ホットペッパーグルメ外食総研とは?

トレンド・コラム

2018年の鍋のトレンド「背徳鍋」と「美ボディ鍋」

2018.10.02

1つ目のトレンド 「背徳鍋」
高カロリーで背徳感

「ホットペッパーグルメ外食総研」の調査では、高カロリーな料理に抵抗がある人は約半数いました。その中には「たまには高カロリー料理を思い切り食べたい」と思っている人が78.4%いることも分かりました。外食でせっかくおいしい鍋を食べるならカロリーを気にせず楽しみたい!この冬は、背徳感を感じながらもつい食べてしまうボリュームたっぷりな鍋に注目です。

2つ目のトレンド 「美ボディ鍋」
食事で美しい体を目指したい

調査では「美しい体作りに興味がある」と回答した女性が64.4%。また、美しい体作りのために興味があることの1位は男女で「食事」(70.5%)でした。2017年の「ホットペッパーグルメ外食総研」の調査では「冬グルメで好きなもの」の1位は鍋。冬に人気の鍋においても、美しい体作りを意識した鍋が人気になると予想しています。

食のプロが予測! 今年の鍋は2大トレンド

この冬の鍋トレンドは二極化。まずは昨今の「健康美ブーム」や「低カロリー・低糖質ブーム」などに伴い、野菜や良質なたんぱく質を大量に摂取できる「美ボディ鍋」。「美ボディ鍋」が健康的で美しい体を求める人を中心に人気を集める一方、このブームの反動で高カロリーの「背徳鍋」にも注目です。アンケートデータによると「抵抗を感じながらもたまには高カロリーのものを食べたい」と思っている人は78.4%! 外食時くらいは健康やカロリーを気にせず、美味しいものを目いっぱい食べたいという心理で「背徳鍋」にも注目が集まると予測されます。

「背徳鍋」が食べられる店舗

「イベリコ豚とカマンベールチーズの塩バターミルフィーユ鍋」

イベリコ豚と白菜のミルフィーユ鍋の中央にカマンベールチーズを入れた鍋。チーズがとろとろになったらフォンデュのように具材をからめて食べられる。コクのある塩バターベースのスープに黒こしょうがアクセントとなり飽きない。
(10月25日スタート)


“極厚”豚肩炙りチャーシューの旨塩とんこつ男前鍋

極厚の豚肩ロースは4時間以上煮込んだとろとろのチャーシュー。しかも300gと食べ応えのある量。こってり濃厚なとんこつベースでまるでスタミナ系ラーメンのよう。シメにはラーメンがおススメ。
(11月1日スタート)


牛ステーキのアボカドサルサチーズ鍋

鍋の上に厚切り牛ステーキとソーセージ、バターをトッピングし、見た瞬間に背徳感を感じる。サルサベースのスープにチーズを加えたさっぱり&コクのあるメキシカン鍋。目の前で鍋をフランベして燃え上がる演出もあり、盛り上がること必至。
(10月22日スタート)


「美ボディ鍋」が食べられる店舗

宝茸黒湯

30種類の天然キノコを独自の手法でじっくり煮だしたブラックスープで食べる、栄養ぎっしりのキノコしゃぶしゃぶ「宝茸黒湯」。コースメニューに含まれる。旬のキノコはもちろん、野菜、お肉のうまみがスープに染み出して、舌も心も満足できる。肉は国産地鶏や国産黒毛和牛A4ランク、群馬県産和豚もちぶたも選べる。


天香回味鍋

赤い「天香鍋」と白い「回味鍋」のコンビネーション鍋。色、香り、味の三拍子そろった料理。数十種類の漢方薬や天然植物と、辛みを持つ植物を煮込んで作る。スープには胃腸を保護する成分が多く含まれているため、食後の胸焼けや胃もたれ、喉の渇きなどもないと言われている。


有木真理

有木 真理ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員