花椒(パウダー) 小さじ1/4

 

作り方

1. まずはたれ作りから。長ねぎはみじん切りにして、(A)の材料と合わせてよく混ぜておく。

かなり辛くなるのでラー油とごま油は小さじ1ずつにしましたが、お好みでごま油は入れずにラー油を小さじ2にしてもOKです。

このシビ辛だれは、冷やっこや焼いたなすにかけるのもおすすめです。

 

2.鶏もも肉は余分な脂身(黄色っぽい部分)を包丁やキッチンバサミで切り落とし、皮目を6~7ヵ所フォークで刺す。両面に塩を揉みこみ、小麦粉を全体にしっかりまぶす。

余分な脂身を取ると、鶏肉の臭みも取り除けて焼き上がりが美味しくなります。また、皮が縮んで肉が反り返らないようにフォークで穴をあけます。

 

3. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、2の鶏もも肉を皮目を下にして置く。

 

中火で7~8分焼いて、皮目に写真のようにしっかり焼き色が付いたらひっくり返す。反対面も5~6分焼いて火を通す。

フライパンの余分な脂はキッチンペーパーなどで都度拭き取ってください。また、焦げつきそうでしたら火を弱めて焼きます。

 

4. 3を食べやすい大きさに切り、1のたれをたっぷりとかける。

たれは、食べる直前にかけると表面のパリパリ感がキープできます。

切った際に断面がまだ生焼けなら、フライパンに戻して完全に火が通るまで再度加熱してください。

 

お酒にも、白いご飯にも

噛むと皮はパリパリ、そしてジュワッと肉汁があふれる鶏もも肉と、シビ辛な甘酢だれの相性が最高です。火を通していないのでねぎの香りも強く、辛みも感じてそこもおつまみ向き。もちろん、白いご飯にとっても合いますよ。

お好みで水菜やレタス、スライスした玉ねぎなどと一緒に食べても美味しいです。

なお、少々淡泊にはなりますが鶏むね肉でも美味しく焼けます。焼き方は鶏もも肉と同じですが、火が均一に入るように、下ごしらえの際、分厚い部分は切り開いて厚みを揃えてください。

 

キンキンに冷えたお酒がますます美味しくなる、シビ辛なおつまみです。いよいよ始まる暑い夏にいかがでしょうか!

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る