苦学生の救済、完食間際のリタイア、女性の躍進……「神楽坂飯店」店主が見た日本大食い界の半世紀

f:id:exw_mesi:20190523162105j:plain

 

一部飲食店の華「チャレンジメニュー」。“ラーメン○杯、○分で食べられたらタダ”などの条件が設けられ、大食い自慢たちがこぞって参加してきた。

そのチャレンジメニューで日本一有名であろうお店が「神楽坂飯店」だ。看板的存在のジャンボ餃子に加え、一升チャーハン、ジャンボラーメンなど数々の名物メニューが、大食い自慢たちの前に立ちはだかってきた。

今まではそのサイズのみが語られてきたが、この記事では「チャレンジメニューを52年にもわたって提供し、挑戦者たちを支えたお店側は何を見て、何を考えてきたのか?」を突き止めたい。

 

その前に、ひとまずジャンボ餃子を実食

f:id:pegaman:20190508140724j:plain

 

学生利用客の多い飯田橋駅からほど近くにある神楽坂飯店」に到着まず入り口のディスプレイから、とんでもない。

 

f:id:pegaman:20190508140857j:plain

▲左から、餃子100個(現在は提供休止中)、ジャンボ餃子、一升チャーハン、ジャンボラーメン

 

店の前を通る人をギョッとさせる、名物の巨大食品サンプル。これには昨日からカップヌードルBIG一個しか食べずに、腹を空かせてきた僕もたじろぐ。しかし、男には戦わなくてはいけない時があるのだ。

 

f:id:pegaman:20190508141103j:plain

▲店内には挑戦した有名人たちのサインがズラリ

 

さあ、ここで頼むのは「ジャンボ餃子(9,600円)」だ。3日前までに予約が必要なため、すでに調理を進めていてくれた。ほどなくして運び込まれたのが、これである。

 

f:id:exw_mesi:20190510183351j:plain

▲サイズ感がおかしい

 

枕ではない、餃子だ。なにかの間違いのような大きさである。

 

f:id:pegaman:20190508141409j:plain

f:id:pegaman:20190508141446j:plain

 

思い切ってナイフでかっさばくと、肉汁と湯気とにんにくのニオイが一気に吹き出す。今までに体感したことがないようなシズル感だ。

 

f:id:pegaman:20190508141635j:plain

 

食べてみると、皮は餃子とは思えないほどの厚さ。おやきのような皮の食感は、なかなか豊潤でおいしい。いやぁ、これほどワイルドな餃子は初めてだ。

 

f:id:pegaman:20190508141829j:plain

 

しかし……食べても食べてもなかなか減らない。おいしいのだが、ずっと同じ味なのでどうしても飽きてくる。そのせいで、お腹がいっぱいになった時に踏ん張るための耐性まで削られてくるのだ。

  

f:id:pegaman:20190508142012j:plain

▲敗北の味

 

ギブアップ。半分しか食べられずにフードファイトのリングを降りることになった。

 

歴史の始まりは1967年

f:id:exw_mesi:20190510183440j:plain

 

この記事はここからが本題。店主の竹鼻公和さんに、日本の大食い文化の半世紀についてお話を聞いていこう。

 

──いつ、なぜチャレンジメニューを始めたのですか? 

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻さん(以下敬称略):チャレンジメニューを始めたのは1967年。地方からの学生さんはお金が無くて、すごくお腹を空かしていたんですね。

 

──いわゆる苦学生ですか。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:特に運動部の学生は、いつも腹ペコ。社会人になった先輩が彼らにご飯を食べさせてあげる時、「餃子100個食え」って話しになって。それを受けて「100個ぜんぶ食べられたら、タダにしてあげるよ」ってなったのが始まりでした。

 

──店主の想いからだったんですね。

 

f:id:pegaman:20190508142206j:plain

▲神楽坂飯店のチャレンジメニューの祖「餃子100個(9,600円、現在は提供休止中)」

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:先ほど挑戦いただいたジャンボ餃子は「普通の餃子を100個作るのが大変」なので、1個にまとめちゃったんです。提供し始めたのは1968~69年頃かな。

 

──当時は、チャレンジメニュー自体が珍しかったのでは?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:はい、他では、新宿のどら焼き屋さんが出していた「ジャンボどら焼き」ぐらいでした。

 

