ホットペッパーグルメ外食総研とは?

調査・研究データ

外食市場調査(2019年11月度)

2020.01.08

201911月の外食市場規模は3393億円(前年同月比 -43億円・東名阪3圏域計)。外食市場規模4カ月連続で前年割れ、外食単価の低下が響く。首都圏では市場規模が前年比プラス

2019年11月の外食市場規模は、3圏域合計で3393億円。前年同月比(以下、前年比)は‐43億円で、4カ月連続して前年を下回った。外食実施率は前年比プラスであったが、外食頻度・単価が前年比マイナスとなり、市場規模は前年割れとなった。外食単価は増税分増額するどころか前年比マイナスに転じ、これが響いた。特に50・60代男性での前年比マイナス幅が大きかった。圏域別では、首都圏は市場規模が前年比プラスに転じた。圏域別の外食単価も首都圏のみが前年比プラスであったが、プラス幅は増税分相当には届いておらず、実質はマイナスとも解釈できる。台風等の影響が大きかった前月に比べ、天候面やカレンダー日並びで大きく前年と条件が違わない今月は、増税後の外食消費マインドのシビアな状況を表している可能性がありそうだ。業態別では主要16業態中8業態で前年を下回り、「和食料理店」や「居酒屋」等で市場規模が前年割れした。

●2019年11月の外食実施率は 76.4% (前月比増減 +2.0pt、前年比増減 +0.1pt)

●2019年11月の外食頻度は 4.22回/月 (前月比増減 +0.16回、前年比増減 -0.01回)

●2019年11月の外食単価は 2,562円 (前月比増減 +33円、前年比増減 -6円)

●2019年11月の外食市場規模は 3393億円 (前月比増減 +253億円、前年比増減 -43億円)

稲垣 昌宏

稲垣 昌宏ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員

“外食市場調査”の関連記事