ホットペッパーグルメ >  東京 居酒屋 >  大人女子にお勧めしたい!食前酒から始める、スパークリングワインのエレガントな楽しみ方。

東京居酒屋ガイドトップへ

大人女子にお勧めしたい!食前酒から始める、スパークリングワインのエレガントな楽しみ方。

食前酒から始めるより洗練されたスパークリングワインの楽しみ方をご紹介します。ぜひ飲んで欲しいおすすめのスパークリングワインや、知っておきたいワインの知識など食事が楽しくなる情報をお届けしますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪最後に東京でスパークリングが楽しめるお店もご紹介します!


スパークリングワインとは?

お祝いの席で目にすることが多いスパークリングワイン。まずはその定義について解説します。

スパークリングワイン(SparklingWine)とは発泡性ワインの総称です。ときおりシャンパン(Champagne)と混同されがちですが、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方を産地とするものに限った呼び方です。産地がシャンパーニュ地方以外であるもの(チリ・イタリア・ドイツ等)は、シャンパンとは呼びません。シャンパンは、スパークリングワインの種類のひとつであると覚えておくと良いでしょう。

なお非発泡性のワインは「スティルワイン(StillWine)」と呼びます。

なぜ食前酒向き?

レストランなどでは食前酒として目にすることがある、スパークリングワイン。なぜ、食前酒に向いていると言われるのでしょうか?

その理由は、発泡性を持っていることです。食物や飲料は喉を通ったあと胃に落ちていきますが、液体が発泡していることにより胃を刺激して、食欲を増進させる働きがあります。食事に手をつける前に食欲を増進させる効果が期待できるというところから、食前酒という扱いになることが多いのです。

「樽詰めスパークリング」の秘密とは

スパークリングワインと言えば、緩やかな曲線が印象的なボトル詰めのものをイメージされる方も多いのではないでしょうか。けれども昨今では、「樽詰めスパークリング」を売りに営業されている飲食店も珍しいものではなくなってきました。ボトル詰めのものと比較したときに、樽詰めスパークリングワインの大きな特徴としてまず挙げられるポイントは、鮮度です。

ボトル詰めタイプですと、開栓から時間が経ったものは発泡性が弱まり、風味の劣化につながります。その点、樽詰めタイプですと、外づけのガスボンベから炭酸ガスを注入していることにより、中身が少なくなった状態でも変わらぬ風味を堪能することができます。

ドラフトビールと瓶ビールの違いをイメージしていただけると、分かりやすいでしょうか。

マリアージュで一段上の楽しみを

「マリアージュ」は直訳すると「結婚」という意味を持つ単語ですね。飲食店で使われる「マリアージュ」とは、相性の良い飲み物と料理の組み合わせを指す言葉です。ふたつのものを組み合わせることで、旨味を増幅させる相互作用が生まれるという現象ですね。代表的なものは「ワイン+チーズ」「ウイスキー+チョコレート」など、日本で親しまれているものでは「焼酎+乾きもの」「ビール+枝豆」などが挙げられます。

さて、スパークリングワインとのマリアージュに良い料理とは、どのようなものでしょうか?上手なマリアージュのコツは「風味や性質が近いもの」「風味や性質が正反対であるもの」と言われています。もちろんそのスパークリングワインが持つ個性により左右されるところではありますが、例えば甘口なら、さっぱりとしたチーズやピクルス等が挙げられるのではないでしょうか。

また辛口のものであれば、炭酸が口の中をクリアにしてくれるということで、濃い味つけの肉料理などもマッチすると言われています。

上手なマリアージュのための基準のようなものはありますが、やはり好みも味覚も十人十色。グラスを重ねる相手とともに、ふたりだけのマリアージュを探してみるという楽しみ方も、また一興ですね。

カクテルで楽しむスパークリングワイン

スパークリングワインを使うカクテルで代表的なものは、「ミモザ」「キールロワイヤル」「ベリーニ」などが挙げられます。フルーツとの相性が非常に良い、スパークリングワイン。お好きなジュースや果実リキュールを加えることでお好みの味を追求するのも、ぜひお勧めしたい楽しみ方のひとつです。

スノースタイルで視覚も楽しむ

スパークリングワインをより楽しむためにもうひとつお勧めしたいのが、スノースタイルカクテル。スノースタイルは「ソルティドッグ」に代表される、グラスのふちに調味料をつけるスタイルのカクテルですが、実はスパークリングワインでもスノースタイルを楽しむことができるのです。

カクテルにこだわりのある飲食店であれば、「スパークリングワインのカクテル、スノースタイルで…。」とオーダーをすれば、相応しいカクテルが提供されるのではないかと思います。ただスパークリングワインの味わいや風味を想像すると、マッチする調味料はメジャーな塩よりも砂糖を使用してもらう方が良いでしょう。

スパークリングワインが楽しめるお店をご紹介

東京都内でスパークリングワインが楽しめるおすすめのお店をチョイスしました。飲み放題のお店もあるので、心ゆくまで堪能してくださいね♪

樽生ワインの店 SilverBack食堂(シルバーバック食堂・渋谷)

『樽生スパークリング』がお店のイチオシです!

国産ワインと日本酒バル 和酒 DAISHIN(ダイシン・神田)

樽詰めスパークリングワインはもちろん、レアな樽詰めスパークリング日本酒が楽しめるお店。

petit bar Gentille(ジャンティーユ・六本木)

神田 ビストロstyle 4号店  (神田/居酒屋)

電話番号
050-5877-1823
平均予算
3800円(通常平均) 1000円(ランチ平均)
アクセス
【JR 神田駅】南口 徒歩1分 【JR新日本橋駅】徒歩3分 【地下鉄銀座線】神田駅 1番出口 徒歩3分

スパークリングワイン飲み放題を楽しめる占いバー。女性には嬉しいミニボトルでのオーダーも可能。

petit bar Gentille ジャンティーユ  (六本木/バー・カクテル)

電話番号
03-3404-8567
平均予算
4000円  (ダウジング占い 1500円 タロット占い 700円)
アクセス
地下鉄日比谷線 六本木駅駅 3番出口 徒歩3分 、地下鉄南北線 麻布十番駅 徒歩8分、地下鉄千代田線 乃木坂駅 徒歩8分

DIAMOND LOUNGE 銀座 (ダイヤモンドラウンジ)

スパークリングワインが飲み放題のコースは女子会で使いたい

イタリアンバル&タパス Caldano カルダノ 渋谷宮益坂

こちらもスパークワイン飲み放題がウリ!種類豊富です!

食前酒として、または気分をさらに高める飲み物として、ぜひあなたに合う飲み方を見つけてみてください。スパークリングワインはこちらではご紹介し尽くせないほどに、底知れない可能性を秘めた飲み物でもあるのです。


※本記事は2015/12/04に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

この記事を書いたライター

Haru☆
都内を中心に、美味しいお酒とお酒に合うお料理を食べられるお店を探すのが趣味です♪

関連記事