──まさにチャレンジメニューの歴史を築き上げてきたんですね。

 

f:id:pegaman:20190508142300j:plain

▲こちらは提供開始当時の姿のままの、ジャンボ餃子のサンプル

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:今は少し平らになったけど、当時はサンプルと同じ高さがあったんです。それを維持するために、当時は皮の厚さが5センチぐらいだったの。それぐらいにしないと、あの見た目は維持できなかったんですよ。

 

──皮の塊みたいになりそうですね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:そう、でもそれじゃとても完食できないので試行錯誤した結果、今の1.5センチほどの皮の厚さになりました。

 

いちばんキツいのは「ジャンボラーメン」

──餃子以外のチャレンジメニューはそれぞれ、どれくらいの量なんですか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:ジャンボラーメン(1,890円)は1杯が1.25~1.4キロで、それを3杯なので計4.0キロぐらいにはなります。一升チャーハン(5,840円)は2.5キロ、付け合せのスープが800gで合計3.3キロですね。

 

f:id:pegaman:20190508142612j:plain

▲チャレンジメニューで一番人気のジャンボラーメン(3杯)は、単品だと630円

 

f:id:pegaman:20190508142448j:plain

▲ごはんがギュッと詰め込まれ、見た目以上に手ごわい「一升チャーハン」

  

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:実は難易度の高さは「ラーメン>チャーハン>餃子」の順番です。ラーメンが一番安いけど、一番難しい。スープがあるのでとりあえずお腹には入りますが、お腹に入ってから麺が水分で膨らむので苦しくなる。しかも、麺類は消化がよくないんですよ。だから一番成功率が低いということを、挑戦する人には説明しています。

 

f:id:pegaman:20190508142659j:plain

 

お店側の見えない苦労

──チャレンジメニューを続ける上での苦労はありますか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:餃子は予約をもらってから作りますけど、他は普段から材料を用意しておかなくちゃいけないんで、チャーハン用のご飯はいつもたくさん炊いておきます。

 

──いつ来てもいいように……

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:大食いの人たちが何人も来たら、新たに何合かお釜で炊くので大変ですね。ただ、予想外に来てしまうと売り切れになってしまうこともありますけどね。

 

f:id:pegaman:20190508142917j:plain

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:あと、チャレンジメニューはお客さんの在店時間が長くなる。作るまでの時間に加えて挑戦で1時間、その後もお腹いっぱいになると動けないから、1時間半~2時間はお店にいます。 

 

──お店の回転率が……

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:イベントものなので、仕方ないですけどね。

 

──食べ終わったお客さんでも、しばらくいさせてあげるんですね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:苦しそうな人には、胃薬も出してるよ(笑)。

 

f:id:pegaman:20190513095654j:plain

 

──ちなみに、歴代の挑戦者の成功率は? 

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:昔は基本的には1割ぐらいでしたが、最近では4割近くが成功しますね。大食い慣れした人がよく来るようになって。

 

──そんなに?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:大食い選手たちが大会予選前に、練習で来るときもあります。十数人が、立て続けに食べ切っていったこともあるんじゃないかな? 「来るな」と言っても連れてくるので(笑)。

 

チャレンジの際の「事故」を防ぐ

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:我々は常に挑戦している人を見守っているので、できるだけ目の届く1階で食べてもらいます。他では制限時間が20~30分のことが多いですが、うちは1時間に設定した上で、「早食いはしないでください」とお願いしていますね。時間が短いとどうしても早いペースで飲み込む方が多くて、事故が起きやすいんです。

 

──色々と配慮されてるんですね。

 

f:id:pegaman:20190508143252j:plain

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:20~30分だとさすがに忙しい。大食い選手は、制限時間内に収めるために、噛まないで飲み込むんですね。でもそれって、トレーニングしているからこそできるのであって。

 

f:id:pegaman:20190508143329j:plain

▲嘔吐など、事故があった場合の罰金は3万円

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:チャレンジメニューは、どうしても無理してしまう人が多いです。見ていて「もうダメだな」と途中でわかるんですが、やめた方がいいと言ってもなかなか従ってくれないと、事故を防ぐためにも罰金に頼るしかないんですよ。

 

──抑止力としての、罰金ですね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:さらに罰金が高いほど、ルールが守られやすくなるみたいで。最初は罰金自体が無かったし、罰金制度ができても額は1万円だったんですけど、それでも言うことを聞いてくれない方もいたから3万円にしたところ、さすがに無理する人は少なくなりました。それからはあまり大きなトラブルは起きていないですね。

 

f:id:pegaman:20190508143443j:plain

▲外国の方には英語バージョンのマニュアルもある

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:英語バージョンのペナルティーは1万円なんです。外国の方のほうが素直に従っていただけるので。 

