ホットペッパーグルメ外食総研とは?

トレンド・コラム

「平成最後に食べたいもの」ランキング発表!第1位「すし」、第2位「焼肉」

2019.04.16

“贅沢派”が上位を占める

「平成最後」が迫り来る中、「平成最後の日に何が食べたいか」というストレートな問いに対し、1位を獲得したのが「すし」。2位は「焼肉」と、贅沢な食事が上位を占め、今年の4月30日(火)を特別な日と考える傾向が見られました。一方、4位以下には「ラーメン」「カレー」「いつも通りの食事」と、こだわりが少ない派のメニューがランクイン。また、「誰と食べたいか」については「配偶者」が1位。メニューにかかわらず、慣れ親しんだ相手と食べたい、という気持ちがあるようです。

令和時代は“外食らしい外食”が増加?

平成時代はバブル期の“イタ飯”にはじまり、ラーメン、激辛、讃岐うどん、ドーナツ、パンケーキ、レモンサワーなど、さまざまな食のブームがありました。5月からの令和時代のトレンドは更にバラエティーが増し、その変化のスピードは速まると予測します。中でも注目は、種類と楽しみ方が増えるチーズと、以前“バルブーム”を起こしたスペイン料理の再ブーム。また、期間限定で出現しては消える“ポップアップレストラン”と呼ばれる店舗や、固定の店舗を持たずにさまざまな場所で料理を提供する“ゴーストレストラン”も増えるでしょう。その場に行かなければ食べられない、まさに外食の醍醐味ともいえる業態に注目です。

■「平成最後の日」の夕飯で食べたいのは何ですか

(フリーコメント)

【すし】
平成が終わる区切りに記念になるものを食べたい(千葉県・26歳・女性)、日本の特別な日は日本食がいい(東京都・32歳・女性)、豪華(山梨県・29歳・男性)、新しい年号を迎えるにあたってお祝いしたい(愛知県・52歳・男性)、大みそか的な扱い(茨城県・48歳・女性)、記念日はおすし(島根県・57歳・女性)

【焼肉】
次の時代への活力にする(大阪府・46歳・男性)、にぎやかに過ごしたい(埼玉県・51歳・女性)、平成最後の日をみんなが大好きな食べ物で終わらせたい(神奈川県・59歳・女性)

【和食】
日本人として平成を生きた証(埼玉県・33歳・女性)、普通に白いご飯が食べたい(宮城県・38歳・女性)、普段通り(山口県・50歳・女性)

【ラーメン】
平成は自分の青春が詰まっているのでバイトしていたラーメン屋で食べたいと思う(福岡県・35歳・女性)、いつもと変わらない食事を取りたい(愛媛県・24歳・男性)

【カレー】
連休中なので手間を掛けたくない(北海道・53歳・女性)、家族が一番好きなメニュー(山梨県・50歳・女性)、豪華なカレーを作りたい(北海道・41歳・男性)

【そば】
年を越す前に年越しそばを食べるので、年号を越える前にも年号越しそばを食べたい(鹿児島県・37歳・男性)、平成の災厄を断ち切り新しい時代を迎えたい(茨城県・28歳・女性)

(その他の意見)
【梅干しおにぎり】
日の丸を象徴する梅干しが入っているから(福岡県・20歳・男性)

【ケーキ】
お祝いだから(大阪府・43歳・女性)

【納豆ごはん】
前日がおすしなので翌日は普通の食事(北海道・45歳・女性)

【うなぎ】
記念日だから(東京都・54歳・女性)

【パン】
仕事がある日だから簡単に済ませる(三重県・55歳・女性)

【鯛のかまぼこ】
天皇即位に対する祝意を込めたい(富山県・44歳・男性)

【アンケート概要】
■調査方法 :インターネットによる調査
■調査時期 :2019年3月1日(金)~2019年3月2日(土)
■調査対象 :全国に住む20歳~59歳の男女
(株式会社マクロミルの登録モニター)
■有効回答数:1,032件
※回答者のうち、未婚38.4%、既婚61.6%

有木真理

有木 真理ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員