夏メシがはかどる「ツナとえのきの花椒そぼろ」ご飯に、麺に、おつまみに【山本リコピン】

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

アレンジの幅が広いツナ缶は、常温保存で賞味期限も長く、ストックしておいて損のない食材。今回は、そのツナ缶を、鶏そぼろのような濃いめの味付けで食べる「ツナそぼろ」のアレンジレシピを紹介します。

ツナそぼろは、わが家の子どもたちの給食メニューでも定番の味。甘じょっぱく炒めたツナでご飯がすすむ一品です。

そこに、ガツンとにんにくを効かせて夏らしくスタミナ感のある味に。さらに、中国山椒の花椒とラー油も入れて、発汗作用を強め、猛暑にも負けないシビ辛にしてみました。食感のアクセントに、刻んだえのき茸も加えます。

ツナ缶は油漬けを使い、うま味たっぷりの油も無駄なく入れましょう。

それでは早速レシピです。

 

山本リコピンの「ツナとえのきの花椒そぼろ」

【材料】ツナ缶1缶分

  • ツナ缶(油漬け) 1缶(70g)
  • えのき茸 80g(1/2袋程度)
  • ラー油 小さじ1/2
  • 花椒(パウダー) 小さじ1/4

(A)

  • 砂糖 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ2
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2

 

作り方

1. えのき茸は根元を切り落とし、5mm幅に刻む。

 

2. フライパンにツナを油ごと入れ、

 

えのき茸も加え、中火で加熱して汁気がなくなるまで炒める。

 

3. 2に(A)を入れて強火にして、ポロポロのそぼろ状になるまで炒める。

 

4. 火を止めてラー油と花椒を加え、全体をよく混ぜたら出来上がり。

ラー油と花椒は、お好みで増量してください。

 

ご飯のおともに、麺のトッピングに

まずは、そぼろだけでひと口。辛味とにんにくの風味でツナの魚臭さが消えて、うま味だけがいい感じに残っています。ツナが苦手な方にもぜひ試していただきたい味。えのき茸の食感もいいですね。しっかりした味付けなので、これだけでもいいおつまみになります!

 

もちろん、熱々のご飯にのせても文句なし。大盛りご飯も一瞬でなくなりそうです。刻んだ長ねぎをのせて、さらに、“追いラー油”や“追い花椒”するのも美味しいです。生卵やもみ海苔を追加して、丼風にするのもいいですね。

 

そうめんのトッピングにも最高です。麺つゆ(そぼろの味が濃いので、麺つゆは薄めに作るのがおすすめ)をかけるぶっかけそうめんや、麺つゆはかけず、そぼろをたっぷり入れて和え麺風に食べるのもおすすめです。

ご飯のおともに、麺のトッピングに、そしておつまみにと、夏メシに重宝するツナとえのきの花椒そぼろ。冷蔵庫で保存して3~4日は食べられるので、それぞれ倍量にしてたっぷり作っておくのもありですよ。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『日々のごはんとおやつのネタ帳』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る