 

──そうなんですね、意外でした。

 

f:id:pegaman:20190508144144j:plain

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:挑戦するお客さんの傾向を見ていると、食べ方からも成功するかどうかが分かります。例えば、いつまでも噛んでいる人は成功率が低い。噛んでパッと飲み込んでいる人は「大丈夫そうかな」と思うけれども、なかなか飲み込めないでいる人を見ると「やばいかな」って思いますね。しばらくすると、全く口の中に入っていかなくなっちゃうから「もうやめたほうがいいよ」と声をかけます。

 

多くのフードファイターが、カラダを壊した

──2000年代初頭のフードファイターブーム、どう思いましたか? 

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:まあ、すごい人たちが増えたなと思いましたね。こんなに食えるんだと。

 

──ジャイアント白田さんら、スターも多く生まれましたね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:ただ残念なことに、カラダを悪くする人も多かったように感じます。大食いが職業になってしまったので、無理をする。仕事の合間に吐きながら食べなきゃならない、追い込まれた状況になる人もいると聞いていたので、「すごいな」と思う一方で「大変だな」とも。 

 

──確かにファイターで長く続けている人って、ほぼいないですね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:活動サイクルがとても短いなと感じます。

 

──現役であり続けているのは、小林尊さんぐらいですか。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:彼は続けるために、色々な面で相当自分を慎重にコントロールしていると思いますよ。

 

──勝たないといけないですからね……

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:もえあず(もえのあずき)さんやギャル曽根さんは、食べ方がビジュアル的に堪えられるし、他の要素もあるから続いている気がします。

 

インチキでタダにされても、見逃していた過去 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:昔は、ご飯が食べられないから挑戦しに来る人も多くて。でも完食しないとお金を払わなきゃいけないから、我々が見ていないところでカバンにチャーハンを詰め込むような、インチキをする人もいたわけで。

 

──苦学生と言えども、そんなことを……  

 

f:id:pegaman:20190508150545j:plain

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:そう。そんなときは、しょうがないかなって思って。後で近くにいたお客さんから「あの人、やってたよ」と言われても、見逃してました。

 

──ええー! 

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:彼らにとっても「よっぽど」のことなんですよ。払えないんだから、それを問い詰めても警察に突き出してもしょうがないし、見逃してあげるしかなかったよね、当時は。でも今だったら「なんだお前!?」って言うね(笑)。

 

──ちゃんとお金を持っている現代の学生は払ってください、ってことですね(笑)。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:そう、今はそこまでの苦学生はいないと思うからね。  

 

f:id:pegaman:20190508151130j:plain

 

「あと一口」が、どうしても食べられない

 ──特に印象に残っているチャレンジャーは?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:外国の方で「日本での滞在日程が短いから、1~2日おきで全種類食べたい」って、実際に完食していった人がいましたよ。あとは、5回連続でチャーハンに挑戦して、いつも最後の1、2口を食べられなくてリタイヤしていた人もいました。

 

──毎回断念して、全額払ったんですか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:ええ、「どうしてもダメだから」って潔く諦めて。それを繰り返して、確か6回目に完食したの。
他には、餃子100個を99個まで食べて、あと1個がどうしても食べられなくてギブアップする人もいたな。

 

──そこまでいって食べられないとは……

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:それでも、どうしても食べられない。時間もまだ残っていた。でもダメ。

 

──実際にそこまで行かないと、わからない世界ですね……。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:周りの人は「あと1個だから!」って言うんだけど、ギブアップしたのは英断だと思いますよ。ほんの少しでも口に入れたら、すぐ吐いてしまう状態だったのだと思う。

 

f:id:pegaman:20190508151155j:plain

 

──最近、竹鼻さんが「こいつはすごいぞ」と感じた挑戦者はいましたか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:たくさん食べる人だと、MAX鈴木さん。この間は一升チャーハンとジャンボ餃子をいっぺんに食べた。それも40分で二つとも。しかも、話をしながらだよ(笑)。

 

──怪物ですね(笑)。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:あとやっぱり、もえあずさんとギャル曽根さんは行儀もいいし、楽しくおいしそうに食べてくれる。作り手としては非常に気持ちのいい人たちだね。

 

──ちなみに、最も食べられなかったチャレンジャーの記録ってどれぐらいですか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:餃子だったら10個ぐらい。一升チャーハンだったら、10分の1ぐらいでリタイアしてしまった人がいましたね。

 

──(笑)なんで挑戦したんですかね?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:そう言いたくなるでしょう? ノリで挑戦する人もいますから。

 

女性挑戦者は、覚悟が決まっている 

──この数年で、女性の挑戦者は増えましたか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:増えました。男性と比べて、圧倒的に成功率が高い。

 

──えっ、そうなんですか?

