ホットペッパーグルメ外食総研とは?

調査・研究データ

外食市場調査(2020年8月度)

2020.10.01

20208月の外食市場規模は2101億円(前年同月比 -1375億円・東名阪3圏域計)。外食市場規模は前年比60.5%、前月からは3.9ポイントの改善。飲酒主体業態では「居酒屋」が前年比約5まで回復

2020年8月の外食市場規模は、3圏域合計で2101億円。前年同月比(以下、前年比)は‐1375億円。前年比の市場規模は60.5%となり、7月の同56.5%と比べると、3.9ポイント改善した(※)。外食実施率と外食単価で前年比のマイナス幅が縮小したことで市場の回復傾向につながった。圏域別では、首都圏と関西圏は市場規模の前年比マイナス幅が前月よりも縮小したが、東海圏では逆に前月よりもマイナス幅が拡大した。業態別では6カ月連続して主要16業態全てで市場規模が前年比マイナスだが、「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」(前年比74.5%)、「ファミリーレストラン、回転すし等」「お好み焼き、鉄板焼き等の専業店」(ともに同74.1%)等はマイナス幅が比較的小さく、飲酒主体業態でも「居酒屋」が前年比49.6%まで回復している。※四捨五入の関係で見かけ上のポイント数と異なる

●2020年8月の外食実施率は 57.5% (前月比増減 +1.9pt、前年比増減 -19.6pt)

●2020年8月の外食頻度は 3.73回/月 (前月比増減 +0.11回、前年比増減 -0.63回)

●2020年8月の外食単価は 2,404円 (前月比増減 +9円、前年比増減 -110円)

●2020年8月の外食市場規模は 2101億円 (前月比増減 +135億円、前年比増減 -1375億円)

稲垣 昌宏

稲垣 昌宏ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員

“外食市場調査”の関連記事