ケチャップ割り下がうま味強い「豚バラのピリ辛トマトすき焼き風」【メシ通の1人鍋】

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

だんだんと風も冷たくなってきて、そろそろ鍋の季節でしょうか。

そんなわけで今回は、手軽で美味しい豚バラ肉を使った、ピリッと辛いトマト風味のすき焼き風1人鍋レシピです。

割り下にうま味凝縮のトマトケチャップをプラス、にんにくと唐辛子もばっちり効かせます。小鍋や小さめのフライパンで作って、そのままテーブルへ運んじゃいましょう。チリトマトっぽさもあって、お酒がすすみますよ。

では早速レシピです。お肉を煮込むので、すき焼きとしては関東風の作り方になります。

 

山本リコピンの「ピリ辛トマトすき焼き風」

【材料】1人分

  • 豚バラ薄切り肉 100g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • しめじ 1/2袋(50g程度)
  • ミニトマト 3個
  • 焼き豆腐 100g
  • パセリ お好みで適量

(A)

  • 水 100ml
  • しょうゆ 大さじ1と1/2
  • 砂糖 大さじ1/2
  • トマトケチャップ 大さじ1と1/2
  • すりおろしにんにく 小さじ1
  • 一味唐辛子 小さじ1/2~小さじ1

 

作り方

1. 豚バラ薄切り肉は5cmの長さに、玉ねぎは5mm幅に切る。しめじは石づきを落としてほぐす。焼き豆腐は1.5cm幅の食べやすい大きさに切る。

 

2. (A)はよく混ぜる。

 

3. 小鍋か小さめのフライパン(直径20㎝くらいのもの)に1、2を入れて、

 

中火で加熱する。

 

4. 沸騰したら5分ほど煮て、しめじがしんなりとして、豚バラ肉に火が通り色が変わったら出来上がり。

今回は、玉ねぎはやや食感が残るくらいに煮ました。くたくたにやわらかくしたい場合は、様子を見ながらさらに煮てください。

 

5. 好みでパセリを添え、そのままテーブルに運ぶ。

 

和風のような洋風のような感じがおもしろい

甘じょっぱいすき焼き風の豚バラ鍋が、にんにく、唐辛子でパンチの効いた味になりました。割り下はしょうゆ、にんにく、そして、ケチャップのうま味が入って、より深みのある味に。その割り下が豚バラ肉としめじによくしみて、箸がとまらない美味しさです。

味のしみづらい焼き豆腐は、崩して汁をたっぷりとからめてから食べるのがおすすめです。

一味唐辛子の量はお好みで加減してください。食べるときに黒こしょうを追加すると、よりスパイス感がアップしてお酒がすすみますよ。

 

そして、鍋の楽しみのシメは、残った汁にご飯、ピザ用チーズを入れて、

 

刻んだパセリを散らしたトマトリゾット風。豚バラ肉のうま味もたっぷり入った割り下をご飯がよく吸って、そこにとろ~りチーズまで絡まって、もう絶品です。

 

和風のような洋風のような感じがおもしろい、ピリ辛トマトすき焼き風。1人鍋のネタが尽きてきたときにもお試しください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『日々のごはんとおやつのネタ帳』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る