  

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:女性がチャレンジメニューに挑戦する場合、人によっては「何かを捨てる」くらいの覚悟が決まっていないと、できないのかもしれません。自信だけでなく、そう決めて来ている気がします。だから成功率も圧倒的に高い。

 

f:id:pegaman:20190508151852j:plain 

──背負うものの違いなんですかね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:普段の生活で大食いを見せていれば「完食した!」って言いやすいですけど、そうでない場合、どうしても言いにくい。

 

──ああ……

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:ホントだったら、完食した達成感をみんなに知らせたいじゃない。でもインスタに載せるにしても、躊躇する。大食いって、そんな色々なことを辞さないパワーがなければ、実は難しいことなんだと思います。

 

──今でこそ、もえあずさんたちも出てきたけれど。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:中には、成功しても写真を撮らないで欲しいという子もいますよ。「料金タダにしなくていいから、それよりも写さないでくれ」って。

 

f:id:exw_mesi:20190521114615j:plain

 

──そうした事情もある中で、何が彼女たちをそこまで動かしているんですかね? 

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:性別関係なく、やっぱりみんな自分を試したいんじゃないかな? その上で、さらに女性チャレンジャーは覚悟を決めてきているのだから、肝が据わっているなと感じるよ。

 

チャレンジメニューは、コミュニケーションツールへ

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:今は「挑戦」だけでなく、みんなでチャレンジメニューをワイワイ食べる人も多くなってきました。新人歓迎会や送別会で、まずは主役の人がチャレンジして、あとはみんなでシェアしながら楽しんでいることも多いですね。

 

──餃子がコミュニケーションツールに。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:結婚式の二次会用にも、ジャンボ餃子を作っていて。ケーキ入刀の代わりに(ジャンボ)餃子へ入刀してもらいます。「餃子」という言葉は、“交わる”と“子ども”に加え、食べ物にまつわる食偏(へん)でできているので。

 

──おめでたい漢字ですね。

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:ケーキ代わりの(ジャンボ餃子への)入刀はなかなかウケますよ。

 

f:id:pegaman:20190508152127j:plain

▲お約束のフレーズ「初めての共同作業です!」もウケるそう

 

──挑戦者たちの姿をずっと見てきて、分かったことはありますか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:チャレンジへの向き合い方の変化ですね。

  1. 昔はお腹を空かせた人が挑戦することが多かった。
  2. だんだん楽しみながらワイワイ食べる感じに。
  3. 今はSNSのために「写真を撮りたい」という人も増えた。

っていう風に変わってきましたね。

 

f:id:pegaman:20190508152223j:plain

 

──これからも続けていきたい気持ちはありますか? 

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:あります。新作として、(ジャンボ餃子のように)小さいものを大きくするメニューを考えています。

 

──楽しみですね。

 

大きな野望はない、やれるだけやっていく

──神楽坂飯店さんにとって、チャレンジメニューはどんな存在ですか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:うちの看板ですかね。やっぱり誇らしいものだとは思いますよ。

 

──……ジャンボ餃子は棺桶に持って行きますか?

 

f:id:exw_mesi:20190510124425p:plain竹鼻:(笑)それほど大仰なものじゃない、シャレなんだから。やれるだけやっていくってだけだよ。大きな野望もないし。淡々と、粛々と。

 

f:id:exw_mesi:20190510183544j:plain

 

飾らない人柄の竹鼻さんは、52年間の提供の歴史で見たこと、感じたことを、包み隠すことなく語ってくれた。 

 

チャレンジメニューは、単なるイベントにとどまらず、そこに人間像、生き方までもが投影される。それを感じながら、半分残ったジャンボ餃子をおみやげに、ふくらんだお腹とともにお店を後にした。

 

お店情報

神楽坂飯店

住所:東京新宿区神楽坂1-14
電話番号:03-3260-1402
営業時間:11:00~23:00(昼休みの時間は要確認)
定休日:日曜日

www.hotpepper.jp

 

書いた人:辰井裕紀

辰井裕紀

卓球と競馬とサッポロ一番みそラーメンが好きなライター、番組リサーチャー。過去には『秘密のケンミンSHOW』を7年担当しておりローカルネタが得意。

過去記事も読む

トップに戻る