ホットペッパーグルメ外食総研とは?

調査・研究データ

外食市場調査(2018年7月度)

2018.08.30

20187月の外食市場規模は3,449億円(前年同月比-25億円・東名阪3圏域計)。14カ月ぶりに外食市場規模の前年同月比が微減。中華料理店」「レストラン、食堂」市場規模が12カ月連続前年超え

2018年7月の外食市場規模は、3圏域合計で3,449億円。前年同月比(以下、前年比)は-25億円で、14カ月ぶりに前年を下回った。外食実施率は3圏域ともマイナス、外食頻度は前年同月±0、唯一、外食単価のみ2カ月連続して前年超えしたが、3圏域合計の市場規模は前年比微減となった。カレンダー上は前年に比べ土曜日が1日少なく不利に働いたと考えられる。また、調査対象の3圏域においては首都圏のみが市場規模の前年比がプラスで、関西圏(前年比-48億円)、東海圏(同-15億円)では前年比マイナスであった。

業態別の市場規模では、主要16業態中8業態が前年比プラスとなった。最も伸びた業態は「中華料理店」(前年比+28億円)で、12カ月連続して市場規模が前年比プラス。また、同じく「レストラン、食堂、ダイニング、洋食店」も12カ月連続して市場規模が前年比プラスと好調である。

●2018年7月の外食実施率は 76.1% (前月比増減 -0.1pt、前年比増減 -0.8pt)

●2018年7月の外食頻度は 4.33回/月 (前月比増減 +0.20回、前年比増減 ±0.00回)

●2018年7月の外食単価は 2,530円 (前月比増減 -103円、前年比増減 +8円)

●2018年7月の外食市場規模は 3,449億円 (前月比増減 +15億円、前年比増減 -25億円)

稲垣 昌宏

稲垣 昌宏ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員

“外食市場調査”の関連記事