ホットペッパーグルメ外食総研とは?

研究員紹介

有木 真理Mari Ariki

ホットペッパーグルメ外食総研  
上席研究員

飲食チェーン店での勤務やフードコーディネータを経て、現職。
現在は拠点を東京に置きながら、ホットペッパーグルメの地方営業拠点の営業部長も兼任しているため、北海道から九州まで毎週全国を飛び回っており、日本各地の外食事情に詳しい。外食回数年間300回と、大の外食好きで、立ち飲みから超高級店まで幅広いジャンルに精通している。その中でも、肉が得意分野で主に和牛を広めるイベントなど、食を通じて「人」と「事」をつなぐ活動のオーガナイザーとしても活躍している。
外食だけでない視点での食トレンドを語れる。

 担当ジャンル

  • 消費者動向や、食のブーム・トレンドに関する見解を事例や背景とともに解説。
  • 外食マーケットの活性化を目的に、外食イベントなどとの提携なども推進。

稲垣 昌宏Masahiro Inagaki

ホットペッパーグルメ外食総研  
上席研究員

エイビーロード編集長を務めたのち、2013年よりホットペッパーグルメリサーチセンターのセンター長に就任。 肉より魚好きの「魚食系男子」を標榜し、国内はもとより世界各国でのシーフード探究を趣味とする。 現在は観光に関する調査・研究、地域振興機関である「じゃらんリサーチセンター」研究員も兼務し、 「食」と「観光」をテーマに各種調査や委員会活動、講演なども行っている。

 担当ジャンル

  • 外食市場調査、忘新年会調査、歓送迎会調査など、定量調査を中心にカスタマーデータの収集と分析を主務とする。毎年末のトレンド発表会では、カスタマー分析に基づく翌年の食のトレンドをいち早く発信。
(※)トレンド発表会とは
株式会社リクルートホールディングスが運営する、各領域の代表者が担当領域のトレンドを予測し、発表するイベント。毎年12月中旬に開催されている。過去、ホットペッパーグルメでは「横丁ルネサンス(2015年)」「部ランチ(2014年)」などを発表。

竹田 クニKunihiro Takeda

ホットペッパーグルメ外食総研  
エヴァンジェリスト

1963年生まれ。東京、静岡、長野などで営業責任者、を経験したのち、旅行業界のネット予約移行期に営業責任者として業界の進化に伴走するほか、地域活性事業のプロデューサーとして事業受託、講演活動など行う。
ホットペッパーグルメリサーチセンターの立上げとともに飲食情報事業に異動し初代センター長に就任。
現在はエヴァンジェリストとして、外食産業に関わる調査企画、執筆、講演などのほか、外食産業の生産性向上をテーマに各種業界団体との連携協働、農水省など中央官庁への政策提言活動も行っている。

 担当ジャンル

  • 繁盛店リサーチ、市場調査企画/業界紙、専門誌等への記事執筆/
  • 各種団体向け講演、セミナー/各種業界団体との連携協働/農水省など中央官庁への政策提言活動

中村 佳那Kana Nakamura

ホットペッパーグルメ外食総研  
研究員

2012年にリクルートに入社。
ホットペッパーグルメの法人担当として全国の居酒屋チェーン店を中心に500店舗以上を担当。
多くの飲食店と関わりを持ち、現場や経営者の声を聞くうちに、外食業界により貢献したいと思い現職に。
週4回以上外食をしている外食好き。話題の飲食店に足を運ぶことも多く、若年層の外食トレンドに特に詳しい。