ホットペッパーグルメ外食総研とは?

トレンド・コラム

百花繚乱! 真夏の“アクセサリー・ドリンク”

2019.07.10

20代・30代女性が求めること1位は「スイーツ・おやつとして食べられること」

一番人気は “ビーントゥバー”

タピオカミルクティーのブームが続いていますが、今回「ホットペッパーグルメ外食総研」は、“次期タピオカミルクティー”になり得る、最近話題の新ドリンクの人気を調査。その結果、カカオ豆から製造の過程を店が一元管理する「“ビーントゥバー”のチョコレートシェイク」が1位、以下「日本茶ミルクティー」「フルーツティー」と続きました。見た目のかわいさに注目が集まる新ドリンクですが、原料・材料や製法などにもこだわる本格志向がうかがえました。

かわいいドリンクは真夏のアクセサリー!

ブームは長期化の予測

2015年前後に原宿・表参道で流行ったチュロスやアイスバーをきっかけに、「食べ歩き」は一気に広まりました。以後、片手にスイーツ、片手に携帯で物撮りと、自撮り&食べ歩きできるスイーツの人気が高まりました。そのブームは加速し、今年は暑い夏に最適のアイテムとして、かわいくて冷たいドリンクに注目が集まっています。「スイーツ・おやつとして食べられること」が求められる中、まるでアクセサリーを身に着けるように、気軽に持ち歩くことのできるおやつとして、“アクセサリー・ドリンク”ブームは長期化の予測です。

アンケート概要

■調査方法:インターネットによる調査  

■調査時期:2019年6月19日(水)~2019年6月21日(金)

■調査対象:全国に住む20歳~59歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)  

■有効回答数:1,032件(うち20代・30代女性 258件

 

 

アクセサリー・ドリンクが買えるお店

“ビーントゥバー”のチョコレートシェイク

Magie du chocolat東京都・世田谷区

繊細な植物であるカカオ豆を育てる生産者が、少しでも豊かに笑顔で仕事に取り組めるように、という思いを持って、カカオの特徴を最大限に引き出す焙煎方法・配合を追求するチョコレート専門店。ショコラフロワガーナ(880円、税込)をはじめ、シュー・ショコラ、チョコレートサンドなど、チョコレートを堪能できるメニューが豊富。


 

■わらび餅入りの日本茶ミルクティー

オチャバ東京都・新宿区

日本茶の旨みを閉じ込めた日本茶ミルクティー専門店。創業70年の老舗、静岡県の「丸善製茶」と共同で、ミルクティーに最も合う茶葉をオリジナルブレンドしている。注文の際は煎茶/焙茶/玄米茶から選び、甘さを選択できる。緑茶ロイヤルミルクティー(580円、税抜)で、黒蜜わらび餅(無料)または白玉(+50円、税抜)がトッピングできる。


 

■期間限定のフルーツティー専門店

Fruits in Tea TEA MORE OMOTESANDO【東京都・渋谷区

自分好みのフルーツティーが作れる専門店が9月6日(金)までの期間限定で表参道に登場。タンブラー(1,000円、税込)かカップ(600円、税込)を選んだ後、アイスティーの種類、ベースとなるフルーツ、トッピングフルーツ2種類、カラータピオカやアロエなどの“スペシャルアクセント”、シロップを選んでオリジナルフルーツティーが完成。全てのフルーツがフローズンで暑い夏にぴったり。


 

■韓国カフェのボンボン

カフェ ド パリ東京都・港区新宿区

今年2月、韓国カフェ「カフェ ド パリ(Cafe de paris)」が日本初上陸し、六本木ヒルズ内で9月1日(日)までの期間限定でオープン中。6月28日(金)には新宿ルミネエストにもオープン。フルーツと独自ブレンドのホイップ、スムージーのパフェ「ボンボン」は同店が発祥。かわいいだけではなく味も絶品。チェリーボンボン(1,800円、以下全て税抜)、青ぶどうボンボン(1,600円)、マンゴーボンボン(1,800円)など5つの味に加え、限定のサマーストロベリーボンボンも販売中。


 

■カラフルな6色のラテ

LATTEBEANS ROASTERS東京都・世田谷区

6種類のカラフルなラテ(各600円から、税込)が楽しめる店。手掛けたのはコーヒーのプロ、UCC上島珈琲。ミルクは、スタンダード/ジャージー/オーガニックから選び、50円(税込)でクリームも追加できる。組み合わせを楽しんで、自分好みのラテを見つけられる。


 
有木真理

有木 真理ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員