ホットペッパーグルメ外食総研とは?

業界支援・セミナー

緊急事態宣言解除後の外食実態調査

2020.06.26

外食意向「再開するつもり」は54.0%、「当分は控える」が34.1%。お店選びで気にすることの上位は、「席の間隔が空いているか」「換気がされているか」

緊急事態宣言解除後、徐々に営業を再開する飲食店が増えています。「ホットペッパーグルメ外食総研」は、消費者の最新の外食の実態と、その背景にある心理を明らかにすることで少しでも飲食店の皆さまのお役に立ち、消費者の皆さまが少しでも安心して飲食店をご利用いただけるようになればという思いで今回の調査を実施いたしました。

●現在の外食実施意向については、外食を再開するつもり(「以前と変わりなく」と「以前より頻度低く」の計)の人は54.0%。一方で「当分は控える」という人は34.1%。特に30・40代女性は「当分は控える」と回答した人が4割超と多く見られたのに対し、「以前と変わらぬ頻度で行く」と回答した人が一番多かったのは40・50代男性で共に21.7%。

●お店選びの際に感染対策で気にすることは、男女共通で1位「席の間隔が空いているか」(男性43.6%、女性64.4%)、2位「換気がされているか」(男性37.3%、女性62.3%)。全体的にどの項目においても女性の方が気にする割合が高い傾向にあり、男性は「特にない」が 22.6%。

●緊急事態宣言中の食生活で良かった点の1位は「家族との食事が増えたこと」30.9%、悪かった点の1位は「外食ができなくなっておいしいものが食べられなくなったこと」24.3%。

●自粛生活中、外食について恋しかったことは、1位が「自炊では難しい料理(注)を食べること」が38.2%、2位は「食事相手との会話」が37.2%。料理だけでなく、同じ料理を食べながらの食事相手とのコミュニケーションなどについても上位にランクイン。

 

稲垣 昌宏

稲垣 昌宏ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員